photo ナラデワ
GAKU-MC
GAKU-MC Web SITE for Hokkaido[NARADEWA]

『アレがあるから今がある』
(2004.3.26更新)
毎週金曜日午後3時頃更新します

 最初のお客さん、2名でした。
 これ本当の話。 EASTENDが90年に結成し、はじめてのライブ。 イベントだったので他の出演者もいたのに、です。 そのメンツ、世界のDJ HONDA、我らが兄貴、男気のDJKRUSH、レゲエ代表boy ken、渋谷カリスマmuro、泣く子も黙らすgangsta-DX、他今考えるとかなり豪華な共演者陣だったのに、です。 忘れもしません。浜松町、クラブワルシャワ、東京なのに、です。 控え室のほうがフロアーより混んでました、マジで。 しかもその二人のお客さん、完全に、
 「なんかわたし、行くべきお店間違えみたい」
 なんつー態度で僕らを見てらっしゃいました。
 「ラップって何よ」
 なんて今にも言いそう。 そんな感じのOLのおねーさん。 細めのメンソールの煙りをくゆさせながら足を組み、ワンレン(古〜)の髪をなびかせながら僕らのつたないセイホーをバッチリシカトレスポンス。 ははは。懐かしい。ガクエム氏、19才の初夏。 今から約14年前ですね。若けえ。
 その後も数々の“厳しいライブ”を経験しました。 バブルガムの前座時代、僕らのステージの後ろには確実に緞帳が降りてました(幕のことね)。 お陰で僕らの演奏スペースは前後1メートルとかもありゃしない。 すっげえ細いスペースでのパフォーマンス。 ロックとヨギーのDJセットの前に立つともうステージのへりですから。 あんまり激しく動くと踏み外す危険、大でした。
 ある程度成績を出していた、プラスYURI時代。 それだって悲しいライブ、星の数ほどやってます。紅白にでた年の仕事始め。 なんと競馬場のパドックでライブをやりました。 僕らの横をこれから走る競走馬が歩いていました。 ほのかに香るホースシットの懐かしい感じ。
 「チェケラ〜」
 なんて気合い入れて叫んでもネエ。
 室内プールってのもキツかった。 今はもうないワイルドブルー横浜の離れ小島の上に創った特設ステージ。 真冬のライブでうっかり会場のことを考えずダウンを着て家を出たんです。 着替え忘れてました。 30℃に保たれた会場でダウンです。 もうダウンです。 汗かきまくりです。 ダウンです。 がはは。痩せたね、あの日ばっかりは。
 最高にきつかったのは、そして意味が分からなかったのは、新潟のプール(やっぱり音楽とプールは合わねえなあ)、夏のイベント。 多分96年ぐらいのことです。 ダンサーにはリップのSUがいたはずです。 マネージャーはアナゴ(サザエさんの登場人物アナゴさんに似ていた為ついたあだ名)だったはずです。 天候は晴れていたはずです(途中で雨がふってきた気もします)。 とにかく僕のプロフェッショナル経験の中でも“厳しいライブベスト1”に余裕でランクインでした(覚えている限りで)。 だってそのプール、
 「流れるプール」
 だったのですから。 これがどういうことかおわかりでしょうか?! 僕らはプールサイドの特設ステージです。 お客さんはプールの中です。 唄います。お客さん、盛り上がります。僕は叫びます、  「セイホー」
   お客さんはレスポンスします。しようとします。さあ、さあ、さあ。
 「流されていねえじゃん」
 僕が一生懸命唄います。 一番は聞けてもサビを唄っている頃には遙か彼方。 ナイスなトークもオチを聞くことは出来ません。 なんてったって流されていますから。 ちょっとだけ回転寿司の寿司の気持ちがわかりました。 いやむしろ自分だけは流されていないガリの気分がわかりました(なんだそりゃ)。 結局僕らのラップを頭からケツまで聴けたのは非常に小さな海パンを食い込ませた監視員のオニーサンだけです。どうだ コノヤロー。
 ということで今日です。 初心を忘れては行けません。 アレがあるから今がある。 どんな場所でだってロックする。 そんなかっちいいオッサンになりたいもんです。 是非みなさんの“アレがあるから今がある”体験談、聞かせてください。 昨日の君が明日の君を創るのです。でしょ? ということで本日はこのへんで。ペィース!!!

