photo ナラデワ
GAKU-MC
GAKU-MC Web SITE for Hokkaido[NARADEWA]

『再会』
(2004.7.2更新)
毎週金曜日午後3時頃更新します

 「ワッツアップガクー!!!」
 この人の挨拶はいつも元気でにこやか。 周りのスタッフたちも本当に人のいい連中ばかり。 やはり人柄って大切です。 久しぶりに会いました。 最後にあった のは去年の夏。 東京ベルディ1969のホームグランド(FC東京もね)、味の素スタジアムで行われたジャズフェスティバルに参加していたときですから、 もう一年。ご無沙汰でした。
 Mr.スピーチが僕らの街に帰ってきた。
 今回はソロで。 前回のそのジャズフェスはアレスティッド・デベロップメントでの登場だったので、スピーチのソロワークファンの僕としてはかなり興奮ぎみ。 しかも、今回のハコはブルーノートです。 ステージとオーディエンスの距離が近いです。 雰囲気最高。 音最高。 ナイスなお酒が似合います。 アンプを通してではなく、楽器実際の音が直接耳に入ります。 その心地よさったら絶対に大きな会館やライブハウスではあり得ません。いいすね、まじで。
 しかしなんでしょう。今回のツアー。 札幌、名古屋、大阪、福岡となぜか東京がないのです。 ちーっ、残念。 友人である前に、僕はただのスピーチファン。 これはもう駆けつけるしかありません。つうことでエアチケットゲットでいって参りました。
 福岡ツアー参戦。
 ラジオで通い慣れた福岡。 ブルーノートの場所もばっちり知ってます。 そして皆さんの笑顔。 いやあ、いやされた。 リハーサルから観戦。 今回のメンツはドラム、ギター、鍵盤、ベース、コーラスのお姉さん2人、そしてスピーチ。 ステージマネージャー兼ライブエンジニアのフランキーさんも同行。 控え室にはスピーチの奥様ヨランダとぼっちやんとじょうちゃん。 またも愛すべきご家族たちと来日してました(しかし会うたびにでかくなってゆくなあ)。
 ブルーノートは二回制。 初回はあえて客席でじっくりと。 いやあ、良かった。 大好きな Clocks In Sync With Mine や hey song、Like Marvin Gaye Said 等、初期から中期にかけての楽曲が目白押し。 心のなかで僕もスピーチと合唱です。はい。
 そして休憩を挟んでのセカンドステージ。
 「今日は僕らの友人が遊びにきてくれてるよう」
 そんなナイスな紹介でステージに呼ばれた僕。 ううむ、至福の時だ。 テクニシャンでかつ人情味あふれるすばらしいバンドセッションに会わせて飛び入りを してきました。 お客さんも最高。 やはりスピーチの人柄が彼らにも確実に伝わっています。 大きな拍手と歓声ありがとう。
 僕のソロワークの二枚目、word music 2の制作の為にアトランタへ行ったのがもう三、四年前。ずいぶん経ちますねえ。 スピーチの自宅スタジオでともに作ったlife musicは今でも僕の大切な宝物の一つです。
 さて、彼もがんばっています。止まっていません。たくさんの新曲がどうやらできているもよう。こちらもがんばるとしましょう。 Caz, we don' t stop!! だからね。

 そういえば彼のリビングにはグラミーのトロフィーがさりげなく飾ってありました。 家にはビンテージ楽器と最新機材がととのった専用スタジオ、バスケッ トゴール、そしてプールがありました。 なんとフットサルコートもあるんだぜ。 ふう。やはりレベルが違うのか。 恐るべしスピーチ。 まだまだ僕もやることがたくさんありそうだ。 感謝。


【GAKU-MC、久しぶりの札幌を堪能】
 昨日1日、ジョブカフェ北海道でGAKU-MCにナマ遭遇した人、現地にはいけなかったからFM NORTH WAVEで聞いてたよ〜という人、ぜひ感想メールをお送りくださいね。 お待ちしております。
 さて、そのGAKU-MCですが、前日の6月30日に札幌入りし、札幌に2泊もした模様(笑)。 久しぶりの札幌を存分に堪能した様子でした。
 1日の昼、札幌市内某ホテルにて食事。 約束の時間にホテルのロビーについてみれば、なんでそんなにリゾート度高いのでしょうか?というお姿のGAKUさん発見。 足元はサンダルで手ぶらって!(笑)。
 さて、食事は本日の1食目ということで、GAKU-MCは「ステーキ御前」……昼からすげぇ。 なんでも宿泊先のホテルのプールで泳いできて空腹だとか。 それにしても、あの店で昼にそのメニューをチョイスする人を初めて見ましたよ。
 そんな豪華な昼食をもりもり食いつつ、酒井順子さんの著書「負け犬の遠吠え」について考察する。 その後、GAKU-MCは満腹でNORTH WAVEへ移動。
 ホテルからタクシーでNORTH WAVEへ移動ですが、札幌の地理に若干不案内なマネージャーK氏を先導するGAKU-MC。 「おーちゃん、途中で降ろしていく?」なんて、地理に明るすぎますよ、さすがホッカイダー。
 ジョブカフェでの仕事を終えて、この日の夜はススキノへ。 潮音姉さんやサッカーMC'sの友人たちと寿司です。寿司ナイト。 その後はいつものなじみのバーでリラックス。
 アフロのかつらを装着、ずっとギター片手に美味しいお酒をのみつつ、札幌の夜は深まっていくのでした…。 また北海道に帰ってきて下さいね、GAKUさん。

