photo ナラデワ
GAKU-MC
GAKU-MC Web SITE for Hokkaido[NARADEWA]

『イタリアストリップ レボリューション』
(2004.1.30更新)
毎週金曜日午後3時頃更新します

 「会ってみてえなあ」
 と思ってた人に会ってしまった。 自分の幸運に感謝する。 先週に引き続き、“生きてて良かった”と痛く感激。 しみじみそう思います、はい。
 2003年1月9日。 場所はユベントスの練習場。 その脇に作られたプレス用ゲストルームにて。インタビューの相手は……
 “アレッサンドロ・デル・ピエロ”
 http://www.alessandrodelpiero.com/
 うれしいやら、緊張するぜえ、やらでとにかくもう興奮状態でした。なにせね、
 「それじゃあ、ガク君、イタリアいってもらいますか!」
 とスカパー敏腕プロデューサーH氏からオファーを頂いたのが去年の12月頭。 もうそれから考えることといえば、
 「開口一発目、なんて挨拶してやろう」
 でした。 イタリアの至宝。 現存する数少ない本物の“ファンタジスタ”。 10番というサッカー界に置いては特別な意味をもつ番号を正しく背負える人物。 生ける伝説。 現在のカルチョ界における僕の“なんてったってアイドル”は間違いなくデル・ピエロです。
 成田から飛び立ち、飛行機に揺られること約13時間。 到着したミラノ空港から車をぶっ飛ばして約2時間。 国境と大陸と七つの海を飛び越えてたどり着いた街、トリノ。 その距離が伸びれば伸びるほど、そしてその時間がかかれば、かかるほど、僕の中でのデル・ピエロ像は巨大化していったのです。
 先週のネドベドのインタビューを無事終えていよいよ、というタイミング。 僕らをフックアップしてくれたウイリーさんより残念なおしらせが、
 「もう彼は練習へ行ってしまいました」
 そうなんです。 ネドベドさんのインタビューが盛り上がった為、予定時間をオーバー。 既にチーム練習が始まろうとしているユベントス。 チームキャプテンであるデル・ピエロが遅れるわけにもいきません。 インタビューは無理か? 一瞬そんな空気がながれがっくりと肩を落とすガクエム氏。 しかしなんとかチーム広報と交渉。 予定をかえて練習後にリトライという方向にシフトチェンジできました。 なので試合直前(この週末の1月11日、アウエイでサンプドリアとの対戦)の最終練習を間近で観戦して待つことに。
 監督はリッピです。 目の前でトレセゲが走っています。 おお、ブッフォンが叫んでる。 喋ったばっかりのネドベドがアッピアとパス交換。 とにかくね、目の前で繰り広げられている光景、その一つ一つが夢のよう。 試合はテレビでみれても練習は非公開。 この風景を見ることができるのは選手、監督、そして現場のスタッフとユーベの警備員。 そして僕らだけでした。 至福の時間。 なんという幸運なのでしょう。
 この時のメニュー。 サイドからのセンタリングを執拗に確認。 実際の試合でもネドベドのアシストで決まった1点目は正にこの形。 ううむ、恐るべし。
 しかし気温は寒かった。 2度です2度。 吐く息は真っ白。 そんな僕らを気遣って声をかけてきた方がいました。
 「わるいなあ、練習の時間になってしまったからね。 もう少しだけまっててよ。 終わったらマッサージとシャワーを浴びる予定だけど、その前にやろうか。寒いでしょ」
 な、な、な、なんとデル・ピエロ氏。 僕ら取材チームのそばまで走ってやってきてそんな暖かいお言葉をかけてくれたのです。 これを感激と言わずなんともうしましょう。無理無理無理。
 そんなこんなで始まったインタビュー。 スクデッド、ビッグイヤー、怪我、リハビリ、トリノ、チーム、仲間、家族、契約、将来、夢。 思うことを気さくに語ってくれたデル・ピエロ。 その人柄にますます惚れ込みました。 印象的だったのは、
 「ユベントスでそのキャリアを終わりたい」
 と言っていたこと。 巨額な移籍金や年棒が話題になるセリエA。 解禁日になる度に選手の買い取りが話題に上る。 同じチームで長くプレーする大変さは素人目に見ても明らかで、この発言は実に重みがあった。
 昨日放送のスカパーチャンピオンズリーグハイライトプログラム欧州覇王ヨーロピアンキングス。 そのデル・ピエロのインタビューが放送されました。 練習の合間の貴重な時間を割いてくれたデル・ピエロ。 そしてネドベド。 その両氏に感謝。 チャンスをくれたスカパーのスタッフ。 そしてお留守番でがんばってくれた相方江川さん。 みなさん本当にありがとう。
 「ボナセーラ」
 てんぱった僕の開口一発目の一言はなんの機転もひねりもないイタリア語で、英語で言うところの”good evening”でした。 次こそもっと気の利いた言葉で挨拶するぞ。 しかしはたして次はあるのか? そしてユーベは今年のチャンピオンズリーグで優勝できるのか? その両方を心より望むガクエム氏でした。 チャオ!!

