photo ナラデワ
GAKU-MC
GAKU-MC Web SITE for Hokkaido[NARADEWA]

『昨日のNo,明日のYes』
(2004.11.12更新)
毎週金曜日午後3時頃更新します

 この曲を作ったときのことは明確に憶えている。
 3枚目のソロアルバムを制作中の2001年11月。 プロモーションの日程やセッションを予定していたミュージシャン達のスケジュールがことのほかタイトで十分な作詞時間を見つけられなかった時期の話だ。
 当時は札幌と福岡でラジオ番組をやっていたので週に1度は飛行機にのって北に南に飛んでいたし、同時進行で行われていたスパノヴァプロデュースのトラック達も佳境に来ていたので、空いた時間は全て彼らのスタジオ(相模湖のほとりにあるプライベートスタジオ、うちから高速で2時間くらい?!)での作業にあてられていた。
 「作詞しなくちゃ、作詞しなくちゃ、作詞しなくちゃ」
 とにかくアルバムを作っている時、僕はいつもそんな強迫観念に襲われる。 寝ても覚めても、とはこのことでとにかく起きている時間の全て、大げさにいうなら寝てる間に見る夢までも、リリックの出来について心配していたりする。 丁度その頃のナラデワ(http://douspo.aurora-net.or.jp/ontsubo/gaku-mc/01_1130.html)でもふれていたが、詩を書き上げてボーカルを録り終わって、トラックダウンが終わるまで、いつもいつも僕は何かに追われている気がしていた。
 そんなプレッシャーを乗り越えさせてくれるモチベーションとなるもの。 それは僕にない才能を持った素晴らしいミュージシャン達との出会いである。
 昨日のNo,明日のYesは森俊之氏とのコラボレーションによって生まれた。 ソングライターとしてまたアレンジャーとして数々の偉業をこなしてきた業界屈指の凄腕プロデューサーである彼との製作は感動の連続だったし、またその彼の人柄に見せられて、気がつけばこの詩を書き終えていた気がする。 制作中、何度もサッカーの話で盛り上がった。 フットボールフリークを自負する僕ではあるが、森さんはその僕を軽く超えてゆくほどのジャンキーで、特にヨーロッパリーグの動向に詳しかった。 アズライトラボ(森さんのプライベートスタジオ)で生まれたこの曲はフットボールからもらった力を曲にする、という今の僕のスタイルの原点でもある。
 この曲の発売はワーナーミュージックから。 レコード業界初の“レンタル移籍”というスタイルで(サッカーぽくていいでしょ)、発表。 ここでも新しい出会いが沢山あった。 特にスタッフ。 今もEASTENDのA&Rとして、そして友人としてアドバイスをくれるDJサソリこと団野氏、そして若手ディレクターの竹原氏(http://douspo.aurora-net.or.jp/ontsubo/gaku-mc/04_0227.html)。 僕らは間違いなく“ベストチーム”でしたね。 つまり僕にとってこの“昨日のNo,明日のYes”はそう言う意味でも非常に思い出深い曲なのです。

 2004年11月10日。 連絡を受けて僕は恵比寿ザ・ガーデンホールに行った。 公演はBank Band。 バンドマスターに小林武史氏を擁する凄腕バンドで、ボーカルはもちろんミスターチルドレン櫻井和寿氏。 発売されたばかりのアルバム沿志奏逢が最高に好調のBank Band。 僕がとやかく言うまでもなく史上最高の音楽グループである。
 「音楽からもらったものの喜びを少しでも恩返しできれば」
 櫻井氏はそう言いながらアルバムに収録された名曲達を歌い上げてゆく。 6万通を超える応募から幸運にも得ればれたオーディエンス達の嬉しそうな笑顔を横目に僕もほほえむ。 達人達の演奏。 櫻井氏の絶妙な歌声。 ゆっくりと流れる時間。 おいしいお酒と食事(ディナーショーだぜ!!!)。 絶妙な照明とインテリアに囲まれた非日常。 これ以上のライブを僕は見たことがない。“  そして短めのスピーチの後に歌い出した歌。それが僕のこの曲だった。
 説明は上手く出来ない。とにかく、とにかく、とにかく素晴らしかった。

昨日のNo,明日のYes
ほっとくといつも君は全てを一人で背負うようなとこがある
だからそういう意味だ 頑張りすぎのようだ どことなく
さあ感じるこのビートにその身をゆだねてもいいのに
もっと take it easy 気楽にゆけばいい

