photo ナラデワ
GAKU-MC
GAKU-MC Web SITE for Hokkaido[NARADEWA]

『行って来たぜえ』
(2003.11.21更新)
毎週金曜日午後3時頃更新します

 大阪、福岡そして札幌。
 いはやはたのすぃーねえ、ライブ。 ご来場のコーラス隊の皆様、マジ感謝
 とにかくね、汗かいてみました。 キログラムでいうところの2キログラムぐらい。 すげえぜ。 熱かったぜ。サウナでもああはいかないぜ(だってサウナって入ったらすることないからさ、すぐ出たくなっちまうもんな)。 とにかく絞れるくらいの汗をかきながら唄って参りました。
 ゲストの皆様、本当にありがとう。 西のGM、ヨシさん、そして北の大御所、TAMAとSEIJI。 あなた達のコスリにリアルラブです。 そして江戸から参戦、CUEZERO、CHANNEL そして TATSUTA。 最高。最高。最高。
 乾杯のビール、うまかったなあ。 おかわりもしたなあ。 キログラムでいうところの2キログラムぐらい。2キログラム
 どの会場も楽しすぎて、ホテルに帰ってぐっすりです。
 福岡での出来事。 ライブ終了後、CUE ZEROのイベントへ参戦。 ライブもやりました。 やわらかくやらさせていただきました(少ない曲数ですいません。オーイ!ヨギー!がはは)。
 こちらに参戦してくれた皆様、マジ感謝。 ライブツアー中にもかかわらず遊びに来てくれたドラゴンアッシュのメンバー達。 客席の真ん中に陣取って大はしゃぎ。 照れました。 本当に。楽しかったぜえ。
 さていよいよ23日でおわりになりますこのツアー。 最後はどんなことになるのでしょう?!
 なんてことをどきどきしながら本日金曜日。 うきうきしすぎて寝坊です。 さあさあさあ、本日もリハーサル。 いっちょ気合い入れて唄ってくるとしますか。

PS.
 そう言えば昨日の夜、リップスライムのスーくんの誕生パーレーに参加しました。 三十路です。 早いもんです。 変わらねえなあ、と思いながらスーを抱きしめましたが、もう三十です。
 初めて出会った時、奴はまだ十代でちっちゃなころから悪ガキでナイフみたいにとがっては触るもの皆傷付けた、でした。あの頃がなつかスーね。 俺も三十三になったよ。
 スーヘ。 誕生日オメデトウ。 これからもずっとかわらず五分刈りでいてください。
左写真:19日札幌ペニ−レーン24でのライブリハ風景。 3人とも真剣です。
右写真:ライブ前の楽屋一コマ。こちらはリラックスムード。あれ?GAKUさんがいない…

札幌ライブ(Tシャツ販売会)、終了〜。
 寒い札幌の夜を盛り上げたホッカイダーのコーラス隊の皆様、19日のライブは楽しめましたか? しっかしまぁ、会場内は熱かった、暑かった。 非常にホットな夜でした。
 なんだかカミまくる、ネタはことごとく落ちないGAKU-MCが見られたことはもちろん(にしてもSkoop On SomebodyのTAKEさんだと思われるモノマネは似ていないにもホドがあるますよ。「内股で後ずさりする日本猿」かと思ってましたもん)、会場を熱くしたコーラス隊の笑顔や振り上げる拳、シャウトする声などに包まれた会場を雰囲気を十二分に堪能致しました。 FM NORTH WAVEの重鎮・K氏のさりげない“hey”も最高、それを目にして思わず微笑むGAKUさんの笑顔も最高でした。
 皆さんが感じたあの夜の率直な気持ちを、ぜひメールで送ってください。 お待ちしております。 それにしても暑かったね。

 そして、一週間カウントを間違って、なんとも締まりのないものになってしまった(本当にごめん)、祝・ナラデワ200回達成に、たくさんの祝福メッセージありがとうございます。 ちょっと私、泣きそうでした。 そんな中、GAKUさんの目に止まった一通のメール。

 『実は、気付いていたのですが、「200回くらいで騒がないんだー!でけーぜ、GAKUさん」と、勝手に思い込んでました(笑)おめでとうございます』

 東京のみかさんから頂きました。 それに対してGAKU-MC

 『ははは、そうさ、200回ぐらいでは騒がないのさ!!!
 とかっこ付けてはみたものの実は全く知らなかったね。 終わってから気がつきました。 すげえな、まじで。俺。 というよりも担当おおちゃん。 そしてMr.スウィーツ中村さん。 ユニバーサル斉藤a.k.a.アラレちゃん。 そして珍獣佐藤。 みんなすげえぜ。 がはははは。 いつかトトがあたったら、みんなでがぶがぶ呑みましょう。 それまでちいいとお待ちを』


