photo ナラデワ
GAKU-MC
GAKU-MC Web SITE for Hokkaido[NARADEWA]

『なんてついてないんだ』
(2002.12.13更新)
毎週金曜日午後3時頃更新します

 この間の日曜日。久しぶりに洗車をしました。 言ってみたら半年ぶり。 いやそれ以上かも。 毎日の足として活躍しているジブタくん(とりあえずこう読んでいます from 僕が最初に読んだ絵本 タイトル忘れた)、たまには綺麗にしましょうよ。
 ということでガソリンスタンドへGO!! ワックス洗車っす。 ぴっかぴっかっす。 はっはっは、無意味に街を流してみたりして・・・どうですか、エビバデ、いいですね、いいですね。
 なので気分良く帰宅です。 友人を集めて鍋っす。 本日のメニューはしゃぶしゃぶっす。 お酒も飲んじゃったりしましょう。 グビグビプハーっ! うう、やっぱり冬の鍋&ビールは格別ですな(夏にもいったかもしれないす、まあいいす)。
 さてさて夜の11時からはセリエA。 そうです、我らが中田選手がこれまた我らの中村選手との夢の対決(その前の対戦はJリーグ、5年も前のはなしです、すげえ)。 始まる前から我が家のリビングは大盛り上がり。 スタメン発表。 いますよ、いますよ。 この瞬間に気分は最高潮。 キックオフ。 グビグビ。 ファーストタッチ。 グビグビ。 おお、なんてトリッキーなドリブルだ。 グビグビ。 すげえパスだ。 グビグビ。 あっ、買ってきたチーズだしてくれえ。 わーお、ヒデすごいな、今のトラップ。 グビグビ。 なんだよ、中村のフォローしろよ、味方よう! グビグビ。 ワインもありまっせ。 はっはっは。 あー、もう前半終了ですか。 トイレ、トイレ。
 後半スタート。 パルマ先生。 グビグビ。 違った先制。 グビグビ。 なんか酔っちゃった。 家ってさあ、外で飲むより酔いがまわるよなあ。 なぜだ。 がっはっは。 ああ、なんだかちょっと眠いかも。 おお、追加点。グビグビ。 ゲッ(ゲップっす)。 アレ中村交代か。 なんだよう。 ああ、まあヒデがんばれ。 がんばれ。ばんがれ。 ZZZZ。 おお、ナイスパス。 おしい。ZZZZZ。
 「ゲーム終わったよ」
 友人のむなしい声で気付くオレ。 ごそごそとベッドに入り熟睡です。 明日は綺麗になった車でドライブだ。 がっはっは。 あれパルマが点入れたの後半だっけな、前半だっけな。 まあ、いいや。 がっはっは。 寝よ。
 朝。 窓を開ける。 げっ。 真っ白。 大雪です。 なんですか。 頭の中も真っ白です。 洗車の意味ないす。 寂しすぎるす。
 「ガクが洗車なんかするから雪がふるんだよう」
 ごもっとも。
 最近のGAKU-MCはこちらでご覧頂きましょう。
久しぶりの写真掲載です。 雪だるまと2ショットのGAKU-MC。 雪だるまの表情が微妙に哀愁をおびているような。
 先日、読者の方から質問メールを頂きました。 そこで……

人に優しい男ガクエム氏の新コーナ。題して、 「ポップに即答」

 今回の質問は日本在住のサラリーマン・Hさん年齢不詳よりいただきました。

『ぼくは今更ながら、ラップを始めようとしてるリーマンです。 トラック(使い方間違ってたらすいません、カラオケって感じです)が欲しいのですが、ラッパーはどうやって集めてるのですか? 例えばこの歌のトラック使ってやりたいって思ってもレコードにも CDにもカラオケがない場合はどうしてるのですかね? ボーカルだけ消す様な機械があるんですかね? あと、オリジナル作る場合はみんなお抱えバンドとか持ってるって事ですか?』

 まず“今更ながら”というところがいいすね。 韻踏み道に早いも遅いもありません。 ただ聞くだけから自分でもやってみる。 おお、なにげないところで実は奥深い。 なんて発見があるかもしれません。 男はいつでもチャレンジャー、当たって砕けましょう。
 トラックに関して。 インストがなければないのです。 そんなもんです。 趣味で例えば、  「オレはリップスライムになるんだあ」
 というのであれば駅前のカラオケ屋さんに走るのがベストでしょう。 そうではなく、
 「どこかのクラブで道場破り、もしくはイベントで、ライブハウスで、自分をためすのさ!!」
 というのであればオケは自分で制作しなくてはなりません。 この場合DJのお友達をつくりましょう。 いない場合はしりません。 自分で始めるか、誰かを育てるか、選択肢はいろいろですが、今回の彼の場合はラップをする側になりたいのでここは省きます。
 運良くDJも見つかりモチベーションもあがったらいよいよトラックづくりです。 しかもオリジナル。 コピーはダメです。 いやダメじゃないです。 でも人前でチャレン ジするのであるならばやはりここは苦労しましょう。 だってそれがラップなのですから。 誰かが作った素敵な詩をなぞるのではなく自分の気持ちをぶつけましょう。
 ということでまったくのコピーバンドというのはヒップホップの場合存在しないのです。 ということで、誰かの使っているトラックをそのまま使いたい、という欲求はこのケー スの場合なしです。 というか僕はしないです。
 かっちいいブレイクを一生懸命相方と探し(既に誰かが使っている場合はそれをど れくらい崩して自分らしく表現できるか)、練習を繰り返し、マイクを握りましょう。
 “お抱えバンド”いたらいいですねえ。 現在DJはとっても増えています。 大勢の中から個性を出してはい上がるのは並大抵のことではありません。 “こいつらなら”というミュージシャンと出会うのも、また一つの運でしょう。
 検討をいのる。見当をいのる。拳闘をいのる。健闘をいのる。ふう。

