photo ナラデワ
GAKU-MC
GAKU-MC Web SITE for Hokkaido[NARADEWA]

『京王線にて』
(2004.10.22更新)
毎週金曜日午後3時頃更新します

 電車に乗って、昔通った大学の前を通った。
 あまりに久しぶりで、車窓から見えた景色からなんとなく目を離すことが出来なかった。 台風明けの木曜日、午後の日差しが暖かくて心地いい。 見覚えのある校舎。 通い慣れた通学路。 あるはずの商店がなくなっていたり、当時はなかった新しいマンションが出来ていたり、ほんの数年で景色は劇的に変わってゆく。
 ポケットに入れておいたipodのボリュームをしばし上げてみるとしよう。
 最近のお気に入りはBANK BAND。 Mr.Childrenの櫻井氏が立ち上げた新しいバンドでアルバム“沿志奏逢”が僕の元に届いたばかり。 氏がアマチュア時代に口ずさんだ素晴らしきアーティスト達の過去の名曲や選び抜かれたミスチルのヒットチューンを心地よい編曲と大胆なアレンジでまとめた秀作である。
 「改めて唄を唄うことが好きになった」
 そう彼はアルバムに記していたが、なんとなくその意味が分かる気がする。
 ゆっくりと目を閉じで、電車に揺られる。
 ゆっくりと目を閉じで、音に身をゆだねる。
 大学時代に好きだった子のことを思い出してみるとする。 元気でやっているかな。 仕事はうまくいっているかな。 もう結婚して素敵は家庭を築いていたりして。
 ipodってやつはこんな時に便利だ。めったに聞くことはないけれど、時々無性に聞きたくなる当時のヒット曲。 そんな曲なんかを瞬時に再生してくれる。
 二十歳の僕が大好きだった曲。
 二十歳の彼女が大好きだった曲。
 僕を乗せた京王線が思い出の詰まった街を駆け抜ける。 午後の日差しを浴びて京王線が駆け抜ける。 ゆっくりと目を開けて前をみる。 進行方向には新宿の高層ビル群が目に入る。 さあ、今日も一日がんばってみるとするか。


【文章のむこうの景色】
 秋の昼下がり、なんとなくノスタルジックな気分にさせる今日のGAKU-MCコラム。 私の場合は大学ではなく高校の方がそんな気分にさせるかも。 だって今住んでいるところって出身大学の隣駅の街なんですもの…よく見るんですよ母校を。 よく通るけど「あっ、変わった」って思う所はたくさんあるのですけれどもね。
 コラムにさっそく影響を受けて、机下の段ボールの中から5年くらい前によく聞いていたアーティストのCDを出して、聞いてみたり。 なんかちょっと甘酸っぱい感じ(笑)。

 さぁ、秋晴れの今日も元気にいきましょうポップに即答
 今週はこんな写真を送ってくれたぼんぞさん、いつもありがとう。 写真に即答 from GAKU-MC
 『ぼんぞさんがこんなフライヤーの写真を送ってくれました。 懐かしい。これきっと92年ぐらいのころですね。今から約12年前。一体僕らはどんなライブをしていたんでしょう?』

 12年前…皆さん何していました? どんな音楽を聞いていました? どんな夢を持っていましたか? ちょっと思い出してみませんか? そしてそっと報告して下さい。 『僕、私の12年前』大募集。 ちなみにオオタはまだ未成年の大学生。 今思えば「青いなぁ」ということを多数しておりました。 こっぱずかしい。 あなたは何歳でしたでしょうか。 まさか、まだ産まれてない…とか……はうぅ。

 ナラデワでは皆様からのメールを、渇望しております。 ナラデワへのご意見、ご感想、GAKU-MCへの質問、叱咤激励はもちろんのこと、『僕、私の12年前』、恋愛相談(解決するかは保障なし)、自慢、愚痴など、ガシガシお送りください。 どうしてか、本当に最近メールが減っておりまして、悩んでおります。 アクセス数の方は順調ですので、読んで頂けていることを大変うれしく思っております。 どうか、お気軽に感想などお寄せ下さい。 もし「GAKUさんに読んでほしいだけで、公開してほしくない」とか「素性は明かしたくない」など、ワケありの方はそのご要望も明記していただければご希望に沿いますので。 ナラデワでは皆様からのメールを心よりお待ちしております。