 
【GAKU-MCからお題提出です】
 あなたの“アレがあるから今がある”募集。 後悔しない人なんていないし、できれば辛い経験はしたくない。 でも、それがあるから今の自分があると考えれば、人生そうすてたもんじゃないと思えることもあるもんです(ほんとか?)。 あなたの人生振り返ってみて、見つけてください“アレがあるから今がある”。 ご報告お待ちしております。

 それにしても流れるプールね…。 爆笑問題も流れるプールで営業したことあるってテレビで言ってたような気が。 オチの聞けない漫才ってのもすごくイヤだ(笑)。

 はい、いきますポップに即答。 今週のメールはコチラ。
「先週健康診断の話しがでましたが、今わたくし禁煙ならぬ絶煙真っ只中です。 そんな中『Beginning of the END』をたまたま聴いたら最後に流れてきたのが「SUI-TIME」。 この歌があたしにとってツライのなんのって!最後まで聴けずとめてしまいました(笑)。 あの歌では「僕にはできない 禁煙」って言ってますけどGAKUさん何年か前に絶煙成功されてますよね? どうやって成功したんですか〜?教えてくださいっ!」
とのメールを頂きました、ふぶきさんありがとう。

このメールに即答from GAKU-MC
『禁煙成功者です、僕はね。 はっはっは。 結構吸ってましたけどね。 あんなもんやめようと思ったらいつだってやめられちゃうのです。 なんてったって僕はパーフェクトですから。 お酒飲んだって、カツ丼食べたあとだって、素敵なあの子としっぽり決めたあとだって(失礼)、ないならないで問題ないです。
 とはいえそう思えるようになるまで(やっぱり)膨大な時間がかかったのはウソ偽りのない事実です。がはは。若かったぜい。結局タバコを買うのをやめたってもらいタバコしてを吸うし、シケモクも吸うし、イライラするし。
 最終的には本を読みました。 がっちり読みました。タイトルは忘れたけれど内容は次のようなもの。
 “タバコをすうと実はこんなに体にわるい&くさい”
 マイニチ読みました。ひたすら読みました。そうしたらね、吸う気になれない体になりました。なんてったって僕は影響受けやすいタイプですから。今はもう、ただただ大嫌いです(爆笑)。
 ということでご飯が美味しいです。 お水もおいしいです。 空気すら美味しいです。さあさあさあ、深呼吸です。ふぶきさん、どうでしょう?! お試しアレ』


 嫌煙ムードの世の中で、最近は肩身の狭い思いをしている喫煙者の皆さんも多いのではないでしょうか。 わたくし、オオタも禁煙成功者でございます〜、お〜ほっほっほっほ。 ちょっと前まで多い時では1日2箱3箱余裕で消費しておりました。
 成功の秘けつ…なんてもんは実はありません。 ある日からタバコがおいしくなくなっただけです。 前は「ウマい!」と思って吸っていたものが「マズ〜、煙りの味しかしな〜い」となってしまったのです。 原因は不明。ラッキーでございます、私。
 タバコを止めると、匂いに敏感になりました。 喫煙者は吸っていなくても煙りの匂いします。 体臭のきついオジサマが地下鉄で急接近しようもんなら、かなりキツいです(苦笑)けど。
 ふぶきさん、そして禁煙したいなぁ〜と思っているみなさん、GAKUさんのように本を読んでみるのもいいのではないでしょうかね。 そして喫煙者の皆さん。 タバコを吸うことは自分の意思ですることですし、別に悪いことではないと私は思います。 吸う権利もあれば、吸わない権利もある。 お互いに尊重しあっていきましょう。

 ナラデワでは皆様からのメールを、心からお持ちしております。 皆様から頂いたメールはすべてGAKU-MC本人の元にお届けしています。
ナラデワ宛のメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)まで。 お待ちしております。

 前GAKU-MC所属レーベル・ワーナーミュージックのプロモーター中村氏。 男子ながら甘いものに目がないとか。 そんな彼がお薦めのsweetsとともにコラム展開!
 先週末、悲しい知らせが届きましたね。 ドリフのいかりや長介さんのニュース。 いやードリフ世代のわれら夫婦は思わず「あー」と声をあげてしまいました。
 8時だよ全員集合!が始まった年に生まれた我々にとって、気がついた時にはドリフに夢中になり、笑いの基礎?を学んで育ったものです。 ここ数年は俳優として渋い演技を見せていた長さん、はっきり言って、決して男前という顔ではないのに、年を増すごとにカッコよくなっていく姿に、あんなおっさんになれたらな〜と思っておりました。 ワイドショーから知らされる後日談的、長さんのまじめな人柄、ストイックさが渋さを際立たせていったのでしょうか。いやー本当に残念でが、本当にお疲れ様ですよね。

 去るものあれば新たな命も生まれます。 ちょっと強引ですが、札幌円山動物園のしろくまに赤ちゃんが誕生したということで、先週末札幌に来て4年ちょっとではじめて動物園に足を運びました。 当日はまだ雪が降っていたので、思ったほどの人だかりも無く、もう、赤ちゃんしろくまくんに釘付けになってしまいました。
 とにかく動き回っています。 雪の坂道をうまく滑ることを覚えると、楽しいようで何度も何度も滑っていましたね。 散々遊んで突然、雪山の上でバタンキュー、寝初めてお母さんくまも呆れ顔。 こんな情景を見ていたら足の先が冷え切っていました。 1時間以上見入ってましたから。
 子供は本当に面白いものですよね。ちなみに白熊にはちょっと思い入れがありまして…実は幼少期になんと、しろくまのぬいぐるみを抱いて寝ていたんですよ、わたくし。 名前は「チッポちゃん」。 いつも持ち歩いていたらしく、最終的にはしろくまでなく、くろ熊になって、わき腹から何か出ていました(ハハハ)。
 札幌の皆さん、溝に積もった雪が溶けきってしまうと、赤ちゃん落下防止のため、一時公開が中止されてしまうそうなので、今のうちですよ!これだけで価値あり!

