photo ナラデワ
GAKU-MC
GAKU-MC Web SITE for Hokkaido[NARADEWA]

『アテネへの道』
(2004.4.30更新)
毎週金曜日午後3時頃更新します

 見事です。快勝というしかないでしょう。八年ぶり二度目のオリンピック出場権を手に入れた女子日本代表。みなさんは見ましたか?
 コラムを担当するフッティバル
 http://www.sonymagazines.jp/mag/footival.html
 稲本選手が表紙の6月号で僕が選んだ取材対象は女子日本代表メンバー。 日テレ・ベレーザの小野寺選手、そして酒井選手でした。 取材ではこの北朝鮮戦がいかに大切な試合なのか、二人が共に熱く語ってくれました。オリンピックの出場権はもちろん、その出場権を手に入れるか入れないかでその後のリーグ全体の流れが左右する、まさに分岐点であると。
 国立は3万を越えるサポーターが集結。 真っ青に染まったスタンドはあの2002年を強く僕らに思い出させてくれました。 僕も友人と観戦。 試合前から応援団のイキのいい合唱が鳴り響き興奮は最高潮。 アップをする小野寺選手と酒井選手を見つけるとなんだか他人事ではありませんでした。
 スタメンに起用された酒井選手の活躍はご存じの通り。 中盤を縦横無尽に駆けめぐり裏の司令塔として澤選手をバックアップ。 豊富な運動量で相手の裏に出したパスの数々に僕らは歓喜の声を上げました。
 経験豊富な小野寺選手。 タイ戦で見せた安定感はさすがなモノです。 この試合はベンチからのサポートでしたが、試合後の嬉しそうな顔が凄く印象的でした。
 結果は3対0。最高です。最高です。
 小野寺選手、酒井選手、お疲れさまでした。 そして代表メンバーの皆さん、おめでとうございます。アテネでの活躍、期待しています。
 さてさて、もうこうなったら我々もアテネに行くしかないでしょう。 青いシャツに着替えて飛行機に乗るしかないでしょう。 ポケットにパスポートと換えのコンタクトを忍ばせてリュック一つで旅に出るとしましょううよ。 シドニーオリンピックの経験でわかります。 現地での観戦はさらに最高です。 女子日本代表、見に行こうぜ。行きてえなあ。誰か行かしてくれねえかなあ。

P.S. 先週のナラデワ。沢山の人々が熱いメッセージを寄せてくれました。 正直そのリアクションの早さに驚きました。 ありがとう。 出来ることを探す。 僕らにできることは沢山あるはずです。


【8月、アテネで】
 ひとつつっこんでいいですか? GAKUさん、“もうこうなったら我々もアテネに行くしかないでしょう”なんて書いてくるから、今回も行くのか!?と思ったら、“誰か行かしてくれねえかなあ”ですか。面白過ぎますから。
 確かに、あの女子サッカー五輪予選の北朝鮮戦を見てしまったら、五輪も行って応援したいっと思うでしょうね。 とても、とても気持ちのこもった良い試合だったと思います。 私生活で苦労があっても「でも、サッカーが好きなんです」と言い切れる彼女たちを、ちょっとうらやましく思ってしまいました。 本大会でも頑張って、悔いのないゲームができますように。

 はいっ、いきますよ、ポップに即答。 今週はコチラ。
「最近、「気になる人ができた」とフラれてブロークンハートなわけですが…。 ガクさんは今まで付き合ってきて未練とゆーものはどうやって解決してますか? 自分は今までの経験の中では大抵相手のことがムカついたり他に気になる人ができたりしてたんですが、今回ばかりは相手が結婚しようが何しようが嫌いにはなれません(笑)まあ時間が解決するとはよく言いますが…。 つまりはあきらめきれないわけです。 でもこのままじゃ成長しないだろうし自分が自分じゃなくなります。どうか俺に喝を入れてください!お願いします!!」
 件名「もぐり」、差出人不明で頂きました。誰だ?ありがとうね。

このメールに即答from GAKU-MC
『腹筋です。 未練と思い出は朝晩の腹筋で筋肉に代えましょう。 たるんだお腹に筋肉が浮かび上がってくるころ、アナタはもう自分をおいて去っていったクソ女のことは忘れています。 そんなもんです。 時間が解決ではなく、筋肉が解決です。 ボディービルダーの八割はそうして体を鍛えています。これ本当。』

 えっ…ボディービルダーの八割が“未練と思い出は朝晩の腹筋で筋肉に代え”ていると? うそぉ。
 失恋を筋肉に、だそうですよ。 どうですか? やってみますか?

