photo ナラデワ
GAKU-MC
GAKU-MC Web SITE for Hokkaido[NARADEWA]

『ヒップホッパーの条件』
(2001.1.12更新)
毎週金曜日午後3時頃更新します
 つうことで21世紀はまじあけっぴろげであけました。
 今世紀はどうなんでshowか? ん、show?
 楽しくも素敵なエンターテイメントをチェックすべきなこの世紀、いくぜ、いくぜ。いつもはみんなの前で、
 「イエエエエエエイ」
 なんていって駆けずりまくりのガクエム氏。 僕だって人の子です。 誰かが本気で取り組んで(しかも人生かけちゃってるくらいマジにね)るshow。 そういうものに出会いたい。
 見たいもんだね、うーむ。最近なんかいいもの見ました(やばっ、自分で言っちまった)? 見ました。 僕は良いもの見ました。 最初で最後の20世紀、末のまさかの混乱のさなか〜♪ 見ました、イカシタshowを。
 12月25日、2000年。 聖なる夜のクリスマス。 渋谷ASIA。 そうです。 リップスライムだ。
 ラップグループです。 五人組です。 DJは一人だからラップする人は四人です。 今どき珍しい“団体さん”です。
 「誰が誰だかさっぱりわかんなーい」
 なんてことにはなりません(試しにCD買ってみな)。 DJのフミヤ君は若いです。 初めて彼に会った時、その当時奴はまだ中学生でした。 高校を途中で辞めちゃいました。 音楽の為に、です。 マジです。 本気と買いて読み方はマジです。 人生ヒップホップ野郎です。 去年までは僕のライブでもプレイしていたけれど最近はいそがしそうで付き合ってくれません(笑)。 たまには一緒にやろうな。
 スー君は最年長MCです。 僕の“ハタラコウ”では一緒に歌っていたりします。 ダンサー歴もかなりの長さだったりします(もともとイ−ストエンドのダンサーだったりもします)。 なので一番ステージで輝いています。 日本全国的にみても間違いなくトップクラスのエンターテナーです。
 リョウジ君のトークは最高です。 他の追随を許しません。 時々かむ(つまる、というギョウカイ用語ね)けどそれもまた“味”です。 もちろんたまにはずしたりしますが、その時のメンバーの冷ややかな笑いは必見です。 僕は奴のトークを見る為だけにお金をはらってもいいな、と思った時がしばしばあります。
 イルマリはオットコ前です。 僕やリップの他のメンバーがいくらがんばってシェイプアップしたり、メイクアップしたり、アップアップしてみた所で追いつけません。 どう考えても追いつけません。 彼の詩をうたいこなせるのもそういう意味で彼だけです。
 ペス君はチビです。 でも天才です。 それ以上でも以下でもありません。
 CDデビューしたものがもう随分と前な気がシマス。 “ブーム”と呼ばれる時間と“冬の時代”と渾名される期間の両方を経験し、星の数程イベントをこなし、年の数だけ衝突し、ついにやっとソロライブに漕ぎ着けた彼等、リップスライム。 経験したことはなかったけれどその日の僕の気分はきっとハジメテの父兄参観に出席する父さんみんたいなもんだったのではないだろうか? そして多少ひいき目にみてやっちゃっているんだろうか?
 「そんなことはないさ! あの満杯のお客さん達の笑顔を見てみろよ」
 ただヒップホップが大好きで、不器用なまでにステージを愛し、新たなスタートラインにたったリップスライム。 今、長い間お世話になった“古巣”を飛び出し本当の意味で言い訳のきかないこの“メジャー”な大海へついに船出した。 これからの彼らの成功を切にねがう。
 ヒップホップとはファッションではない。 流行のドゥ・ラグを被ったところで、アフロにしたところで、かっこいいホワイトゴールドのアクセサリーをつけたところで、最新のレコードを誰よりもおおく、そして誰よりも早くゲットしたところで、“あるもの”がかけていたらその人はヒップホッパーではない(実際そういう人が多すぎて時々僕も困ってしまうが‥‥‥‥)。
 ここでいおう。 彼等はそれをもっている。 この間のステージでそれがはっきりと確認できた。 偉そうな口調で恐縮だが彼等はそれをもっている。 僕もそれをもっている。 それとは一体なんでしょう。 答えは自分でさがせ。 ではマタ逢う日マデ。