※このイタリア訪問は“仕事”なのです。 その模様は、スカイパーフェクTV!にてオンエア! 「UEFAチャンピオンズリーグハイライト」を要チェック! 毎週初回放送は木曜日ch.184、19:00〜20:00。 再放送予定はスカパーのホームページでチェックして下さいね。
 ちなみに再放送基本スケジュールはch184にて、月曜=8:00/20:00/25:00、火曜=7:00/19:00、水曜=8:00/25:00、木曜=7:00/25:00、金曜=8:00、土曜=7:00/19:00、日曜=8:00/25:00。 但し、チャンピオンズリーグ開催のある週は放送の無い時間もありますので、事前に必ず確認を。
photo from GAKU-MC すっかり緊張していてネドベド、そしてデル・ピエロとの2ショット写真は取り忘れました。 先週掲載した写真が唯一の写真です。 とほほ。
 気を取り直して。この方、スカパーでセリエAを観戦している人にはお馴染み。 ウイリーさん。 現地からの生電話は毎回迫力があって楽しいですね。 今回の旅のコーディネイトと通訳を御願いしました。 みんなのゴルフにハマッテいる彼。 ちなみに日本に住んでいた時に好きだったドラマは、“スクールウオーズ”。 まさかイタリア人(彼はハーフだけれど)から、「イソップー!!」と叫ばれるとは思ってもみなかった。

 はい、イタリア紀行3部作完結編をお送りしました。いかがでしたか? ウラヤマシくて涙出ました? 2ショット写真はないとのことで、ちょっと溜飲を下げたりする私は腹グロですか? セリエAではユベントスを応援していない私ですが、ウラヤマシいです(苦笑)。
 思えば、2002日韓W杯では、イタリア代表が札幌に上陸しましたね。 しゃにむに手に入れたチケットで、私も札幌ドームに駆け付けました。 GAKUさんもカテゴリーは違いましたが、その会場にいましたね。 デル・ピエロは残念ながら途中交代での出場でしたが、交代が告げられピッチサイドに彼の姿があらわれた時、場内が騒然としたのを覚えています。
 GAKUさん、もし万が一次に“スペインの至宝”にインタビューする事態が発生した場合は、お知らせを! 私がとっておきのスペイン語を伝授致しましょう…(嘘)、というかその際にはムリヤリついていきますけどね、通訳(役にはたたないこと間違いなし)兼荷物持ちでどうでしょう、ちやほやもしますから。
 それにしても、スクールウォーズ、イソップに反応できる方はオーバー30ではないかと…。 10代の子には何のことやら〜なのでは?どう?

