photo ナラデワ
GAKU-MC
GAKU-MC Web SITE for Hokkaido[NARADEWA]

トトリマクリ』。
収支決算は後ほど………。

『夢の理由』
(2001.11.30更新)
毎週金曜日午後3時頃更新します
 突然白い蛇が僕の部屋に現れ、ベットの中に入ってきてそして脱皮した夢をみた。 あまりにもリアルな映像で、起きてからだいぶ経つのに、僕の心臓の鼓動は一度早めたテンポを落とそうとしない。
 やっとの思いでベッドを抜け出し顔を洗う。 起きぬけの食事は何故かこんな時に限ってうなぎで、大好物なはずなのにいまいち食欲が湧かない。 どうにか食べ終わりそのことを友人に電話で話す。 どうやら彼女が言うには動物が出てくる夢は何かいいことがあることを暗示しているらしく、しかも白い蛇はその運が上昇しているとのこと。 なんだか急に元気になった。
 しかしいったい夢というのはなんなんだろう。
 レコーディング期間(とくに作詞の締め切り日)になるとたいてい見る夢はこうだ。
 机の上、開かれたノート、すらすらと進むペン。 いつになくハイペースで作業は進行してゆく。 生み出したリリックに満足する僕。 すげえぜ。やったぜ。 これならバッチリだ。 はっはっは。 目が覚めてみると…。
 夢なのです。 出来てないのです。 事実ノートには書いて、書き殴って、でも気に入らなくて結局消してカットしたいくつもの痕跡が…。 焦って机に戻り再開する作業。 嗚呼、胃が痛い。 そしてひたすら言葉を選び、口ずさみ、完成に向けてそれを重ねてゆくのだ。
 逆もある。
 机の上、開かれたノート、ぴたりと止まって全く動かなくなったペン。 もう三日も机の前に座っているのにいっこうに進まない作業。 それでもやっとのことで出来上がった詩に満足して眠ると…。
 ない。 なくなっている。 誰かが持ち出したのか、間違えて捨ててしまったのか、とにかくない。 どうしよう。 締め切りはもうすぐそこだ。 うおおおお。 ここで目が覚める。
 夢なのです。 ちゃんとそこに作品はあるのです。ほっと胸をなで下ろしスタジオへ。
 何度こんな夢をみただろう。 白い蛇は幸運の証、と教えてくれた彼女は、
 「ある意味ラッパーっぽい夢ね」
 と笑った。僕は、
 「どうせなら水着の女性達に囲まれてジャグジーに入りながらシャンパンを飲むような、“らしい夢”を見たいもんだ」
 と言った。
 仮に誰かが言うように、夢がその人にとっての何かの暗示だとするのならば、僕のそれは何を示し、教えてくれているのだろう。
 狙って見られない夢だからこそ、古来、人はそれに夢中になるのかもしれない。
 おっ! 夢中! 夢の中、と書くのか!
 夢の中でも作詞している僕こそ根っからのラッパーかもしれない。 きっといいことあるぞ。 なんてったって白い蛇がうちにやって来たのだから。

【お知らせとお礼】  いつもナラデワをご覧頂いている皆様、お気付きでしょうか。ナラデワは本日のコラムで通算100回目を迎えました!! GAKUさんにコラムをお願いし、ナラデワがスタートしてまもなく丸2年になります。 あっという間のようですが、振り返るといろいろな出来事がありました。
 (罰金だ罰ゲームだとイジメられながらも)書き続けてくれたGAKUさん、読み続けて頂いた皆さん、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 ありがとう。 この場を借りてお礼申し上げます。 そして、これからもどうぞ宜しくお願いします。

