photo ナラデワ
GAKU-MC
GAKU-MC Web SITE for Hokkaido[NARADEWA]

『ディスク・ジョッキーというやつは』
(2003.2.28更新)
毎週金曜日午後3時頃更新します

 いやはや面白いです。 そうです。 DJです。 この業界に首をつっこんではや十余年。 これまでかたくなに拒んできたクラブプレイというやつです。
 なぜやらなかったのでしょう? スクラッチがうまくない。 それもあります。 レコードを運ぶのが大変だ。 まあね。 夜中から朝までのあの時間が眠い。 いやいや、そんな理由ではありません。 お酒を飲み過ぎて失敗した経験がある。 これも違います(あるけど違います)。
 周りにプロフェッショナルが沢山いるのですよ。 これがそんじょそこらのヘボDJとはワケが違うのですよ。 ソロになってからはリップのDJフミヤ。 そしてキックのDJシュウホウといった凄腕くんが僕の間近にいるのです。 そんな連中に、
 「がくさん、へたっすね」
 などと言われてみなさい。 そうとう照れるじゃありませんか?! どちらかと言うと僕は誉められてのびるタイプです。 ほらほらどんどん誉めて誉めてプリーズ。 でもそれは無理です。 だって自分で知ってるんだもん。
 フミヤとシュウホウにはかなわない。 かなうわけがない。 当たり前です。 無理です。 どんなに僕が頑張ったってコスらせたらあの人達はまじで凄いのです。 たたき上げの本職だぜ。 ね。
 そしてね、その以前。 そうですよ。グループ時代。EASTEND X YURI。 そこにはDJフミヤのお師匠さん、DJヨギー(高校同級)がいたのです。 ヤツはさらに凄いです。 ワインなんて今だってボトルで二本ぐらい一人で空けちゃいます(だからDJが上手いのです。きっとそうです)。 そしてさらにそのEASTEND X YURIの前身、EASTEND にはもう一人の凄腕職人DJ、ロックT(大学同級)がいたのです。 一人でも“うなる”のに二人もいたらどうでしょう?
 「オレもDJやりたいぜい!」
 なんて言えるのでしょうか? いや言えません。 言えるわけがありません。  「たまにはオレも回したいぜ、夜のクラブでよう」
 そう言う理由からディスク・ジョッキーをしてやろう、とはこれっぽっちも思わないでここまで来たのです(思うにラジオでのDJはまったくの別物です。同じ名前なのにね。あれはあれで楽しいです。まじで)。
 しかしですね。そんな僕にお声がかかりました。 元EASTEND X YURIのダンサー、メローダウンのCa2o(カツオと読みます)君。 今は文化系デザイナーという肩書きを持つかたわらイベントオーガナイザーとして活躍するマイメンです。
 「やっちゃいましょうよ」
 かたくなに拒む僕。
 「無理無理できません」
 「大丈夫ですって」
 「へただから」
 「何いってんですか、ほらほらほら」
 「あっ、、、うっ」
 「なあ、いいだろう」
 「えっ、でも、、、、これって、、、、すっ、スゴイ!」
 「ふっふっふっふ」
 ・・・・・・・・・・・・
 こんなやり取りをさんざんやったあと、引っぱり出されることになったGAKU-MC(いやこの場合GAKU-DJというのでしょうか)。 とにかく十余年の沈黙をぶち破りDJをやることになりました。
 茅ヶ崎で夜な夜な行われているファンキーでラブリーな変態イベントC-BOYナイト。 ついにここでデビューっす。 レギュラー番組J-WAVE スポーツプラネットを終えてからダッシュで参戦。 到着は午前三時十五分。 かけつけ三杯のビールをかましてキックオフ。 一曲目ビズマーキー just a friend。 そして最後の一曲はDA・YO・NE・で決まり。 さあ、参加された方どうでした? 感想お待ちしております。 えっ?オレ? 相当楽しかったよ。 つなぎはへぼかったけど(笑)。 次は何時だ? 何処だ? テキーラの瓶もって登場だ。