寝不足のその瞼 隠そうとする帽子 目深にかぶって
あるく かなり 脇目も降らずがむしゃらに
心配ごとはつきないほうだね いつの間にか社会人と呼ばれ
君を理解する人は nobody 不条理なこの街にもう駄目
たまの休みあの子とすれ違って することもなく寝ちまって
しまいには寝違えて なんかぱっとしねえな まるで三日目の二日酔いみてえだ
あの日描いていた大人の理想 かけ離れて 流れて ここにそう
たどり着いた場所で己に問う 鏡の中の君はだれでしょう

昨日の Oh No は 明日の Yes  変えるのは君なのです 君なのです
コケるのは何度だってかまわないのです
昨日の Oh No は 明日の Yes  変えるのは君なのです 君なのです
最後に笑っていればそれでいいのです

若気の至りだったねと アルバムの写真取り出して
そんな時もあったねと 振り返る タバコの煙りくゆらして
あれからどれくらいの時が流れたか 君はだれ
変わり果て 心まで疲れ果て ため息ばかりでるのはなぜ
精一杯の努力とか一生懸命がちゃかされるこの時代にあえて宣言
固定観念や偏見  コンプレックスさえも武器にして叫んで
いつの日かつかむはずの成功と栄光 迷走し続け いざ行こう
過去の全ての失敗と失態を「経験」と呼び直すためにある今日

昨日の Oh No は 明日の Yes  変えるのは君なのです 君なのです
コケるのは何度だってかまわないのです
昨日の Oh No は 明日の Yes  変えるのは君なのです 君なのです
最後に笑っていればそれでいいのです

出会いと別れを繰り返しまた人は今日もどこかに向かいなにか探す
探す 探し物が何かもしらず
さあ行こうか とまらずに どこまでも 愚痴漏らさずに
さあいこうか とまらずに コケるにしたって前のめり
出会いと別れを繰り返しまた人は今日もどこかに向かいなにか探す
そんで とんで ぶっとんで勢いつけてゆこうぜ

明日の Oh Yes Yes の為のベスト その瞬間は今です たった今です
取り返しなんて多分つくはずなんです
明日の Oh Yes Yes の為のベスト その瞬間は今です たった今です
やるかやらないかのちょっとした違いです
昨日の Oh No は 明日の Yes  変えるのは君なのです 君なのです
コケるのは何度だってかまわないのです
昨日の Oh No は 明日の Yes  変えるのは君なのです 君なのです
最後に笑っていればそれでいいのです

明日をかえるのは君のたった今

P.S.
曲の最後のフレーズでの“明日”を“未来”と変えて唄っていた櫻井氏。 本当にありがとうございました。未来を変えるために僕もさらにつっぱしるとします。


【なんだか泣きそうだった】
 誰かを尊敬する。尊敬する人がいる。あなたには尊敬する人がいますか?
 なんて表現すればいいんだろう。 誰かを(何かを)リスペクトするという行為は、自分の中にある一定の譲れないラインというか、信念がないとできないと私は考えます。
 素晴らしい才能を持ち、保つために努力をし、モチベーションを意地し続け、力を発揮し、輝き続ける。 それってすごく大変なこと。 それをやってのけている人たちがリスペクトしあうって……と考えると、なんだか泣きそうだったわけです。

 …何が言いたいんだ私……。すいませんね…。

 今週もポップに即答はお休みします、ごめんなさい。 その代わりってわけじゃないですが、久しぶりにあの人のコラムが復活! そう、Sweetsナカムラ氏の登場です。 相変わらず甘いものへの情熱は健在なようですよ(笑)。

 ナラデワでは皆さんからのメールをお待ちしております。 今週から「今年1年を振り返ろう」というテーマでもメールを募集致します。 2004年はあなたにとってどんな年だったでしょう。 今年も残すところあと1カ月半ほどです、まだ間に合うことも多くあるはずですよ。 ちょっと振り返って、ラストスパートしてみませんか?
 もちろん、ポップに即答、近況報告、ちょっと感じたことなど、その他のメールも通常通り受け付けております。 お気軽にお寄せくださいね。
 ナラデワ宛のメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)まで。 お待ちしております。
 東京に転勤になっても、心は北海道!Sweets大好きプロモーター・ワーナーミュージックの中村氏がお送りするコラムをどうぞ。
 いやー!お久しぶりです!皆さんお忘れではないですよね? 1ヶ月以上ご無沙汰してしまいましたが、いかがお過ごしでしょうか? 今、中村は和歌山に来ています。 和歌山!紀州ですよ!紀州の梅干は有名ですよ。
 さて、なんで和歌山に来ているかと申しますと、今、担当しているバンド太陽族が、和歌山大学の学祭に呼ばれているからなんですねえ〜! 太陽族は今年も全国61公演ツアーの真っ最中、時々ついて行ってるんですが、初めて訪れる街がたくさんあって、ワクワクします。 今日も早起きして、和歌山城の天守閣におじいちゃんたちとのぼって来ましたよ。 ちなみに昨日は神戸の甲南大学にお邪魔しましたが、いやー! おきれいなお嬢様がたくさんいて、おじさん目キョロキョロさせてきました。
 しかし、学祭って楽しそうですね〜。 自分は学祭が盛んな大学でなかったので、屋台とかやったことが無いんですよ。 もっぱらテニスの大会かなんかと重なって、まあー1、2回戦で敗退するんですが、大学生の秋は学祭というより、大会でしたね。 あーでも一度学祭のLIVEで演奏したことあるなあ〜思い出した。 バンド組んでたんですが、女子大の広い校庭でやったことあります。 女子大ってことで、ワクワクしていったら、見ているお客さんは近所の子供とか2、30人くらいだったような。 横の体育館ではプリプリ(プリンセスプリンセス)がLIVEやっていました。 そんな時代です。
 さーて、これからLIVEです。和歌山大学楽しんできます。