 はいっ、いきますよポップに即答
「二つ質問があります。 (1)母が未だにGAKUさんのことGacktだと勘違いしているのです。分かりやすい教え方はないですか? (2)3年間想いを寄せている人がいます。3年って長いと思いますか? これからも応援しています。」

 フカッキーさんからいただきました、ありがとう。
このメールにfrom GAKU-MC
 『A1:間違えたままにしておくのもよいでしょう。 たいした違いはありません。はい。 あえて違いがあるとすれば、顔が丸い方がぼくです。 有名でかっこいいほうがガクト氏です。 テレビで見つけやすい方がガクトさん、と教えてあげてください。
 ちなみに僕は新幹線で通路を挟みガクト氏とならんで座ったことがあります。
 「ガクトの隣にガクがいる」
 と一人で悦に浸っていたことがあります。はい。
A2:3年ねえ。長くないっすよ。よゆーっす。本当に好きなら一瞬です。はい。 逆に好きでもない人となんとなくつきあっている日々はそれよりずうっと長く感じます。まあ楽しいことは何でも一瞬。 そうでないときは長く感じる、そんなもんではないすかね。』

 ちょっと待って、うん、違うでしょう、GAKUとGackt。「たいした違いはありません」じゃないでしょうや〜(苦笑)。 ねぇみんな、どうよ、この回答?
 Gacktさんの隣でニンマリするGAKU-MC。想像するとかなり笑えますやね。

 ナラデワでは皆様からのメールを、心からお持ちしております。 本当に本当にお待ちしております。 皆様から頂いたメールはすべてGAKU-MC本人の元にお届けしています。
ナラデワ宛のメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)まで。 お待ちしております。

 すっかりお馴染み、GAKU-MC北海道地区担当マネージャーとも言われる影の支配者(?)、その名は珍獣(女子)。 辛口トークは北海道の音楽業界では有名だとか…。
 ワーッツアーップ!珍獣なのだ。 あんなに暑かったのがうそみたいに、ひんやりですね。 まあ暑さにはめっぽう弱い珍獣としては、こちらの方が断然良い。 北海道はこっちの方がらしい感じすんですよね。

 さてさて、きのうは我らがGAKUさんがほんっと!久しぶりの来札。 ノースウェーブの公開生放送に足を運んだ方が大勢いらっしゃることでしょう。 「行ったよ!」という方は「プチリゾート」なGAKUさんの姿を見れた事でしょう(笑)。 珍獣はイベントの方は顔を出せませんでしたが(OAは移動の車ん中でちょっと聞いてた)道スポ太田女史と共にイベント前のGAKUさんとランチをしました。 某ホテルの「純」和食屋さんでランチ。 普段珍獣もよく同僚やら仕事でやらでよく利用するお店なんですけど、間違いなくきのうのあのお店の中で、リゾート度一番の格好がGAKUさんでしょ う。 しかも道スポ太田女史の証拠写真があると思いますが、 あの店であのステーキ御前を食べていたのもGAKUさんだけであります(笑)。
 「何だよー。珍獣久しぶりに会ったのに「また」ダメ出しかよー」と言われそうなのでこの辺で。 元気そうで何より。
 ソロ、EAST×END、その他諸々。 ナラデワでもおなじみ「THE生みの苦しみ〜楽曲制作期間〜」という事で、大変そうですが。 OAでも言っていましたが、秋頃には皆さんの手元に新しい音源が届く予定!という事で楽しみに待つことにしましょう。
 ほんと元気なGAKUさん見れて良かった! やはり人に元気を与えてくれる人ですGAKUさんは。 皆の心にがんがん響く新楽曲、お待ちしてます。 本日以上。peace out。

 totoで大金ゲットして札幌ドームで草サッカーしようぜ!という企画。 しかし、一向に当たる気配なし。とほほぉ。
 今年もやるよ、やるんです。「トトリマクリ」。 ちなみに下の写真はGAKUさんが今年1月のイタリアストリップ中に購入した現地のトト(ちょっとピンぼけ)。 当たってないし…縁起悪っ。

 コラムのバックナンバー、オフィシャルサイトなどへのリンクはこちらからどうぞ。
【BACK NUMBER】
2000年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2001年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2002年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2003年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2004年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |

【Link】
◎GAKU-MC オフィシャルサイト
 http://www.gaku-mc.net/

◎EAST END オフィシャルサイト
 http://www.eastend-web.net/

◎ユニバーサルミュージック内 EAST ENDオフィシャルサイト
 http://www.universal-music.co.jp/eastend/index.html

◎2000年5月30日 札幌ライブ(ペニーレーン24)
◎2000年8月25日 “MOVE THE CROWD”大作戦(CLUB MIRROR)
◎うかれまくりのオーストラリア旅行の写真
◎2002年2月24日 アミューズスクエア1日店長の巻
◎2002年9月29日 お疲れさまGAKU-MC 2002年9月29日の模様

mail
いやぁこれほどまでに負け犬定義に当てはまるとスッキリするねっ、くっ…

このサイト担当・太田へのメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)へどうぞ

GAKU-MC『ナラデワ』 mail
メールお待ちしております!