 PS 実はですね、カツオくん。わたくし、ガクエム氏。前日の晩、三宿のウェブで練習してきました。なので腕はちっと上がったけど、胃はぼろぼろです。 でも楽しかった。 かなりよかった。 うほほほほ。 ではまた。 平和。

Ca2o-net はこちら(http://ca2o.tripod.co.jp/
 最近のGAKU-MCはこちらでご覧頂きましょう。
photo from GAKU-MC
 ガクエムご愛用のテクニクス。 そんじょそこらの連中のと一緒にしないでください。 僕のはスペシャルゴールドバージョン。 どうだいいだろう(ちなみにDJはレコード使わずCDでやりました。意味ないじゃん!?)。
 誉められてのびるGAKU-MCがあなたの悩みを解決するポップに即答

今週のメールは、麻美さんから。
『私が幼稚園の頃、誤解していたことは、友達の家に遊びに行った時に見たウルトラマ ンのビデオで聴いた、ウルトラマン太郎の歌です。
『♪ウルトラの父がいる、ウルトラの母がいる、そして太郎がここにいる♪』という歌なのに、『♪どうして太郎がここにいる♪』だと思っていました。 小さい頃の私は「なんで太郎にそんなこと言うんだ?太郎がかわいそうだよ!」と、ずっとこの歌にキレてました(笑)しかも、その歌を聴き間違えていたということに気付いたのはけっこう大きくなってからでした …』

【回答】
 どうしてって・・・・・ おもろいぜ。 
 「おまえ達が産んだんだろう」
 と思わずつっこんでしまいたくなりました。 ちなみに麻美ちゃん。 太郎は“タロウ”と書きましょうよ。 なんか漢字で書かれると照れますね。 ほほほ。
 そう言えば僕はこの間アメリカのラップグループ jurassic5(ジラシックファイブ)のライブに行って来ました。 渋谷AXは満員御礼。 ダフ屋さんもバッチリ出てました。
 「券あるよう。券ある人買うよう。今日はジュラッシックパークだよう」
 どんな奴らが登場するんだか。

 麻美さんメールありがとうございました。 つか、今日のは悩みや疑問ではなかったですね。 GAKU-MCの心に響いたのでご紹介でした。
 こういう素朴な勘違いって誰しもあるのでは? しかも、わりと本人は気付いていなくて、ある時指摘されて赤面…みたいな。 さぁ、そんなこっぱずかしい話しもメールプリーズ。 怖くない、怖くない。
 にしても、AXでジェラシックパークだったら、間違いなく皆、餌食になりそうだ。 そんなのイヤだな…。

 というわけで、ナラデワでは皆様からのメールをお待ちしております。 コラムへのご意見、ご感想や、GAKU-MCへのお誉めのメッセージ、ポップに即答、ポップに誤解、ポップに行動、などなど本当にお気軽に担当・オオタ(naradewa@gaku-mc.net)までお寄せ下さい。

 GAKU-MC所属レーベル・ワーナーミュージックのプロモーター中村氏がおくる徒然日記。さて今週のプロモーションは?
 なんだ!GAKUさん甘党だったんですね?言ってくれれば…。 いやー何を隠そう男 中村33歳も甘党の中の甘党でございます。 食事の後のデザートは必需品です。 珍獣さんにはわからないだろうな〜?
 そんな甘党30男は結構いるものです。 つい二日前、札幌プロモーター4名でsweetsの会が発足、第一回目談合として3月中にケーキバイキング出動が決定いたしました。 男だけだと気持ち悪いので女性プロモーターを一人加えましたが。 今後、美味しい甘味処を探し、活動を活発化させていく予定です。 GAKUさんもぜひご参加願いたいものであります。
そうそう、GAKUさん札幌で美味しいカレー屋見つけました! 前々から美味しいと噂だったのですが、ついに食べました。美味いです! ぜひ今度行きましょう! 皆さんも美味しいカレー屋、オススメの甘味処ありましたら、こちらまで!

