photo ナラデワ
GAKU-MC
GAKU-MC Web SITE for Hokkaido[NARADEWA]

『モラルの問題』
(2003.7.25更新)
毎週金曜日午後3時頃更新します

 携帯電話を持っている。
 まあ自慢することではない。 もはや当たり前だ、今となっては。 なければないでなんとかなっていた頃が懐かしい。 僕はあまり長電話はしない。 最近は用件だけ伝えて切ることが多くなった。 最低限必要な情報ならば携帯についているメールで十分こと足りる。
 そのメール。 たまにちょっと面白いメールがまわってきたりする。 最近のヒットはお中元(http://www.gyahaha.com/toukou/277.gif)。 クリックしてから少ししてそのファンキーな映像が現れる。 微妙なタイミングがかなりいい。 こいつはいいぜ、と笑い転げた。 転送して自分の友人の何人かに回してみたりした。 好評。
 「最高!」
 そんなふうに言われると得意になって更に他の友人に回してみたりする。
 誰もが知らない情報。 自分だけが知っている知識。 優越感。
 様々な感情が織りなしあってチェーンメールの和が始まる。 世代を越えて、地域を越えて、国境を越えて。 電車に乗っている間や待ち合わせの時、トイレの個室にて、等々。 そんなちょっとの時間を埋めるために最新の画像が僕らの街を飛び交っているのだ。
 「今度のはよかった。」
 「この前のはいまいちだった。」
 「また何かあったら送ってよ。」
 刺激を求めて人は更に要求を重ねてゆく。 快感は人格までも変えてゆく。 もっと、もっと。さらに奥深くへ。

 話しはかわる。
 長崎で子供が殺された。 犯人は中学生。 突然息子を失った家族のことを思うと言葉もない。 ご冥福を祈る。
 「長崎の4歳児・駿chanが殺害された事件犯人は 長崎市立○○中学校1年○組○○○○。 人を殺して罪にならないなんて許せない、せめて世間に広めてやろうよ」
 こういう文章で僕の携帯電話にメールがまわってきた。 ○の中には中学校の名前と犯人の実名がはっきりと記載されていた。 そして貼付されていた中学生らしい男子児童の写真。

 はたしてこれが正義であろうか。正義とは何か。

 この写真を僕は複数の友人から受け取った。 職種もチガウ、世代もチガウ友人から同じメールが届いた。 つまり相当数の人間がこれを読んだと思って間違いない。
 もちろんこの事件は残忍で繰り返されるべきことではない。 それは誰もが知っている。 しかしこのメールに僕は強烈な違和感を感じだ。
 メディアは何かあるとインターネットの発達によって少年犯罪が増加した、とあおる。 テレビゲームが悪い、と論じはじめる。 ナイフを所持するのが間違っていて、携帯電話の普及を嘆く。 そんな意見にも僕は違和感を覚えずにはいられない。
 結局はモラルの問題だろう。
 最近のGAKU-MCはこちらでご覧頂きましょう。
写真ナシ、すいません。
 モラル。 あはははと笑って読み始め、最後は……と考え込んで終わった今日のコラム。 きっと考え始めるとキリがないことなんだと思う。 自分との価値観の違い、世の中のたくさんの矛盾、小さな正義。 小さな力は無力? いやいや、ゼロじゃない限り、それはなんらかの意味を持っていると私は思いたいし信じてる。 うん、そうなんだ。 って私、何書いてるんだ…。
 みんなもちょっとモラルについて、自分の中で考えてみて。

 さて、気分を入れ替えて、今週はポップに感想

 今週ご紹介するメールは、大阪の方から頂いたこのメール(一部略)、
 『私めちゃめちゃガクさんのファンで朝も夜も毎日曲聞いてます。 店でも店長がかけてくれてます!! だから店にはガクエムシーの歌が毎日流れてます。曲がすきです。 なんかがんばろうっておもいます! だいだい好きですリアルライムテレビでみてかっこよかったです! 最高でした。大阪でぜひライブしてください!! 今シゴトがえりです。大阪でよていないですか?ながいことメールうってすみませんがんばってください。 33歳にみえません』

 感想from GAKU-MC
 「時々、街で声をかけられる。CD聞いています。ライブよかったです、等々。 タイミングさえ間違っていなければとてもうれしい(街でトイレを探している時や遅刻しそうでダッシュしているときはご遠慮願いたい、はっはっは)。
 「がんばってください」  はあんまり。 どうやらまだまだ俺のがんばりがたりないのかなあ、と寂しく反省したりするのでね(がんばってはいるんです、念のため一応)。 それでも気合いははいります。
 「33歳にはみえません」
 あたりまえです、僕はまだヤングでナウな32歳。そこんとこよろしく!

 ぶあはははは。 32も33も一緒ですって、GAKUさん。
 「頑張ってください」ってつい言ってしまうかも…。 いや、決して頑張り足りないから頑張れよっ意味じゃないんですけどね、つい(笑)。 「(引き続き)頑張ってください」ってことで(なのか?)


