photo ナラデワ
GAKU-MC
GAKU-MC Web SITE for Hokkaido[NARADEWA]

『ベストをつくす』
(2003.11.14更新)
毎週金曜日午後3時頃更新します

 いよいよ寒くなってきましたね。
 いよいよライブツアーですね。
 それは正に今日からですね。
 大阪、調子はどうだ?
 福岡、準備はできてるか?
 札幌、ココロしてまっておけ!
 この文章、実は昨日の夜かいてます。あまりにウキウキして寝れません。
 like a 遠足。
 最終チェックも無事終了。各地かなり熱いことになるでしょう。
 この日の為に積み上げてきたもの一気に吐き出そうと思います。
 想いのたけをぶつけよう。
 さあ、さあ、さあ。
 あああ、あああ、あああ。 もう待てん。
 忘れ物ないかな。カバンに服つめておこう。
 明日着るモノも選んでおこう。靴下とか下着とかTシャツとか。
 がはは。
 どかどかうるさいヒップホップバンドさあ!
 オレらはベストをつくすぜ。だから来い。悩む前に行動だ。

さぁてさて、札幌ライブ迫る。11月19日はペニ−レーンに集合ですよ!
 なんだかすごい前から告知していたのですが、もはや来週開催となりましたEAST ENDの札幌ライブ。 楽しみプラスちょっと緊張しません? 11月19日(木)、札幌ペニ−レーン24。 EAST ENDの最新アルバム「Beginning of the Endless」で予習して、その成果を会場で思う存分発揮しましょうや。

 そして、先週まで募集していた「Beginning of the Endless」の感想文。 まずはたくさんのご応募ありがとうございました。 なんと早くもGAKU-MCによる選考が終了。 まさかこんなに早く読み切ってくるとは、予想していませんでした。 わたくし、GAKU-MCをナメておりました、すいません。 見事、大賞受賞作はコチラ!

 『僕にとっての「はじめての生GAKU」は、福岡でのインストアライブで見たGAKUさんでした。 イムズの地下でのそれにもかかわらず、GAKUさんならびにD.I.G.は私たちお客さん一同を上げてきました。 もちろん「セイ、ホー」と、ですね。

 あの頃、高校1年生で、ヒップホップなんてよくわかってなく、ただGAKUを聴いて「かっこいい」と漠然に思ってた僕は そのGAKUさんの声に、こう『返事』をしたわけです。

「セイ、ホー」と。

 …知らないって怖いですね(笑) もんのすごく大きい声でレスポンスした僕がいました。

 するとGAKUさん、はにかみながらこう言ったのです。
「おいおい、セイ、ホーって言ったらホーって返すんだぜ」

 そして、あれから3年半程の月日が流れ、GAKUさんはEAST ENDへ。 僕は大学生になりました。

 GAKUさんのアルバムをいつも携帯し、CDウォークマンで再生していた僕は、もちろんEAST ENDも聴き込んでおります。

『返事』ではハイ、と歌い、『ココロエ』では返事はハイというよりも押忍、と歌っていることにも気付いてしまいました(笑) しかし、その発見をしたときに、僕は「はじめての生GAKU」の時のことを思い出したんです。

 僕の勘違いかもしれませんが、あのときのGAKUさん、はにかみながらも僕の熱意というか、「返事しようとする気持ち」を受け取っていただけたような気がしたんです。

 返事は「ハイ」でも「押忍」でも「ホー」でも「セイ、ホー」でも(笑)、要はそこに熱いもん込めていけば、それでいいんじゃないかと、私は今回の作品を聴いて思いました。』


 GAKU-MC談。
 『まずは本当にたくさんの応募ありがとう。 一つ一つのメッセージ、確実に僕の元に届いています。 僕らが作った音楽がいろいろな効果を発揮している。 それがわかって感動さえしてます。
 さて、今回の大賞。 さっそく決めさせていただきました。 福岡のXXくん(お名前知らず)。
 他にも文章の上手い方、沢山いました。 感想文としてのクオリティの高いもの。 あった、あった。うれしいぜい。 でも、この人の最後の三行。 なんか“ナラデワ”をかんじたんだよなあ。 って決定。 プレゼント、しばしお待ちを。』

 と、いうわけで、大賞決定です。 GAKUさんが“福岡の”XXくんと書いていますが、はっきり言って住所も名前も不明。 福岡でのイベントに参加していたり、福岡のライブに行くってメッセージもついていたから、GAKUさんは福岡在住の方だと思ったんでしょうね。 「僕」って使っているけど本当のところの性別すら不明(笑)なんですわ。
 見事大賞を獲得したアナタには、GAKU-MCの私物のバッグをお送りしますね。 後ほど、道新スポーツ・太田からメールをお送りしますので、ご確認くださいませ。