 そんな和歌山で見つけましたSWEETS!って言っても和歌山名物とかではございません。 コンビニ商品です。 MORINAGA とろける時間〜至福のデザート〜<濃厚クリーミーショコラ>です。 値段は多分150円前後だったと思いますが、2味あって、わたくしはビターを食べました。 これはこの値段での満足度はかなり高いです。 非常に高級感漂う1品、しいて言えば、最初のパーッケージを取った後が100円プリンのケースなので敢えて値段をもう少し上げてもいいから、高級パッケージにした方がいいのでは?なんて・・・但し書きによると、「こだわりのカカオ ベルギー バリーカレボー社 クーベルチュールチョコレートを使用」だそうで、確かに濃厚な味わいを楽しめます。 多分、全国で売ってるんだろうな〜?和歌山で見つけたSWEETSでした!!
(2004.11.7 和歌山にて)

 すっかりお馴染み、GAKU-MC北海道地区担当マネージャーとも言われる影の支配者(?)、その名は珍獣(女子)。 辛口トークは北海道の音楽業界では有名だとか…。
 ワーッツアーップ!珍獣なのだ。 今週は久しぶりにバンドが来札。 その名は「アナログフィッシュ」3ピースのバンドであります。 何と3名は仕事で来札した事がないという訳ではなく、揃って「生まれて初めて」来札したとの事。 初札幌の感想は。
「空気がおいしい」
「寒さが気持ちいい」
「何でも広い。ゆとりがある」(道路、お店、何でもらしい)
 感想で一番感動したのが、空港から札幌駅までの電車から見た景色が(ちょうど夕焼けだったこともあり) 「ちょっと神々しかった・・・」
 ・・・嬉しいじゃないですか! わしの事を「札幌の大奥」とか聞いてきたとしても、「何か珍獣がいるらしい」と聞いていたとしても、VIVA!北海道の珍獣にこれだけの賛辞を言えるなんて! 素晴らしいバンドです(笑)。
 珍獣は「けなされて怒られて伸びるタイプ」だったんですけど。 ここ最近はGAKUさんと同じく「どちらかというと褒められて伸びるタイプ」 になりつつあります。 これも年を取ったせいでしょうか。さすが生誕30周年。合掌(苦笑)。
 本日以上。peace out。

 totoで大金ゲットして札幌ドームで草サッカーしようぜ!という企画。 しかし、一向に当たる気配なし。とほほぉ。
 今年もやるよ、やるんです。「トトリマクリ」。 ちなみに下の写真はGAKUさんが今年1月のイタリアストリップ中に購入した現地のトト(ちょっとピンぼけ)。 当たってないし…縁起悪っ。

 コラムのバックナンバー、オフィシャルサイトなどへのリンクはこちらからどうぞ。
【BACK NUMBER】
2000年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2001年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2002年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2003年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2004年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 |

【Link】
◎GAKU-MC オフィシャルサイト
 http://www.gaku-mc.net/

◎EAST END オフィシャルサイト
 http://www.eastend-web.net/

◎ユニバーサルミュージック内 EAST ENDオフィシャルサイト
 http://www.universal-music.co.jp/eastend/index.html

◎2000年5月30日 札幌ライブ(ペニーレーン24)
◎2000年8月25日 “MOVE THE CROWD”大作戦(CLUB MIRROR)
◎うかれまくりのオーストラリア旅行の写真
◎2002年2月24日 アミューズスクエア1日店長の巻
◎2002年9月29日 お疲れさまGAKU-MC 2002年9月29日の模様

mail
札幌の大奥
ぶっはっっはははは。ウケる。
どんな想像しながら来札したんでしょうか、メンバーのみなさん…
笑いが止まらんっ

このサイト担当・太田へのメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)へどうぞ

GAKU-MC『ナラデワ』 mail
メールお待ちしております!