 ナラデワでは皆さんからのメールをお待ちしております。
 GAKU-MCへのメッセージ、なんでも“ポップに”ってつければいいのか?というツッコミ、ナラデワへのご意見・ご感想、ポップに即答宛の疑問やお悩みなど、どうぞお気軽にメールください。 頂いたメールはすべてGAKU-MCの元へお届けします。
 ナラデワ宛のメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)まで。 お待ちしております。

 GAKU-MC所属レーベル・ワーナーミュージックのプロモーター中村氏がおくる徒然日記。さて今週のプロモーションは?
 はいはいはい、行って参りました東京は、わたくしの生まれ育った街 立川市が誇るマンモスパーク、昭和記念公園に! そう7/20 RIP SLYME5万人LIVEです。 会場の原っぱは東京ドーム二つがすっぽり入ってしまう程の広さ。 実はわたくし、青き中学生の時に妹の手を引き、一度この会場で吉川晃司氏のLIVEを見たことがあったのですが、もうあれから20年も!経っているとは? いやいやそんな場所で、デビューから知っているアーティストがやると言うのは、なんともうれしいものです。
 さあ〜その前に仕事です。 27日にOAになりますノースのRIPスペシャルプログラムのため、DJテツヤ氏とムドウザクラウド氏にも駆けつけてもらいLIVE直前のRYO-Zくんへ突撃レポート。 その時、空から大粒の雨が…野外LIVEには付き物です。 LIVE開始30分前でも雨ザーザー、インタビューも終わり関係者席をのぞきに、あっー!いましたGAKU-MC氏、ハードなレコ中にもかかわらず、可愛い後輩の晴れ姿を見に来てくれていました。 「大変なことになってますよ〜、どうなるんでしょう?」というGAKUさん、本当にHIP HOPのLIVEを野外で、しかも5万人、本当にどうなるんでしょう!
 するとLIVE開始直前に雨がやみ、定刻通りスタート、いきなり「楽園ベイベー」から! RIPらしい笑いを交えながらの2時間半、まじやばいくらいイイぜ!って感じでした。 エンターテイメントショーでした。 先日のRIPキャンペーンの時に胸にズキンと来る一言をSUさんが言ったんですよ。 あるインタビューで、エンターテイメントってどういうことですか?の質問に対し、「小さい頃、お誕生日会に友達を呼ぶ時、喜んでもらう為に、部屋に飾り付けとかしたでしょ、あれと同じです」って。 あー我々、ファンあってのこと、これ基本だな〜と、忘れてはいけないなと。 そして、その気持を忘れずにいる彼らだからこそ成し得た事なのだろうと。
 終演後は、ステージ裏でバーベQ打上げ、ここで再びGAKUさんと再会、「やっと札幌に行ける!」と心からの叫びを聞きましたよ! ついに1週間を切ってます。 こちらのLIVEもどうなるか! このたまりに溜まった北海道への想いが、LIVEではじけるんではないでしょうか!幸運にもチケットを手に出来た方は、しかと目に脳裏に焼き付けてきてください!
 打上げ終了後、20分後くらいには帰宅、久々に母親のカレーライスに舌鼓を打ち就寝。 10年も仕事をしているとこんなこともあるのかと…

RIP SLYMEスペシャルグログラム
「FM NORTH WAVE joint with RIP SLYMESUMMER MADNESS03」
7/27(日)21:30〜22:00 にFM NORTH WAVEにてオンエア!


 今週はとにかく長くなったので、SWEETSのコーナーはお休みさせて頂きます

 裏方スタッフなのに一部にとても有名な(笑)GAKU-MC北海道地区担当マネージャー珍獣(人間、女性)。辛口トーク炸裂です。ご期待あれ。
 ワーッツアーップ!珍獣なのだ。 本日pay day!いやったー!今の心の叫び。すんません(笑)。

「ココロエ」 GAKUさん。 聴きましたよ、心して。 というか各地そうだと思いますが、札幌はいたるところでかかってますね。 ワーナー中村氏はもう歌えるとか。 珍獣はそれほどでもありませんが、リリックを見つつ聴きつつ、やはりGAKUさんらしさの前向きかげんと、ちと言葉遊びならぬリリック遊びが非常に楽しい新曲だなーと。

 そしてとうとう来週に迫りました、ノースウェーブ10周年ライブ初日。 GAKUさん登場だ。 残念ながらチケットはSOLD OUT(即完!だったらしい)という事ですが、チケットを持っていらっしゃるあなたは思う存分楽しむ義務ありです。 なんてったって全国で一番最初に見れるEAST ENDのライブ。 かなり貴重ですよ。

 あ、レギュラーが終わってからのGAKUさんの 「さとー、北海道いきたいよー、仕事入れてくれよー」メール。 ふと思い出してしまいました。あは。

 さあ、GAKUさんいよいよ本番です! 北海道は最高の季節です(ビアガーデンも始まってます)。
 本日以上。peace out。

 夢膨らむ今日この頃。当たったら札幌ドーム貸しきりで盛大な草サッカー大会開催。 GAKU-MCの幸運を祈って下さい。
 さぁさぁ、またしても「トトリマクリ」の季節がやって参りました。 過去の苦い記憶を払拭すべく、今季もやってしまうのですよ!

 コラムのバックナンバー、オフィシャルサイトなどへのリンクはこちらからどうぞ。
【BACK NUMBER】
2000年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2001年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2002年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2003年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 |

【Link】
◎GAKU-MC オフィシャルサイト
 http://www.gaku-mc.net/

◎WARNER MUSIC GAKU-MC オフィシャルサイト
 http://www.warnermusic.co.jp/gakumc/index.html

◎2000年5月30日 札幌ライブ(ペニーレーン24)
◎2000年8月25日 “MOVE THE CROWD”大作戦(CLUB MIRROR)
◎うかれまくりのオーストラリア旅行の写真
◎2002年2月24日 アミューズスクエア1日店長の巻
◎2002年9月29日 お疲れさまGAKU-MC 2002年9月29日の模様

mail
いよいよ来週の水曜日は札幌ライブ!
チケットが手に入った皆さん、ココロして参加を!

このサイト担当・太田へのメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)へどうぞ

GAKU-MC『ナラデワ』 mail
メールお待ちしております!