 そしてね、ここでちょっとご報告。 実は前回のナラデワで、祝・200回だったんですよ。 カウント1回勘違いしてて、今週で200回だと思っていたら、先週だったんですよ…ごめなさいね。 思い返しても200回、いろんなことありましたわ。 GAKUさん、そして協力してくれたスタッフの皆様に感謝、そして何と言っても支えてくれている、そうここを読んでくれている皆様にあらためて感謝致します。 ありがとうございます。 今後もどうぞよろしくね。
 あ、GAKUさんへ「200回達成激励メッセージ」、お待ちしております。 みんなでGAKUさんを褒めて褒めて褒めまくろうじゃないですか!!
 
 ナラデワでは皆様からのメールをお待ちしております。 コラムへのご意見、ご感想、GAKU-MCへのメッセージ、ポップに即答宛の疑問などはもちろん、どうぞお気軽にメールくださいな。 頂いたメールはすべてGAKU-MC本人の元にお届けしています。
 ナラデワ宛のメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)まで。 お待ちしております。
 EAST END所属レコード会社ユニバーサル・ミュージックの札幌エリア担当プロモーター斉藤さんが、ナラデワに登場!さて、どんなキャラなのか…?
11月19日は札幌ペニ−レーン24でライブ!
"Beginning of the Endless TOUR"!!!
11/19(水)ペニーレーン24

(open18:00/start19:00)ticket;\3,500(w/tax,ドリンク別)
Lコード:11453 問:WESS 011-614-9999
いよいよ来週っ!札幌ライブ!ホッカイダー全員集合!会場でまってるぜ〜〜〜!!!

 どーも、ユニバーサルミュージックさいとーです!!! 今週はCharさんのキャンペーンからはじまりました。 Charさんはステキな方です。大人です。 “自分のトークがウケているか”スタジオの外の我らに確認したりもします。 でも、ステキです。
 最近、わんちゃんをご購入されたらしく、わんちゃんの話になると、でちゅまちゅ調になりまちゅ。でも、ステキです。 今年で、ギターを手にしてから40年(初めて手にしたのは、8歳の頃)だそうです! すごいなぁ〜。チョット感動しまちた!
 そして、翌日、ガラっと変わって、会社のボーリング大会がありまして…。 2人づつチームになって、チームの合計点で、勝敗を争ってみました。 結果は優勝ですよ! 優勝! もちろん、さいとーの力ではなく、相棒のウチの課長が1人でがんばったんですけどねー。 みごと賞金GETしました!あ、さいとー自身は、ビリとかじゃーないですよ、念の為。 何年か振りにボーリングをやったんですけど、もつのは1ゲームだけですね。2ゲーム目は腕にきます! 急に玉が重くなってビックリです!腕が筋肉痛です!年だねぇ…。

 今週の食玩?は、あったかい生茶についている、あのパンダにメロメロです…。並べてぇ〜。

 もう、雪の季節です。 来週のライブも、うわっぱり(上着)は、しっかり着て来てね! 会場内はTシャツ!帰りは会場で着替えTシャツもGETして(笑)、アツイまま外に出てカゼなんかひかないようにねん!!! 19日はペニーレーン24で会いましょー!

 前GAKU-MC所属レーベル・ワーナーミュージックのプロモーター中村氏。 男子ながら甘いものに目がないとか。 そんな彼がお薦めのsweetsとともにコラム展開!
 ついに風邪をひいてしまいました。 しかも東京出張から戻ってです。 東京は26度? 戻った札幌の最高気温は4度、これが原因か? まだ引きずっています。

 さて、中村イコールSWEETSって言うのが定着してきたのか?なんなのか…本社でも新しい方に紹介される時 「札幌の中村です。SWEETS好きの」みたいな。 媒体の方も「あ、気持悪い甘いもの好きだ!」とかあたたかく迎えてくれます。
 そんなSWEETS好き必読の雑誌が発売されてましたね、BRUTUSが東京SWEETS特集をやったんですが、やはり札幌SWEETS代表としてはチェックしておかなければと思い、浜松町で至急購入、この購入の5分により飛行機に乗り遅れてしまいました(笑)。
 当然、機内ではかじりついて読むわけです。 斜め後ろの女性の視線とか感じましたけど、気にしていたらSWEETSは勤まりません。 いやーまだまだ知らないSWEETSがたくさんありましたね〜。
 その中に札幌の円山に最近出店したANNIVERSARYってケーキ屋さんが載っていました(北1西28)。 ここの目玉がそば粉のクレープ。 これは甘いのもありますが、じゃがいもときのこみたいなクレープもあるので、ランチでもOK! そのBRUTUSではANNIVERSARYのメープルロールケーキをオススメしていました。 実はこれ食べ損ねたんですが、札幌プロモーターSWEETSの会 ドリーミュージック斎藤亮くんは絶賛していました! これ要注目です。 次回はぜひ食べてみたいと思います。