皆様から頂いたメールはすべてGAKU-MC本人の元にお届けしています。
ナラデワ宛のメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)まで。 お待ちしております。

 すっかりお馴染み、GAKU-MC北海道地区担当マネージャーとも言われる影の支配者(?)、その名は珍獣(女子)。 辛口トークは北海道の音楽業界では有名だとか…。
 ワーッツアーップ!珍獣なのだ。 今月はアーティストの来札がいつもより少ないのですが、先週久しぶりにTMRの西川貴教さんが、某テレビ音楽番組の札幌公開収録のために来札しました。 ご存知GAKUさんとは同じ年、そして元レーベルメイトでもあります。 以前もここで書きましたが、彼も札幌でレギュラー番組を持っていた事もあり札幌は結構というかかなりゆかりがあるのです。 3月のキャンペーン以来なので、ほぼ半年以上たっていますな。
 要は今回は、いつも東京の某ホールで収録している番組を札幌で行うというもの。 抽選で当選されたお客さんを招いての公開ライブ形式の収録です。 2週分の収録という事で、アーティストもたくさんいらっしゃる。 しかもライブで見せるという事はバンドの皆さん、ダンサーの皆さん、ヘアメイクの方、スタイリストの方etc。 それに加えて我々メーカーのスタッフも東京、現地もいるもんですから とにかくすごい人、人、人。 楽屋裏は大混乱。
 いつも思う事ですが、一つの事にこんなにたくさんの人が関わってるのねーと裏側に携わって初めて分かります。 こういう東京仕切りの仕事での、珍獣の役割はというと一言で言うと「現地アテンド」もしくは「現地コーディネーター」。 まあいつもこの仕事ですが(笑)、こういう人が多い場合はみんな同じ動きをしますので先、先を読まないと何とかぶるんです。いろんなところで。 飯場しかり、ホテルしかり、その他いろんなところで。
 今回は時間がずれていくので大丈夫でしたけど。 でも仕切りが東京スタッフの現場なので、珍獣は割といつもの自分仕切りの現場に比べると気持ちが楽であります。 ほぼ1日掛かったこの収録、何と西川さんは全国放送の自身のラジオレギュラー番組の放送を札幌から(!)いうのも有り。 この日は朝11時〜翌朝4時まで働いていました。ほんとにご苦労様です。
 GAKUさんも前回、深夜のイベントの流れを書いてましたが、アーティストの皆さんはほんと大変だなーと。 しかも常に見られているという緊張感。あらためて尊敬。
 本日以上。peace out。

 totoで大金ゲットして札幌ドームで草サッカーしようぜ!という企画。 しかし、一向に当たる気配なし。とほほぉ。
 今年もやるよ、やるんです。「トトリマクリ」。 ちなみに下の写真はGAKUさんが今年1月のイタリアストリップ中に購入した現地のトト(ちょっとピンぼけ)。 当たってないし…縁起悪っ。

 コラムのバックナンバー、オフィシャルサイトなどへのリンクはこちらからどうぞ。
【BACK NUMBER】
2000年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2001年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2002年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2003年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2004年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 |

【Link】
◎GAKU-MC オフィシャルサイト
 http://www.gaku-mc.net/

◎EAST END オフィシャルサイト
 http://www.eastend-web.net/

◎ユニバーサルミュージック内 EAST ENDオフィシャルサイト
 http://www.universal-music.co.jp/eastend/index.html

◎2000年5月30日 札幌ライブ(ペニーレーン24)
◎2000年8月25日 “MOVE THE CROWD”大作戦(CLUB MIRROR)
◎うかれまくりのオーストラリア旅行の写真
◎2002年2月24日 アミューズスクエア1日店長の巻
◎2002年9月29日 お疲れさまGAKU-MC 2002年9月29日の模様

mail
ドラクエ8発売まであと1カ月ちょっと。
どうやって発売時期に連休をとろうかと思案中

このサイト担当・太田へのメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)へどうぞ

GAKU-MC『ナラデワ』 mail
メールお待ちしております!