photo ナラデワ
GAKU-MC
GAKU-MC Web SITE for Hokkaido[NARADEWA]

『バチーンと決めろ』
(2004.2.20更新)
毎週金曜日午後3時頃更新します

 「そうっちはどう? もう来た?」
 「いやまだだ。そっちは?」
 「来た…と思う。一昨日あたりに。ついにね」
 なんて会話がちらほらと聞こえてきてます。 そうです、来ましたね。 先週の土曜日、春一番が吹き荒れた東京の街。 朝からいい感じで晴れていてピッチはいい感じの芝生で(スイマセン、またサッカーやってました)、それでもって体調もよくってダッシュでドリブル。 午前中までは。
 午後からがひどかった。 突然吹き荒れた風。 埃が舞って目が開けられなくなって、立ち止まる。
 「こりゃあとんでもないことになるかも…」
 案の定です。走り疲れての筋肉痛、全力ダッシュによる肺のつらさ。そんなもんよりも辛いのがこれですね。
 花粉症
 今年は遅いな〜と思っていたんだけど、やっぱり登場。 呼んでねえ、っつうのによう。 目と鼻にすこぉし来ています。 顔のひりひり感、鼻水、耳の奥の痒み、喉のイガイガ、くしゃみetc。 どうすればいいだい。 聞くところによると乾燥がとってもイケナイらしいです。 なので僕の部屋は加湿器がフル稼働。 どうにかならんもんですかね、しかし。
 今年覚えた新技があるんです。 鼻のかみかた。続に言う“手鼻”ってヤツです。
 “鼻汁をかむのに、手で鼻をつまみ、強い鼻息で鼻汁を吹き出すこと。また手や指先で鼻汁を拭い去ること”。
 こんな感じで辞書にのってましたが、それです。 今まではねえ、やったこと無かったです。 おっさんくせえなあ、と思っていたし。 しかししかししかし。 柔らかい素材のテッシュペーパーだって使いすぎれば鼻は相当ひりひりくるし、足りないし。
 そんなことを思っていたらこの間のサッカー日本代表戦。 三都主が試合中にバチーン、と決めてました、 手鼻を。 そう言えばサッカー選手、試合中ボールがピッチの外に出てゲームが止まると、時々やっていますね。 日本人選手はあんまり見ないけど、海外の選手は良くやっています。
 印象深いのはポルトガル代表のフィーゴ。 あの鷲っ鼻から繰り出されるハナミズは初速30キロは出てるんじゃないかという勢いで飛び出してました(ウチにあるビデオで思わず確認してしまった)。
 まずは親指を片方の鼻の穴にあてがい口を閉じて準備完了。 せーので気合いを入れて一気にかみましょう。 この時注意することは飛び出してくるハナミズが自分にかからないようにすること。 僕はまだ初心者なのでよくジャージや短パン、もしくはスニーカーに直撃して悲しい思いをしています。 飛び方もまだまだ僕のは甘いです。 一発で上手く出なかったり、方向が定まらなかったり。 早いところフィーゴのレベルまで到達したいころ。
 それでも効果は抜群。 鼻の中にたまった物質が一気に除去され新鮮な酸素がやって来ます。 目のショボショボ感はアイモカワラズ続くけれど鼻が通っただけでもスバラシイ。 薬や注射に頼るのも良いけれど、なんだかやっぱり抵抗あるし、そんな時は家の周りを30分ぐらい走って、それでもって手鼻をバチーンと決めましょう。
 そう言えば花粉症。 重傷な時のライブは最高に辛いです。 リハーサルでは声すらちゃんと出せません。 ハナミズは出っぱなしで息継ぎも上手いこと出来ません。 ところが不思議な事に本番では必ずなりをひそめるんですねえ。 ピタっと止まる花粉症。 これはなぜだ? もちろんライブ終了後またいつものように猛威を振るって再登場するのですが………
 結局は緊張感ということろなのでしょうか?! 誰かおしえて!!