 との回答なのですが、Hさんいかがでしょうか?疑問は解決致しましたでしょうか? その他、これから音楽の道を進む方もどうぞご参考にして下さい。
 にしてもGAKUさん、勝手に新コーナーつくらないでください(笑)、しかも「ポップに即答」って……。いいんですかね、皆さんどう思われます?
 今後もご意見、ご感想などお寄せください。担当・オオタ宛のメールはコチラまで。

 GAKU-MC所属レーベル・ワーナーミュージックのプロモーター中村氏がおくる徒然日記。さて今週のプロモーションは?
 雪ですね!なんか雪の無い札幌で寒い寒いと言ってるのがおかしくて、でも雪が降るとなんか落ち着きます。 これって?もう札幌人?ホッカイダー?ですかね?

 さー、今日は先週GAKU氏が足を運んだレゲエイベントが札幌キングムーでもあるんですよ。 もちろんワーナーの貴公子RYOくんも登場します。 GAKUさんも言うとおり、チェックすべしですこの男! 人間的にも最高ですよ。 同性から見てもカッコイイし、レゲエなのにすごく清涼感ある男なんだよな〜。 本当にうらやましい。
 もちろん、パフォーマンスも言う事無し。 アルバムの「FREE」という曲は必聴です。 が、9月にもキングムーでLIVEあったんですが、前代未聞、プロモーター中村も会場に入れないほどの大盛況のため、久々のパフォーマンス見れなかったんですね〜。 今日こそはしっかり見てきます。

 今年も早いもので、あと3週間ですか? 来週は最後の山場です。 KICKにRIPにmegにミッチー、ワッツもある!頑張りますよー。

 裏方スタッフなのに一部にとても有名な(笑)GAKU-MC北海道地区担当マネージャー珍獣(人間、女性)。辛口トーク炸裂です。ご期待あれ。
 ワーッツアーップ!珍獣なのだ。 今週は珍獣にとって山場の一週間。 毎日入れ替わり立ち替わり、アーティストが目まぐるしく来札しております。 いや単に集中しているだけの事なんだけどね。 年末最後の来札ラッシュであります。

 今週はGAKUさんが愛してやまない「氣志團」のライブをみる機会に恵まれました。 というのも先日PUFFYの吉村由美ちゃんがキャンペーンで来札、そのキャンペーン来札日に氣志團のZEPP札幌でのライブが行われていたのです。 実は氣志團と由美ちゃんは所属するマネージメントが一緒なのです。 という事もあって由美ちゃんは氣志團と大の仲良し。 来札前からちゃんとライブをチェックしていた訳です。
 キャンペーン終了後、すぐさまZEPPへ駆けつけました。 シークレットゲストでプロデューサーである阿部さん(元ユニコーン)も登場! しかしすごいね、彼らは。 珍獣も個人的に大好きなバンドなんですが。 あ、GAKUさんに氣志團をすすめたのは何をかくそう珍獣です(やや自慢)、ノースウェーブで氣志團を一番にオンエアしたのはGAKUさんですけどね。 ライブというよりは(いやもとい“GIG”でした)もはやパフォーマンス、アートとさえ呼べる圧巻のステージングです。 見たことないという方は是非とも!絶対楽しめます!
 由美ちゃんの希望により打ち上げ会場、更には朝まで(AM6時!)の飲みにも参加。 ちなみに場所はGAKUさんが札幌で必ず訪れる飲み屋でしたよ。 GAKUさんも東京のDAのライブ打ち上げで「団長と飲んだ!」と嬉しそうに言っていました。 ミュージシャンに大人気のバンドでもあるよね。 いやはや非常に「濃ゆい」一日でした。
 本日以上。peace out。

 夢膨らむ今日この頃。当たったら札幌ドーム貸しきりで盛大な草サッカー大会開催。 GAKU-MCの幸運を祈って下さい。
 撃沈「トトリマクリ」。 これで2季連続惨敗! 累計負け金額…な〜んと約27万円〜。 ガックリのGAKUさんでしたとさ、おほほほほ〜。

 コラムのバックナンバー、オフィシャルサイトなどへのリンクはこちらからどうぞ。
【BACK NUMBER】
2000年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2001年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2002年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 |

【Link】
◎GAKU-MC オフィシャルサイト
 http://www.gaku-mc.net/

◎WARNER MUSIC GAKU-MC オフィシャルサイト
 http://www.warnermusic.co.jp/gakumc/index.html

◎2000年5月30日 札幌ライブ(ペニーレーン24)
◎2000年8月25日 “MOVE THE CROWD”大作戦(CLUB MIRROR)
◎うかれまくりのオーストラリア旅行の写真
◎2002年2月24日 アミューズスクエア1日店長の巻
NEW!!
◎2002年9月29日 お疲れさまGAKU-MC 2002年9月29日の模様

mail
いい加減地下鉄とかの中で携帯電話つかうのやめようや。
だからメールもだめだって
ちょっと我慢しようや、ねえ。

このサイト担当・太田へのメールはコチラへどうぞ

GAKU-MC『ナラデワ』 mail
メールお待ちしております!