※リップスライムに関しては、
オフィシャルホームページ又はファイルレコードのHPをご覧あれ。

GAKU's Photo LIbrary
GAKU-MCの全国情報はコチラ、
アンティノスレコードのHPで。

5月の札幌ライブのページはこちらです。

8月25日に行われたパーティー【MOVE THE CROWD】の模様はこちら

うかれまくりの豪州写真はこちら
〜GAKU-MC、札幌で仕事始め〜
 先週予告した通り、1月1日FM NORTH WAVEで仕事始めのGAKU-MCです。
(左)1/1の特番聞きましたか?グッチーさん、なぜ睨むの?
(真ん中)前日のZeppに引き続き(?)、コンサドーレ札幌の黄川田選手もスタジオに登場! チャンピオンTシャツをおみたげにもってきてくれました(選手用の非売品ですって)。
(右)新年1発目の仕事終了!the fantastic designsのメンバー3人と黄川田選手とNORTH WAVE内で軽く打ち上げ。 手前のファンタのギター、あきら氏、変な顔で写ってます…。
←番組でも言っていましたが、ホテルアーサーさんがノースの為につくってくれたケーキがコレ。 またしてもあきら氏、変です…。
 と、無事、21世紀最初の仕事をこなしたGAKU-MC。 無事、コンサドーレ札幌持株会に10万円入金した模様。 珍獣と二人で「払った?払いました?」とプレッシャーをかけ続けた甲斐があったというものです。 しっかり領収書を持っているらしいので、今度の機会にはGAKU-MC with 領収書という写真を掲載しましょうかね。
 なんだか今年も混沌とした楽し気〜な予感(笑)。

GAKU's Infomation

4th Maxi Single
クロスワード

word music

GAKU-MCとは
GAKU-MCとは
こんな人っす
 ワーッツアーップ!珍獣2001!
 あけおめ。ことよろ。 と年齢を省みずなギャル風新年ご挨拶。 ほんとすんません。 先週はそう。正月休みを頂きまして代打太田女史ありがとうです。 いやいや。あたしに負けず劣らずの辛口コメント今年も期待しております。

 まずは2000年の終わりと2001年の始まりをGAKU-MCと共に迎えて頂いた方々。 本当にありがとう&これからも宜しくお願い致します。 本当に皆さんのおかげで素晴らしい「T.O.P.」を披露する事ができました。 久しぶりに「緊張しまくり」のGAKU-MCを見る事もできました。 ファンタスティックデザインズの宮沢さん&あきらさん&風間さんも同じくね。
 そして袖でずっと「T.O.P.」を見守ってくれていたコンサドーレ札幌黄川田選手。感謝です。 カウントダウン直前のGAKU-MCの「一緒に出ようよ!」という、えーと、あなたもっと早くいいましょうよ的なお誘いも快く引き受けてくれたその懐の深さ&優しさに乾杯(今度またHIP HOP談義しましょう!)。 しかも朝までみんなで飲んでその何時間後かの、ノースウェーブの特番にまで来てくれました。 「5時間ぶり!」というようなナイスな挨拶もGOOD。 その時の模様は上の写真をチェックして下さいね。

「T.O.P.」ニュースをここでふたつ。 皆さんのリクエストのおかげでノースウェーブ札幌HOT100「81位!」チャートインっす。 ありがたや&びっくり&感謝。 果たして今週は何位になっているのでしょう???珍獣期待しちゃうなー。はは。 あと12/31(日)CLUB ZEPPの「T.O.P.」の模様がなんとテレビにて見れます! 本日HTBテレビ「夢見るチカラ」で見れちゃうんです! 当日会場にいらっしゃれなかった方は是非とも見逃さないように。

 2001年。 突っ走ろうじゃないですか!振り切ろうじゃないですか! 本当に、今年も皆さん!GAKU-MCをなにとぞ宜しくお願い致します。 本日以上。 PEACE OUT。

mail
わたくは辛口じゃなくってよ、珍獣。失礼ね。
あ、GAKU-MCサイン入りリリックノート当選者のお三方。
ノートは届きました? ぜひ大切にしてくださいね。
なんだか最近、GAKUさんが原稿遅れる気配がちっともなくて、
なんだか複雑な気分です(あ〜、こんなこと言ってはダメですね…)

このサイト担当・太田へのメールはコチラへどうぞ

GAKU-MC『ナラデワ』 mail
メールお待ちしております!