 裏方スタッフなのに一部にとても有名な(笑)GAKU-MC北海道地区担当マネージャー珍獣(人間、女性)。辛口トーク炸裂です。ご期待あれ。
 ワーッツアーップ!珍獣なのだ。 2月が今日で本当に終わります。 いやはや早すぎる…。
 そして行って参りました! 手前みそながら我がEPICレコードジャパン、レーベル創立25周年記念ライブイベント、その名も「EPIC25」in代々木。 先に感想をまず。 とにかく感動、そして最高。 自分のまだまだこれから(!)の人生をちょっとだけ振り返る事が出来たライブでした。 しかも音楽で振り返りました。
 とにかく何がすごいって全部知ってました。 楽曲をです。 総出演アーティスト数11。 楽曲数は解りませんが、とにかく当時好きじゃなくとも全部知っている曲でした。
 ご存知リーダー「鈴木雅之」氏の「ランナウエイ」(withくわまんさん)から始まり、実のお姉さま「鈴木聖美」さん登場で「TAXI」「ロンリーチャップリン」、大沢(誉志幸)さん登場で「そして僕は途方に暮れる」、暗転したと思ったらピンスポ当たって小比類巻かほるさんで「hold on me」、我らがTHE MODS「激しい雨が」「不良少年の唄」。 そしてバービーボーイズ。 ノースウェーブで度々お会いする杏子姉さんではありませんでした。 「バービーの杏子姉さん」であります「負けるもんか」。 TM-NETWORK、渡辺美里、そして佐野元春氏。 しかも出演者ほぼ全員での「SOMEDAY」。 書き出したらきりがありませんな!
 私は25年EPICに携わっている訳ではありません。 そんな事だったら3才から働いていなきゃいけません…。 25年という歴史のほんのちょっとをお手伝いさせてもらっている訳ですが…。 いつか何十年後に珍獣が全てリアルタイムで聴いてきた(いる)、音楽でライブ見たいな、と強く思った瞬間でした。
 あ!GAKUさんにも久しぶりに会えましたし。 元気元気!でしたよ。
 いいライブを観ると本当に活力になるなる! がんばるぞっと。
 本日以上。peace out。

 夢膨らむ今日この頃。当たったら札幌ドーム貸しきりで盛大な草サッカー大会開催。 GAKU-MCの幸運を祈って下さい。
 撃沈「トトリマクリ」。 これで2季連続惨敗! 累計負け金額…な〜んと約27万円〜。 ガックリのGAKUさんでしたとさ、おほほほほ〜。

 コラムのバックナンバー、オフィシャルサイトなどへのリンクはこちらからどうぞ。
【BACK NUMBER】
2000年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2001年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2002年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2003年
| 1月 | 2月 |

【Link】
◎GAKU-MC オフィシャルサイト
 http://www.gaku-mc.net/

◎WARNER MUSIC GAKU-MC オフィシャルサイト
 http://www.warnermusic.co.jp/gakumc/index.html

◎2000年5月30日 札幌ライブ(ペニーレーン24)
◎2000年8月25日 “MOVE THE CROWD”大作戦(CLUB MIRROR)
◎うかれまくりのオーストラリア旅行の写真
◎2002年2月24日 アミューズスクエア1日店長の巻
◎2002年9月29日 お疲れさまGAKU-MC 2002年9月29日の模様

mail
ナラデワではとうとうSweets情報まで募集(byナカムラ氏)
飽くなき探究心ですな(ちょっと違うけど)。
情報、お待ちしております。
あ、先週買ったロイズの生チョコ「キャラメル」は大変美味でした。

このサイト担当・太田へのメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)へどうぞ

GAKU-MC『ナラデワ』 mail
メールお待ちしております!