 さあー来週はいよいよEASTENDの札幌LIVEですね!それまでには風邪を治しておかないと。土日は休みなので、寝まくって治します。

 すっかりお馴染み、GAKU-MC北海道地区担当マネージャーとも言われる影の支配者(?)、その名は珍獣(女子)。 辛口トークは北海道の音楽業界では有名だとか…。
 ワーッツアーップ!珍獣なのだ。 先週の原稿でワーナー中村氏触れられていたW杯女子バレーボール。 もちろん!見てまっせ。 過去10年間を捧げた(?)我がバレー半生(?)。 GAKUさんや中村氏が、例え朝だろうと深夜だろうと、死ぬ気でサッカーを見るような気迫にはやや及びませんが、ちゃんと試合時間や相手をチェックしてテレビ観戦してますよん。
 しかも今週は札幌3連戦。 相手が昨日から始まってる、大阪シリーズの強敵シリーズには及びませんでしたが、この3連戦はもちろん勝った事がまず大きい。そ して試合内容が良かった濃かった。 日本のお家芸である「拾って粘って繋ぐ」という持ち味が存分に出ていました。 サッカー好きのGAKUさんや中村氏が、サッカーの試合を見ると白熱した応援だけじゃなく専門用語や戦術が会話に出てくるように、わたくし珍獣もバレーボールの試合を見ている時は全く同じです。
 たぶん誰かと一緒に見ていると相当うざいと思います。 と同時にちょっとおもろいと思います。 声と同時に体も動いています。
「ワンチ!ワンチ!ちょっと主審どこ見てんじゃおら!」
注>ワンチ→ワンタッチの略(この場合日本のワンタッチの主張を認められなかったので怒ってる)
「ノーノー!よしラッキー!」
注>ノー→アウトの意味(この場合相手のサーブミスを喜んでいる)
「ナイスキャッチ!よっしゃー」
注>ナイスキャッチ→ナイスレシーブと同義語(この場合日本のレシーブが素晴らしくて褒めてる)
 というような「お前は何なんだ!」という観戦ぶりです。 現役時代のバレー専門用語バリバリ出ます。 フルセットになると座っていられない。 立ちっぱなしです。
 札幌3連戦の最終戦VSポーランド。 フルセットの末の日本勝利インタビュー。 インタビュアーが「それでは勝ちました…うーっ」と感きわまって泣いてインタビューできない場面を見て…。 多分うちの町内会では珍獣が一番泣いていました(苦笑)。

 がんばれニッポン!目指せアテネ! 本日以上。peace out。

 totoで大金ゲットして札幌ドームで草サッカーしようぜ!という企画。 もう3季目に突入だというのに、一向に当たる気配なし。とほほぉ。
 さぁさぁ、またしても「トトリマクリ」の季節がやって参りました。 過去の苦い記憶を払拭すべく、今季もやってしまうのですよ!

 コラムのバックナンバー、オフィシャルサイトなどへのリンクはこちらからどうぞ。
【BACK NUMBER】
2000年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2001年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2002年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2003年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

【Link】
◎GAKU-MC オフィシャルサイト
 http://www.gaku-mc.net/

◎EAST END オフィシャルサイト
 http://www.eastend-web.net/

◎ユニバーサルミュージック内 EAST ENDオフィシャルサイト
 http://www.universal-music.co.jp/eastend/index.html

◎2000年5月30日 札幌ライブ(ペニーレーン24)
◎2000年8月25日 “MOVE THE CROWD”大作戦(CLUB MIRROR)
◎うかれまくりのオーストラリア旅行の写真
◎2002年2月24日 アミューズスクエア1日店長の巻
◎2002年9月29日 お疲れさまGAKU-MC 2002年9月29日の模様

mail
ポーランド戦後のインタビューがまともにできなかったアナウンサー
私は彼にはちょっとヒキました、ごめんなさい
お前が泣くなよ…気持ちは分かるけどさ

このサイト担当・太田へのメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)へどうぞ

GAKU-MC『ナラデワ』 mail
メールお待ちしております!