 最近のGAKU-MCはこちらでご覧頂きましょう。 だいたい2週間に1回のペースで札幌を訪れるGAKU-MC。 さてさて、何をしているのでしょうか……。
名前当てクイズ当選者発表〜!
 GAKUさんから先々週、突然出題されたクイズ、 『日本ヒップホップ界では既に有名なこちらの素敵なおいぬ様、名前はいったいなんでしょう?』にたくさんのご応募ありがとうございました。 たくさんのメッセージも添えて頂いて、本当に感謝しております。ありがとうございます。
 応募者全員正解(さすが!)の答えは『スーマン』でした。 ほんとかわいいですよね、こやつってば…く〜っ。
 抽選の結果、Tシャツ当選者は三浦文雄さんに決定! おめでとうございます。 三浦さんには後ほど、確認のメールをお送りします。 当たらなかった方々、申し訳ありません。 次回開催時にもどうぞご応募お待ちしておりますので、その時はどうぞ宜しくお願いします。

 久々にFM NORTH WAVEでの撮影写真をおおくりします。 11月25日(日)の生放送時に来札した時のGAKU-MC。 キャプションby珍獣でどうぞ。
(左)ご存知SAPPORO HOT 100の森ルナ女史。番組終了後何やら電話中のルナさんと
(中央)本日ニットキャップ着用のGAKU-MC。とったらこんなん出ました
(右)「白バックじゃねーと見えないだろ」と自らポスターの裏側で「簡易白バック」を作成! しかし似てる、何って「妖怪人間ベロ」にね

 GAKU-MCの所属するアンティノスレコードの北海道地区担当プロモーター・珍獣(人間の性別でいうと女性)による最近のGAKU-MC情報(という名の珍獣のVIVA自分コラムという解釈ができる時もある)。
 ワーッツアーップ!珍獣なのだ。 我が街札幌。一面どこをどう見ても雪!雪!雪! 「そういやここは北国だった」と今更実感。

 リキッドルームでのGAKU-MCのライブ。 大盛り上がりぶりが皆さんのメッセージを見てると、多いに伝わってきます。 12月2日(日)には渋谷AXにて、Skoop On Somebodyを始め数々のアーティストとライブを行うGAKU-MC。 いわゆるこういったオムニバスのイベントを非常にGAKU-MCは愛しています。 単独のライブを「ホーム」、オムニバスのイベントを「アウェイ」とまで表現する御大。 さすがバカが付くほどのサッカー好き。はは。 年内は「アウェイ」のライブが目白押しのGAKU-MC。 各会場へ行かれる皆さん、弾けるべし。

 ここでどうでもよろし小ネタをひとつ。 珍獣、家ではよく、テレビは衛星波のクリップ番組を見てる事が多い。 そこへ珍獣の母登場。
「あらバンジーじゃないの」・・・。
 惜しい!ゆえに痛い! 母よ!「ベンジー」(ご存知ブランキージェットシティ/シャーベッツのVO&ギター)です! どうせなら全くもって間違えて欲しかった、と思った珍獣でしたとさ。 あ。マジ身内ネタですんません。
 本日以上!peace out。

 目指せ1億円。当たったら札幌ドーム貸しきりで盛大な草サッカー大会開催だ〜! 夢は大きくね、あはは。 あなたはGAKU-MCを信じますか?信じて損をしても責任は負いませんよ(笑)。
 2001年「トトリマクリ」終了〜。 1億円ゲットは……あははは〜、できませんでした! 全ての回に参加し、燃えつきました! 収支決算は追ってご報告致しましょう、合掌。

 コラムのバックナンバー、オフィシャルサイトなどへのリンクはこちらからどうぞ。
【BACK NUMBER】
2000年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2001年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

【Link】
◎GAKU-MC オフィシャルサイト
 http://www.gaku-mc.net/

◎2000年5月30日 札幌ライブ(ペニーレーン24)
◎2000年8月25日 “MOVE THE CROWD”大作戦(CLUB MIRROR)
◎うかれまくりのオーストラリア旅行の写真


mail
うはははははは。爆笑。
バンジー…ってあはははは、おっし〜。
いやなんであなたの家族ってそんなにステキなの!
ごぶさたしておりますがお元気ですか?

このサイト担当・太田へのメールはコチラへどうぞ

GAKU-MC『ナラデワ』 mail
メールお待ちしております!