 さて、GAKU-MCからのイタリア土産プレゼント、本日が応募締切です。 「現地でしか買えないサッカー雑誌」をなんと5名様にプレゼント。 1/9〜1/30の期間、ナラデワにメールを送っていただいた方の中から抽選で5名に差し上げます。 本日30日、午後23時59分着信までのメールが対象。 まだその期間にメールしてな〜いという方、至急ご応募を。
 メールの内容はどうぞご自由に。 ナラデワの感想、GAKU-MCへの応援メッセージ、GAKU-MCにこたえてもらいたい疑問、イタリア紀行に対する感想、EAST ENDの曲を聴いての感想など、お気軽に。 メールの宛先はコチラ(naradewa@gaku-mc.net)。 皆様からのたくさんのメッセージ、お待ちしております。

 さて、いきますポップに即答。 今週のメールは佳織さんから頂いたものをご紹介。
「EAST ENDのオフィシャルHPにうれしいお知らせが! 次のライブが決定!! その名も「Vitality」。タイトルだけで期待満々です。 辞書で引いたら、Vitality=生命力、活力、体力、活気、元気、 (言語などの)存続性、持続力。 そして、「生き(つづけ)る力」・・・・・まさにですね。 がんばってチケットとるぞ。 では、また!」

 即答 from GAKU-MC 「そうなんですよ、佳織さん。 久しぶりにライブやるのね。 対バンはお馴染み YOU THE ROCK☆と僕のソロでお馴染みのベーシスト宮沢くんもよくお手伝いしていた(今回はどうなんだ?)ババメニア。 それだけでもワクワクしますが、今回の場所、渋谷の元ON AIR EASTなんですねえ。 新しくなったON AIR、いったいどんなことになっているんだろう。 来れる方、よろしくどうぞ。」

 EAST ENDオフィシャルサイトはhttp://www.eastend-web.net/。 北海道在住ホッカイダーにはちょっと遠いところでのライブ出演になりますので、行くよ〜って人は少ないかな。 お近く在住の方などで行くよ!って方の参加表明お待ちしてますよ〜。

 皆様から頂いたメールはすべてGAKU-MC本人の元にお届けしています。
ナラデワ宛のメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)まで。 お待ちしております。

 ひっそりやっている珍獣罰ゲームのプレゼント。 GAKUさんのお土産抽選と同様に30日までにナラデワ宛に頂いたメールの中から抽選して1名様に「珍獣特製福袋」(要は販促物詰め合わせってこと)を差し上げます。 当選者の方には後日、オオタから住所など確認のためのメールを送りますからね。

 前GAKU-MC所属レーベル・ワーナーミュージックのプロモーター中村氏。 男子ながら甘いものに目がないとか。 そんな彼がお薦めのsweetsとともにコラム展開!
 ちょっと凄すぎるじゃないですか!GAKUさん、えっ!欧州最優秀選手ですよ!えっ!ネドベドですよ。サッカーをあまり知らない、興味が無いと言う方には何?ベッカムじゃないんでしょ、ロナウドじゃないんでしょ?って思うかもしれませんが、とにかく今まさに旬の選手。 ロナウドやジダンの超ド級スーパースターを抑えて年間欧州最優秀選手を獲った選手がネドベドなんです。 強豪国チェコはなぜか前回の日韓W杯に予選敗退、出場を逃したので、彼の雄姿は見れなかったわけですが、来ていたら必ず話題になっていた人です。そっそんな方とGAKUさんお話した?いやーすごい快挙ですよ。相当驚いています! ネドベド自信は遠い島国から来たGAKUさんをどう思ったのでしょうかね?今年驚いたランクNO.1ですよ、コレは。

 さて、先週に続いてあの“イカ羊かん”情報がまた届きました! 感動です!⇒【イカようかんの話がでていたので、メールさせてもらいます。私は札幌にすんでるんですけど、旅行と行ったり、函館に行くという人がいれば、いつもイカようかんをお土産にお願いします。見た目は、やたらリアルな茶色のイカ。ちょっと立派な箱に入れられた、大体20センチくらいお菓子です。 表面は普通のあんこ。 中はちょっとコーヒー風味のあんことお餅が入ってます。 ノコギリのようなプラスチックのナイフが入っていて、それで切って食べます。限定品なので、夕方とかには無くなってしまいます。非常においしいので、ゼヒゼヒ食べてみてもらいたいですね☆】
 という情報を頂きました、ありがとうございます。いやいやまさか“イカ羊かん”の話題でSWEETSコーナーが3週に渡るとは、あのおやじただ者ではないかも?というか、おやじから聞いたときには、正直食べたいとは思わなかったのですが、ちょっとこれは食べたくなってきましたよ。コーヒー風味のあんこ!これがきっと絶妙な味わいをかもし出しているに違いない!函館なんとしても行かねば・・・

※発見!http://yanagiya.cbiz.co.jp/index2.htm。 ぶはははは、思いっきり見た目がイカ〜。 ナカムラさん、これ通販可能のようですぜ。 山分けしますか?(笑)。 さぁ、みんなも試してみましょ〜!