 1回カウント間違った私が悪ぅございましたとは言わないで、200回なんて通過点さっと言っておけばよかったんですね…と、気付いても後の祭り。 みかさん、違いますよ、単純に私の勘違いですから。
 皆さんからの祝福メッセージ、本当にどうもありがとう。 皆さんが読んで、そしてリアクションをくれることが、モチベーションになり、続けてくることができました。 これからもどうぞ宜しくお願いしますね。
 そしてGAKUさん、いつトト当たるのですか?最近のトトリマクリでは絶不調じゃ〜ん……。
 
 ナラデワでは皆様からのメールをお待ちしております。 コラムへのご意見、ご感想、GAKU-MCへのメッセージ、ポップに即答宛の疑問などはもちろん、どうぞお気軽にメールくださいな。 頂いたメールはすべてGAKU-MC本人の元にお届けしています。
 ナラデワ宛のメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)まで。 お待ちしております。
 EAST END所属レコード会社ユニバーサル・ミュージックの札幌エリア担当プロモーター斉藤さんが、ナラデワに登場!さて、どんなキャラなのか…?
 どーも。ユニバーサルミュージックさいとーです。 EAST END“Beginning of the Endless Tour”2003年11月19日札幌・ペニーレーン24終了しました! 熱かったです! 久々のライブハウスでのワンマンライブを待ってました!という人が集結してましたねー。
 アンコールは『E・A・S・T・E・N・D ROCK-Tee YOGGY GAKU-MC』です!CRAZY-Aさんもきっとビックリですよ。 そんなコールが出来ちゃうホッカイダー万歳です。 今までの3ヶ所でもこのコールは無かったそうです!指をまげてピースv(^o^)vです!
 CUEZERO、Channel の生“返事”に感動!DJ大会では、札幌から、DJ TAMAさんとDJ SEIJIさんが参加! みなさんウマすぎですごい大会でした。結果は、フフフ…意外でした。
 この日、札幌限定!CD購入者特典の“1日スタッフ”企画も同時進行してました。 当選者5名(+それぞれの友達1人。でも、1名ソロ参加だったので)=計9名の方を、楽屋&リハーサルにご招待しました。 スタッフなので、挨拶からはじまり、お茶出し、CD売場のポスター貼り…等々も働いていただきましたよ。 そして、ちょっと緊張しながらのリハーサル見学。 全員、体育座りでした。
 ライブ終了後は、記念写真撮影大会で締めくくりました。 YOGGYさんがホームページに「俺がカッコよかったって書きこんでください」と全員に言っていたのは、言うまでもありません…(笑)。 本当に楽しい企画でした。次回もきっとなんかヤルんで、そのときはまた応募してね〜!!!

 楽しい時間はあっと言う間に…といいますが「ホントだねぇ〜」と思った1日でした! さてさて、日曜日!11/23は、ツアー最終日!ラフォーレミュージアム六本木!!!行く人は、楽しんできてね〜〜〜! 楽しいこと間違いナシ!です!!!

☆今週の食玩☆『昭和ホーロー賛歌PART2』です。 “でんわ・でんほう”(http://www.igaya.co.jp/ho-ro-7.htmlでした。 ホントにホーローなのがスゴイね〜

 前GAKU-MC所属レーベル・ワーナーミュージックのプロモーター中村氏。 男子ながら甘いものに目がないとか。 そんな彼がお薦めのsweetsとともにコラム展開!
 パチパチパチパチ!EASTENDの皆さん、そしてコーラス隊の皆さん、11/19のペニーレーンお疲れ様でした。 皆さんの一体感が実にいい雰囲気を作り出していて、純粋に楽しめました。 と言うのも、ワーナーレンタル時代はワンマンが無かったので、GAKUさんがフルタイム動いているのは初めて見たんですよね? 最後まで目の離せない、そして時間もあっという間に過ぎてしまった、そんないいLIVEでしたね〜

 まあ、もちろん終わってから、すべての情報をシャットアウトして日本代表×カメルーン戦をビデオで見ましたよ。 先週の珍獣さんバレー観戦と違い、わたくしの場合、見入ってしまうんですよ。 ほとんど観戦中は言葉を発しません、だからサッカー一緒に観に行っても「つまんない!」とみんなに言われます。 なんか怖い顔しているらしいんです?
 さて、試合は面白かったですが、やっぱり日本のゴール付近でのするどさ、ゴールへの執念! みたいなのが感じられないのはどうなんでしょう? ペナルティーエリアに入ってからなぜバックパスするの? みたいな…決定力以前の問題のような…?