http://www.kafun-info.jp/

こんなサイトがありました。お悩みのみなさん。一度チェックしてみては。
【何をキメるのかと思ったら】
 まだまだアマです、私。 今週のGAKU-MCは、サッカーの代表戦か、フットサルで“活躍”した話しだと思っていました。 だから、「バチーンと決めろ」というタイトルからは豪快なシュートでも決めたのか?と思ってしまいましたよ、なのに“手鼻”。 よりによって“手鼻”。
 常々感じていたことなのですが、確かに諸外国のリーグを見ていると、手鼻をかんでいる選手が多いです。 でも、ピッチの中で芝の上に噴射すると、後にスライディングした時に噴射物がベチャッ…という事態にならんのか?と、余計な心配をしておりました。 どうなんでしょう。
 そして、花粉症。 私はその症状に見舞われたことはありませんので、その辛さはわかりません。 北海道だと杉花粉よりも、白樺の花粉にやられる人が多いようですね。 いつ発症するかわからないですが、その時のためにも“これ症状軽減にグーッ”というお話がありましたら、どうぞ教えてくださいね。

 さ〜ていきます。ポップに即答。 今週はこちら。
「GAKUサン。『バレンタイン・2004』はいかがでしたか? 公園に呼び出されて告白されちゃいましたか? 私のバレンタインは…チョコを渡す気満々だった本命に いつの間にか彼女ができてたっつ〜オチでした。 あまりにも幸せそぉで…結局渡せず…よくある話しです。かね? 油断禁物。またまた学習いたしました。」

 即答 from GAKU-MC 「豊島区美由紀ちゃん、残念。思った瞬間に行動に移すべし。 恋愛もサッカーと一緒です。 一瞬の迷いのお陰でボールは簡単に相手ディフェンダーにカットされてしまいます。 手数をかけずシンプルに相手ゴールへと向かいましょう。 が、しかし。試合中は笛が鳴るまではプレーオン。 サイドを切り崩し、しつこくセンタリングを上げましょう。 必ず一度や二度の好機は訪れます。 その時にバシッと決めましょう。 引いた相手を落とすにはカウンターが有効です。 守りの時間帯をきっちり守り、ここぞのタイミングで集中して攻撃。 さあさあさあ、ゲームセットまではネバーギブアップ。でしょ?」

 美由紀さん、バレンタイン話ありがとう。 残念でしたね…。 GAKUさんの恋のアドバイス(?)を参考に、次こそは!

 ナラデワでは皆様からのメールを首をなが〜くして、心からお持ちしております。 皆様から頂いたメールはすべてGAKU-MC本人の元にお届けしています。
ナラデワ宛のメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)まで。 お待ちしております。
 最近ちょっとリアクションが減少傾向…。 みんな!気付いたちょっとしたことや、叱咤激励のメール待っていますからね!

あ〜、全然ナラデワに関係ないんですけど、書いていいですか?祝・中村俊輔入籍。いや、ほんと目出たい。どうぞお幸せに〜。

 前GAKU-MC所属レーベル・ワーナーミュージックのプロモーター中村氏。 男子ながら甘いものに目がないとか。 そんな彼がお薦めのsweetsとともにコラム展開!
 プロモーター活動最大のピンチでしたよ。 月曜日から腹痛に襲われダウン。 病院で「急性胃腸炎です。時間大丈夫でしたら、2、3日入院して下さい」。 え〜っ、明日からキャンペーン3連発、しかも親愛なる浅田信一のキャンペーンが翌日に! どーする中村、ピンチッ! 休むわけにはいきません。
 大至急点滴を受け、火曜日は大人しく休み、あとはアレが止まるのをひたすら祈りました。 そしたらキャンペーン当日の朝からぴたっと止まり、なんとか乗り切れたんです。 いや〜、危ない危ない。

 危ないと言えばドイツW杯予選のオマーン戦ですが、ここにもいましたサッカーマニア。 浅田信一はビデオ予約してきたそうですが、東京に戻るのは20日金曜の夜。 それまで情報をシャットアウトするのは無理ですよ浅田さん。 案の定、試合終了1時間後の移動中のタクシーでラジオが「日本辛勝1−0」。 あっけなく分かってしまいました、チャンチャン。 まぁ、ボクも同じですけどね。
 さて、風邪をひいたり、体調が悪い時に無性に食べたくなるデザートってないですか? ボクはミカンの缶詰です。 でも量が多いので、コンビニとかで売っているたらみのミカンどっさり?とかが食べたくなりますね〜。 今回も回復に向かい始めたら、食べたい!と思い購入しました。 ということで、今週のSWEETSは体調の悪い時に食べたくなるSWEETSでした!