 すっかりお馴染み、GAKU-MC北海道地区担当マネージャーとも言われる影の支配者(?)、その名は珍獣(女子)。 辛口トークは北海道の音楽業界では有名だとか…。
 ワーッツアーップ!珍獣なのだ。 本日心も浮かれています。 なんでって?あ、聞かれていなくても言います(笑)。 昨日まで忙しかった自分へのご褒美ととらえていますが、本日ソニーミュージック恒例の「スポーツDAY」なのであります。 何をするかというとですね。福利厚生の一環で1年に1回だけ「みんなでスポーツしてリフレッシュしなさーい!」と会社が費用を負担してくれて、いわゆる営業所全体でスポーツをするんです。 札幌営業所の今年の行き先は「定山渓」。 定山渓といえばGAKUさんも大好きな「温泉」であります。 スポーツ?しますよー。温泉にはつきものの「卓球」(笑)!
 もうかれこれ毎年いろんなところへ行って「スポーツ」してます。 まあついでに温泉も入っておきましょう。 まあこれもついでだからお酒もいっぱい飲んでおきましょう。 とまあいわゆるスポーツ付きの宴会ですな(笑)。
 道スポ太田女史もかつては参加していました、この「スポーツDAY」。 今まで数々のスポーツやりました。 体育館貸しきって、バレー、バスケ、ドッチボールetc。 元々スパルタの体育系の珍獣としては、「楽しんでスポーツをする」 という事はほぼ不可能であります。 どうしても「勝ち負け」「勝負!」…。 おおいにこだわります。 ある意味トラウマだなこりゃ(苦笑)。
 まあだんだん年をとるにつれ、スポーツよりは温泉楽しもうか、 パックもして角質もとってさー。酒飲もうよ飯食おうよ。
 おい!珍獣!と言われそうなのでこの辺にしておきます。 今日は仕事もはずみます。 温泉!いやスポーツがんばるぞ!っと。 本日以上。peace out。 (いやきのうまでほんと忙しかったんですよ)

 totoで大金ゲットして札幌ドームで草サッカーしようぜ!という企画。 しかし、一向に当たる気配なし。とほほぉ。
 始めて以来、ず〜っと赤字の「トトリマクリ」。 今季もやるんですか?GAKUさん。

 コラムのバックナンバー、オフィシャルサイトなどへのリンクはこちらからどうぞ。
【BACK NUMBER】
2000年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2001年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2002年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2003年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2004年
| 1月 |

【Link】
◎GAKU-MC オフィシャルサイト
 http://www.gaku-mc.net/

◎EAST END オフィシャルサイト
 http://www.eastend-web.net/

◎ユニバーサルミュージック内 EAST ENDオフィシャルサイト
 http://www.universal-music.co.jp/eastend/index.html

◎2000年5月30日 札幌ライブ(ペニーレーン24)
◎2000年8月25日 “MOVE THE CROWD”大作戦(CLUB MIRROR)
◎うかれまくりのオーストラリア旅行の写真
◎2002年2月24日 アミューズスクエア1日店長の巻
◎2002年9月29日 お疲れさまGAKU-MC 2002年9月29日の模様

mail
え〜っと、北広島の3to4君。
“珍獣さんやオオタさんは自分の中ではよく風邪を引いてらっしゃるイメージが有ります”
オオタはそんなことないんですが、このメールを読んでからちょっと不調ですよ。
昨日の深夜に自宅のヒーターもぶっ壊れましたよ。
なにか呪いのかけられたメールですか?(笑)。
そして、珍獣が風邪っぽくてもだまされてはいけません。
それは未確認のウィルスの可能性が大ですからね。要注意です。

このサイト担当・太田へのメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)へどうぞ

GAKU-MC『ナラデワ』 mail
メールお待ちしております!