 さて、今週のSWEETSは北海道のお土産にはコレ!という一品をご紹介したいと思います。 SWEETSの枠外かもしれませんが、これはぜひご紹介したい。 北海道限定 カルビーの“じゃがポックル”。
 フライドポテトを乾燥させたようなお菓子で、すごく軽い歯ざわり、サクサク感がたまりません。 味も油っこくなくて素朴な感じなので、もうひとつ、ふたつ…あと1本と止まらなくなります。 実は以前にどこかのおうちで出され感動したのですが、今回うちのオフィスの増田さんが骨折退院の際に持参してきてくれて、オフィスでも絶賛の嵐。 思い出させてくれました。 絶対、これは喜ばれます、アナタのポイントUP間違い無しの商品ですよ!!

 すっかりお馴染み、GAKU-MC北海道地区担当マネージャーとも言われる影の支配者(?)、その名は珍獣(女子)。 辛口トークは北海道の音楽業界では有名だとか…。
 ワーッツアーップ!珍獣なのだ。 きのうから全国会議の為東京出張中です。 本日戻ってくるはずです(笑)「はず」って何だ!?

 今週は珍獣人生で、また違った意味での緊張の連続であったキャンペーンがありました。 その名はマーチンことリーダーこと「鈴木雅之」氏。 実に4年ぶりとなる札幌キャンペーンを行いました。
 お会いした事はあっても、札幌でご一緒に仕事をしたことがなかったリーダー。 シャネルズ、そしてラッツ&スターと、まさに珍獣がテレビやあらゆるところで見ていたご本人であります。 実に来年で歌い続けて25年目に突入するリーダー。 まさにその貫禄たるや、とても言葉では言い表せません。 日曜日から今週の月曜、火曜と札幌にて珍獣のいつも「鬼」と言われてやまない(!)スケジュールにも文句どころか全てのインタビュー、取材、はたまた立ち振る舞いひとつとっても逆に珍獣が勉強させて頂く事ばかり。
 北海道限定のサッポロビールから出ている「リボンナポリン」の「ナポリン」は何故ナポリンなのか? という疑問を持たれそれを解決するという非常に「トリビア」的な楽しい一面もあり。 最終日のゲストイン時にはその「リボンナポリン」を持って、DJの方と「ナポリン」トーク。 笑いも常に忘れない楽しい方です。 そしてご存知!本当に体中から「フェロモン」があふれ出している方、「だからあのラブソングを歌えるのだ」と心から納得。 リーダー。本当に勉強させて頂きました。

 おまけ。GAKUさんが一生頭が上がらないとおっしゃっている「MR・ヨシオ・サトウ」氏は、何を隠そうそのラッツ&スターの名バリトン佐藤氏の事であります。 EAST×END、RIP SLYME、ゴスペラーズを輩出した名門レーベル「ファイルレコード」の社長さんでもあります。 今回のリーダーのレコーディングにはMR・佐藤氏もいらしたそうですよ。

 本日以上。peace out。

 totoで大金ゲットして札幌ドームで草サッカーしようぜ!という企画。 しかし、一向に当たる気配なし。とほほぉ。
 今年もやるよ、やるんです。「トトリマクリ」。 ちなみに下の写真はGAKUさんが今年1月のイタリアストリップ中に購入した現地のトト(ちょっとピンぼけ)。 当たってないし…縁起悪っ。

 コラムのバックナンバー、オフィシャルサイトなどへのリンクはこちらからどうぞ。
【BACK NUMBER】
2000年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2001年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2002年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2003年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2004年
| 1月 | 2月 | 3月 |

【Link】
◎GAKU-MC オフィシャルサイト
 http://www.gaku-mc.net/

◎EAST END オフィシャルサイト
 http://www.eastend-web.net/

◎ユニバーサルミュージック内 EAST ENDオフィシャルサイト
 http://www.universal-music.co.jp/eastend/index.html

◎2000年5月30日 札幌ライブ(ペニーレーン24)
◎2000年8月25日 “MOVE THE CROWD”大作戦(CLUB MIRROR)
◎うかれまくりのオーストラリア旅行の写真
◎2002年2月24日 アミューズスクエア1日店長の巻
◎2002年9月29日 お疲れさまGAKU-MC 2002年9月29日の模様

mail
ナカムラ氏が「チッポちゃん」なら私は羊の「メリーちゃん」でした。
誰にでもそういうのってあるんですかね〜

そして業務連絡、「クニ!最近感想が滞ってますよ!」

このサイト担当・太田へのメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)へどうぞ

GAKU-MC『ナラデワ』 mail
メールお待ちしております!