photo ナラデワ
GAKU-MC
GAKU-MC Web SITE for Hokkaido[NARADEWA]

『不可能を可能にする“つもりの”男』
(2001.6.1更新)
毎週金曜日午後3時頃更新します
 “私の辞書に不可能の文字はない”
 偉大なる先人の言葉だが、ふと僕がいつも持ち歩いてる広辞苑GENIUS ELECTLONICDICTIONARY SHARP (かっこいいぜえ、小さくて便利。今まで持ち歩いていた DailyConcise English Dictionary よりもすんごく頭がいい)をチェックしてみると‥‥‥‥‥、ありました(当たり前か! のってなかったらそれはそれでよかったのになあ)。
 不可能。〜可能でないこと。できないこと。〜
 とある。 “できないこと”はこの世に沢山ある。 今、思いつくだけでも、妊娠する、体一つで空を飛ぶ、素潜りで一時間、一ヶ月の断食、etc。
 もう一度言おう。 不可能なことは世の中に沢山ある。 ではなぜかの先人はそんなことを口にしたのだろう?
 つまり誰も言わないからだ。 当たり前とみんなが思い普通に考えればわかるだろう、という“常識”だからこそ人はあえてそう言わない。
 常識。〜普通一般人が持ち、また持っているべき知識〜
 これがいわゆる“常識”で、なにも試しもしないことが普通であるならば世の中はなんてつまらないものなんだろう。 たしかに男の僕が妊娠はできないよ。 でもね、それ以外のこと(例えばちょっと青臭いけど夢とか希望とかでくくられる種のものにかんして言えば)は、そうそうあながち言ってみればできなくもないかもしれなくもない気がすることもあるかもしれないと思いたい(は?!)。
 みんなが諦めてるものだからこそ、誰もが挑戦しないものだからこそ、自分の人生だからこそ、試してみるべきだ。
 その道を進むにあたりきつい上り坂があったり、逆風がふいたり、冷たい視線にさらされたり、といった負荷が精神的にも肉体的にもつきまとう。 その過程と苦労がいわばワークアウトと一緒で、いつの日か自分のそれを手に入れる為の筋肉となる。
 不可能の文字はある。 もう一度辞書を確認してみた。
 可能。〜現実の余地があること〜
 余地を切り開くのは他の誰でもなく自分だ。 試さないことによる後悔だけはしたくない。
 駄目元。〜うまく行けば得、ダメでもともとと考えて試してみること〜
 僕の辞書にはそんな素敵な言葉ものっている。

GAKU's Photo LIbrary
GAKU-MCの全国情報はコチラ、
アンティノスレコードのHPで。

5月の札幌ライブのページはこちらです。

8月25日に行われたパーティー【MOVE THE CROWD】の模様はこちら

うかれまくりの豪州写真はこちら
鬼キャン終了
人気者じゃん、GAKU-MC
 えっと、まずは『トトリマクリ』の罰ゲームのライブチケットプレゼントの応募は締め切りました。 たくさんのご応募&メッセージありがとございました。 これからゆっくり抽選をし、当選者の方には私太田からメール致しますので、楽しみにお待ちください。
 そして〜!珍獣曰く鬼キャンが無事終了。 先週「同行記を…」と珍獣が宣っていましたが、みなさん誤解のないようにね、「私は同行してません」から(笑)。 でも、PALS21とアミューズスクエアには行ってきました。
 両店ともた〜くさんの人が集まっていてですね、GAKUさん大人気でした!

in PALS21

in AMUSE SQUARE
 PALS21では石川マネージャー自ら、GAKU-MCのパネルを持って宣伝活動! 店内には柱一本を派手に使ったGAKUの看板もありますのです、このお店↓。

with石川マネ

でっかい看板

GAKUさん、ちょっと邪魔?!
 レジカウンターの中に入り、手伝おうとしたGAKUさんでしたが、お店の人にとってはちょっとだけ邪魔だったもよう…。 そんな微笑ましい光景もありつつ、PALS21の30分1本勝負終了。
 お次はアミューズスクエア。

サイン待ちの行列

本人曰く「仕事中!」

看板と本人
 ここでもた〜くさんの人に迎えられ、もう人気者・GAKU-MC。 レジカウンターの中に入り、サイン、サイン、サインに応じておりました。
 ここでは30分勝負が終了した後に、お店の事務所にてインタビューを受けたGAKUさん。 この模様はアミューズクスエアのホームページで掲載されるはず。 楽しみにお待ち下さい。
 このアミューズクスエアのホームページでは世界に1枚しかないGAKU-MC直筆コメント入りTシャツプレゼント(BREAK TIMEのところを見てね)をやっています。 チェックしてみてくださいね。

 GAKU-MCのセカンドアルバム「word music 2」の感想メールまだまだ募集中。 熱い気持ちをGAKUさんに送ってくださいね。
 来週のナラデワでは札幌キャンペーン時の写真を、もうちょっとたくさんお見せする予定。 どうぞお楽しみに。

GAKU's Infomation

4th Maxi Single
クロスワード

word music

GAKU-MCとは
GAKU-MCとは
こんな人っす
 ワーッツアーップ!珍獣なのだっ!
 鬼キャン無事終了ーっ! 「序章編」である27日(日)、PALS21&アミューズスクエアに来てくれたたくさんの皆さん。 心よりありがとう。 本人も「ファンのみんなの顔が見えて嬉しい」と言ってましたが。 そうなんです。 スタッフとしてもこれは本当に嬉しい事なのです。
「アルバム買ったよー」
「ライブ行きます!」
「ラジオ聴いてます!」
「かっこいいー!」(お?)
「どうしようー!」(おおっ?)
「わーっ!」(はは)
 ライブとは違う皆さんとの直に触れあえる機会というのは、そう作れるものではなく実は難しい事ではあるけど(毎回作る事ができればそれは一番良い事なのだけれど)。 今回皆さんが本人と、たとえ少しの時間でも「直に」話せる事が出来た、というのはマジ嬉しい。 そういう場を提供して下さったPALS21&アミューズスクエアに今一度感謝をしたい。

 そして「本編」。 実は「同行記」お送りするぜ!と言ってたんですが、 もうなんていうんですか? ぱつんぱつんのスケジュールを組んでしまったせいか(終わってみたらですけど)、もう移動なんて気づいたら走って!走れーみたいな…。 のでポラを撮る余裕が1mmも無く、といっても言い訳っすね。すんません。 撮ったポラは「それは番外編では?」というショット3枚。 これは来週のナラデワでお伝えする予定っす。はい。

 そんなこんなで「鬼キャン〜序章&本編〜」。 無事終了。 毎度の事ですが、「鬼キャン」を必ずより意味あるものにしてくれるGAKU-MC。 お疲れ様でした。そして感謝っす。さすがに2日目の夜はお疲れでしたね。 しかし。珍獣が担当な限り「鬼キャン」はこの先も続くのだ。いえいっ!

 本日以上。peace out。

mail
とうとう買いました、デジカメ。
嬉しくて毎日撮っています。
でも、なんかいろいろ機能がついていまして、
ほとんど使いこなせてません…。

このサイト担当・太田へのメールはコチラへどうぞ

GAKU-MC『ナラデワ』 mail
メールお待ちしております!