 すっかりお馴染み、GAKU-MC北海道地区担当マネージャーとも言われる影の支配者(?)、その名は珍獣(女子)。 辛口トークは北海道の音楽業界では有名だとか…。
  ワーッツアーップ!珍獣なのだ。 先週の原稿で「教えてあげてもよくってですよ」ってところを太字にしないで下さい、道スポ太田女史(笑)。 超がつくくらい私が中村さんに偉そうな物言いをしてるみたいじゃないですか。 まあいいですけど(笑)。
 GAKUさんもワーナー中村氏も本日の原稿内容で、絶対触れていると確信している「サッカー日本代表VSオマーン」W杯予選ですよ。 珍獣はちょうどノースウェーブにて、後半戦を「盗み見る」事が出来ました。 何故「盗み見る」なのかというと、仕事中だったからです。
 1月からノースウェーブにてレギュラー番組「密会レディオ」を開始した、「サンタラ」という二人組の生放送の日だったのです。 ちょうどその後半戦スタートと共に、選曲、メールチェック、打ち合わせ等をばりばりやる時間帯だったのであります。 メンバーと共に「この曲いいよねー」なんて言いながら、不自然な程視線を泳がせて、実はノースウェーブのテレビの画面を盗み見してました。
 ひときわテレビの中の歓声が大きくなると、途端に挙動不審な人になったりしながら。 視線は我らが高原選手を追いかけていたのですが、久しぶりに見た高原選手は珍獣が大好きな坊主頭ではなくて、ちょっと好き度半減です。勝手ですんません。 まあ珍獣のようなにわかサッカーファンから見ると、今回の試合は「勝てて良かったね」 てな感じでしょうか。勝ち方はそりゃあかっこいい方がいいでしょうが、勝ちは勝ちだと思いますしね。是非がんばって欲しいものです。
 さてさて、かなりのサッカーマニアのお二人はどう見るのか!? 本日以上。peace out。

 totoで大金ゲットして札幌ドームで草サッカーしようぜ!という企画。 しかし、一向に当たる気配なし。とほほぉ。
 始めて以来、ず〜っと赤字の「トトリマクリ」。 今季もやるんですか?GAKUさん。

 コラムのバックナンバー、オフィシャルサイトなどへのリンクはこちらからどうぞ。
【BACK NUMBER】
2000年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2001年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2002年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2003年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2004年
| 1月 | 2月 |

【Link】
◎GAKU-MC オフィシャルサイト
 http://www.gaku-mc.net/

◎EAST END オフィシャルサイト
 http://www.eastend-web.net/

◎ユニバーサルミュージック内 EAST ENDオフィシャルサイト
 http://www.universal-music.co.jp/eastend/index.html

◎2000年5月30日 札幌ライブ(ペニーレーン24)
◎2000年8月25日 “MOVE THE CROWD”大作戦(CLUB MIRROR)
◎うかれまくりのオーストラリア旅行の写真
◎2002年2月24日 アミューズスクエア1日店長の巻
◎2002年9月29日 お疲れさまGAKU-MC 2002年9月29日の模様

mail
中村氏…そんなことになっていたとは、昨日の夜に
某ライブ現場でお会いしましたが、ま〜ったく気付きませんでしたよ。
そんで珍獣、GAKUさんは見事にコラムでは代表戦話はスルーでした。
我らもまだまだじゃのう…。

このサイト担当・太田へのメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)へどうぞ

GAKU-MC『ナラデワ』 mail
メールお待ちしております!