 ナラデワでは皆様からのメールを、心からお持ちしております。 皆様から頂いたメールはすべてGAKU-MC本人の元にお届けしています。
ナラデワ宛のメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)まで。 お待ちしております。

 前GAKU-MC所属レーベル・ワーナーミュージックのプロモーター中村氏。 男子ながら甘いものに目がないとか。 そんな彼がお薦めのsweetsとともにコラム展開!
今週の中村コラムは、お仕事の都合によりお休み致します。 決してゴールデンウィークだからってわけではなく、仕事のため。 北海道の某地で仕事に勤しんでいるはず、ね、中村さん。 次週の報告をどうぞお楽しみに。

 すっかりお馴染み、GAKU-MC北海道地区担当マネージャーとも言われる影の支配者(?)、その名は珍獣(女子)。 辛口トークは北海道の音楽業界では有名だとか…。
 ワーッツアーップ!珍獣なのだ。 嬉しいGW突入。 かくゆう珍獣もきのうから4日までお休みでっす!狂喜乱舞! 道スポ太田女史すまん!(このサイトが更新されるということはお仕事だものね)
 といっても優雅に旅行なんぞって事はなく、今回のお休みでは2歳4ヶ月になる姪っ子の子守がメイン。 事情があってお休みをほぼこの姪っ子と過ごします。 でももう赤ちゃんという程じゃなし(おむつはとれていませんが)、ある程度の言語はあやつるし、楽勝じゃーん!とお思いのあなた。甘いね。2歳4ヶ月をあなどることなかれ。
 人間の人格は3歳までにほぼ形成すると言われている通り、見るもの触るもの傷つけこそしませんが常に好奇心旺盛。 好きか嫌いかいいか悪いか、その判断が間違っているとか正しいとかの前にとにかく自己主張は立派にします。 言語をこのくらいの年齢の子は何百という単位で日々頭にインプットしていくらしく、その日覚えた言葉はすぐに使い出す。 しかも珍獣のことを同じ年の友達というよりは、「舎弟」と思っているらしく主導権は絶対に自分。 珍獣の友達をも自分の舎弟1・2だとも思ってます。
「珍獣どうしたんだい」(←なぜか「おまえさん」口調で話す)
「珍獣〜だめでしょー」
「珍獣〜やってごらん」ect。
 まるでスポンジのように世の中すべてのことを、ぐんぐん吸収していきます。 天使?いやいや悪魔も同居してますって(笑)。 しかもうそ泣きをたくみに使い、気をひいたりもする。 怒ると暴れるし。 一番すごいと思うのが、全てに全身全霊でぶつかってこないというか「適当」とか「うそ」をすぐ見破る!
 いやはや勉強になります。 こうなったら全身全霊で2歳4ヶ月と遊んでやる!と誓った珍獣なのでありました。遊ばれてるといううわさもありますけど。 あ。恒例の温泉通いもやりますけどね。 皆さんもよいお休みを! 本日以上。peace out。

 totoで大金ゲットして札幌ドームで草サッカーしようぜ!という企画。 しかし、一向に当たる気配なし。とほほぉ。
 今年もやるよ、やるんです。「トトリマクリ」。 ちなみに下の写真はGAKUさんが今年1月のイタリアストリップ中に購入した現地のトト(ちょっとピンぼけ)。 当たってないし…縁起悪っ。

 コラムのバックナンバー、オフィシャルサイトなどへのリンクはこちらからどうぞ。
【BACK NUMBER】
2000年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2001年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2002年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2003年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2004年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 |

【Link】
◎GAKU-MC オフィシャルサイト
 http://www.gaku-mc.net/

◎EAST END オフィシャルサイト
 http://www.eastend-web.net/

◎ユニバーサルミュージック内 EAST ENDオフィシャルサイト
 http://www.universal-music.co.jp/eastend/index.html

◎2000年5月30日 札幌ライブ(ペニーレーン24)
◎2000年8月25日 “MOVE THE CROWD”大作戦(CLUB MIRROR)
◎うかれまくりのオーストラリア旅行の写真
◎2002年2月24日 アミューズスクエア1日店長の巻
◎2002年9月29日 お疲れさまGAKU-MC 2002年9月29日の模様

mail
天気いいねぇ…(遠い目)

このサイト担当・太田へのメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)へどうぞ

GAKU-MC『ナラデワ』 mail
メールお待ちしております!