 さて、今週のSWEETSな一品は!“日本一おいしいラスク”と高らかにうたっている麦工房シベール(http://www.mugikobo.co.jp/new/index7.html)のラスクをご紹介したいと思っております。
 まあ一見普通のラスクですよ。 しかし、ラスク特有の軽いサクサク感、そして程好いSWEETS加減、いやーこれはまさに日本一のラスクとの出会いです。 また興味深いところが、この麦工房シベールなる会社、なんと山形県なんです! HPをご覧頂くと“日本一のラスクを作っているんだ”という自信のみなぎりが感じられます。
 ということで、HPから全国取り寄せ可能です。 味はプレーンとガーリックがありますが、まずはプレーン行ってみて下さい!もう止まりません。

 すっかりお馴染み、GAKU-MC北海道地区担当マネージャーとも言われる影の支配者(?)、その名は珍獣(女子)。 辛口トークは北海道の音楽業界では有名だとか…。
 ワーッツアーップ!珍獣なのだ。 EAST ENDのライブとうとう終わっちゃいましたね。 何事も心待ちにしていたものというのは、あっという間に終わっちゃうもんですな。
 ペニーレーン24暑かった、いや熱かった、というのが正しいでしょう。 一言で感想を言わせてもらうと「エンターテインメント」でした。 歌有り、DJショー有り、笑い有り、酒有り、ゲスト有りetc。 言い出したらきりが無いほど、内容盛りだくさんの圧倒的な「ショー」でした。 GAKUさんのソロライブとは、全く違うと言っていいでしょう。
 1MCであの内容を全て100パーセントやり切るというのは、たぶん相当な体力を消耗するだろうなーとも正直思いました。 MCで「長くしゃべってるのは息整えてんすよ、実は」と言って笑っていましたが、半分以上本気だと思います(笑)。
 GAKUさんのソロの時は、やはり見方がスタッフゆえ評論的というか「純粋にライブを楽しむ」というようにはいきませんでした。 でも今回のEAST ENDのライブは、本当に純粋に楽しませてもらいました。大声で笑ってましたからね。落ちてないネタを(笑)。 しかも、ライブを見ていた並びが道スポ太田女史→珍獣→ワーナー中村氏ですからね。 これも結構ありえない並びです(笑)。

 楽しかった!もうただそれだけ。 本日以上。peace out。

 totoで大金ゲットして札幌ドームで草サッカーしようぜ!という企画。 もう3季目に突入だというのに、一向に当たる気配なし。とほほぉ。
 さぁさぁ、またしても「トトリマクリ」の季節がやって参りました。 過去の苦い記憶を払拭すべく、今季もやってしまうのですよ!

 コラムのバックナンバー、オフィシャルサイトなどへのリンクはこちらからどうぞ。
【BACK NUMBER】
2000年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2001年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2002年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2003年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

【Link】
◎GAKU-MC オフィシャルサイト
 http://www.gaku-mc.net/

◎EAST END オフィシャルサイト
 http://www.eastend-web.net/

◎ユニバーサルミュージック内 EAST ENDオフィシャルサイト
 http://www.universal-music.co.jp/eastend/index.html

◎2000年5月30日 札幌ライブ(ペニーレーン24)
◎2000年8月25日 “MOVE THE CROWD”大作戦(CLUB MIRROR)
◎うかれまくりのオーストラリア旅行の写真
◎2002年2月24日 アミューズスクエア1日店長の巻
◎2002年9月29日 お疲れさまGAKU-MC 2002年9月29日の模様

mail
ライブの打ち上げ後、いつものあの店でサッカー日本代表戦を録画観戦。
当然、結果はシャットアウトです。
楽屋にいる時にナカムラさんと、想像でシュミレーションしていただけで
「そこっ! サッカーの話は禁止!」と怒られましたわ。厳しいねぇ。

このサイト担当・太田へのメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)へどうぞ

GAKU-MC『ナラデワ』 mail
メールお待ちしております!