photo ナラデワ
GAKU-MC
GAKU-MC Web SITE for Hokkaido[NARADEWA]

『イタリアトリップ season2 vol2』
(2004.12.17更新)
毎週金曜日午後3時頃更新します

 最高でした。
 イタリアです。 行って参りました。 ううむ、すばらしい。 何がすばらしかったか、っていうとですね、庶民の皆様が師走でクソ忙しいこの時期に優雅にイタリアでイタリアンかましたセレブな自分が素晴らしい。 がはは。 やっぱり本場は違いますぜ。 赤ワインとパスタ。 前菜の盛り合わせにメインはお肉。 デザートのテイラミスは毎食後、頂いてました。 ふう。 お腹いっぱい。 以上、イタリアトリップ season2、 完結。ありがとう、さようならあ。またどこかで会いましょう。チャオー!

 なんて言ったら怒ります?

 お食事の話や僕の与太話はともかく、今回の旅行(いや仕事)も思うところが沢山ありました。 街のたたずまい、人の優しさ、懐の深さ、歴史。 世界の一流と言われるプレーヤー達の仕事を生で見て、なんだかワケの分からない鳥肌も立ちました。
 約1年ぶりです。 前回はトリノ。 今回もローマからトランジットで約1時間(ローマまでは成田から約13時間です、なげえ)。 地球の裏側、サッカーの中心地、04-05シーズンUEFA チャンピオンズリーグのグループステージ、グループCをぶっちぎりのトップで突破したセリエAの強豪ユベントス。 そのユーベのお膝元、トリノへ向かいました。
 「憶えてますか?」
 「ああ、もちろん憶えているよ」
 迎えてくれた方。 そうです、イタリア代表、生粋の10番、現存する数少ない本物のファンタジスタ、アレッサンドロ・デルピエロ氏です。 今回もスカパー!を代表し、インタビューをしてきました。 怪我がちだった先シーズンからの復調、チームの状況。 新しい監督のこと、プライベート。 時間の許す限り、 聞きまくってきました。
 「新加入のエメルソンは尊敬に値する。世界屈伸プレーヤー。カンナバーロもそう。彼はイタリア代表でも共にプレーする間柄なのでコミュニケーションもうまくとれているよ。そしてなによりイブラヒモビッチ、彼はすごいね」
 こんな調子でインタビューは続きます。スクデット(イタリアリーグの優勝を意味する言葉)、とビッグイヤー(チャンピオンズリーグ優勝カップの別名)、どっちがほしい? なんて質問にもフランクに答えてくれた彼。
 「もちろん両方さ」
 てな具合です。 プライベートではどうやらゴルフにはまっている模様。 サッカーに支障がない程度にコースに出まくっている、とか。 スコアの方は教えてくれませんでしたが、すでに玄人はだし。 現地のプロの方達とラウンドしてる、とのこと。 プロゴルファー達もデル・ピエロとコースに出れたらうれしいもんね。
 インタビューの少し前、トリノの街を散策。 街で聞いたデル・ピエロの評価はもちろん最高。 やはり土地の人にも愛されています。 とにかく全ての環境がはまっていて、これぞ本場の空気、というものを感じました。 今回は残念ながらデル・ピエロのプレーを生でみることは出来なかったけれど、このインタビューから3日後のチャンピオンズリーグ、対マッカビテルアビブ戦において値千金の同点ゴール。 キャプテンはやはりやってくれます。 僕ももやは他人事ではありません。そのニュースを聞いた瞬間、思わず握り拳を空にかざしました。
 今回の彼へのおみやげはDVDソフト。 アントニオ猪木。 はまっているんだってさ。意味わからん(笑)。
 トリノの後は国内線で再びローマへ。 いよいよ待ちに待ったチャンピオンズリーグを観戦です。 ということで次週へ続く。がはは。

PS/もちろん手ぶらでは帰国しないガクエム氏。がっちり一筆もらってきました。 1名様にアレッサンドロ・デル・ピエロ氏直筆サイン入りマフラーをプレゼントしてしまいます。イエス!どうだ!がはは!
 直筆サインは1名様分しかもらえなかったのですが、もう1枚マフラーがあります。 なので僕が代わりに一筆入れておきました(笑)。 カタカナで。 こちらも合わせてプレゼント。
 そして今回、僕を無人のスタジアムへ誘ってくれた夢のチケット。 チャンピオンズリーグマスコミ用バックステージパスも記念に贈呈、等々。 皆様からのナイスなメールお待ちしておりまっす。

【というわけでイタリア土産プレゼント〜!!】
 前フリ通りのGAKU-MCイタリア土産プレゼントでございます。 なんと、世界のデル・ピエロ直筆サイン入りマフラーはじめ豪華プレゼント。 たぶんね、デル・ピエロの直筆ものが当たる企画の中で当選確率が一番高いと思いますよ(苦笑)。 その他もたくさんプレゼントがあります、応募要項は「ポップに即答」の後で!

 というわけでいきます、ポップに即答。今週はコチラ
 『はじめまして。 大学のPCを使って、ナラデワを見て、メールを送っている 岩手の某大学3年生です。
 GAKUさんが「皆さん忙しがっていますか?」と言われていましたが、ほんんんとに忙しいです。 普通の大学3年生はあまり忙しくないようですが、僕の所属している研究室はとても忙しく、僕の場合は、平日は毎日AM9時頃に来て、26時時(午前2時)頃に帰るような生活です。 しかも土日にも大学来ないといけないこともあります。 同僚では忙しさとストレスで心臓が痛いと訴えている友人もいます…でもなんとか休日にゆっくりして、体力を回復させて頑張っています。
 それはさておき、僕のお願いというのは、GAKUさんにCDを作っていただきたい!ということです。 ライブとかラジオとか楽曲の提供とかで、とてもお忙しいのはわかりますし、CDを作るのはとても大変なことではと思います。 しかし、岩手ではライブをやることはまず不可能だと思いますし、僕ら地方の人間が、東京に行くとなると、時間とお金かかりますし… それにCDなら作業しながら聞けるので、研究の励みになります。
 僕のような地方のファンのためにも是非お願い致します!』 というメール頂きました、ありがとう!

 このメールに即答from GAKU-MC
 『なるほど。 そう言えば岩手ではここ5年ぐらいライブやってないです。 というか現在プリプロ中にて年内のライブはほぼ終了。 残すところ年末年始の恒例、渋谷Family での年越しイベントFG Night!スペシャル!!を残すのみとなりました。 ううむ、すいません。 レコーディングやリハーサルよりライブの方が好きなんですけどね。 この作業を省くことはできないのです。
 ということで岩手の某大学三年生さん、CDつくりましょう。 いわゆるMixCDというやつね(でもつないでないぜ、がはは)。 我々EASTENDが月一で行っているダーティー30’s パーティで僕がかけているような曲達をまとめて1枚にしてみます。 これでどうでしょう? いいすかね? どうせなら5名分ぐらいつくっておきましょう。 イタリア帰りの太っ腹(実際に食べすぎで1.5キロぐらい太った)ガクDJより 』


 というわけで、さらにプレゼント増(笑)。 よっ、太っ腹(太りっ腹?)GAKU-MC。 各プレゼントの応募要項は以下にて。
 岩手の大学生さん、頑張って〜。 私も大学生時代は3年生の時が一番忙しかった。 ゼミ論文がグループ研究で、朝から晩までゼミ室で議論…疲れて帰っても「ポケベル」(今時の子供たち知らないだろ〜な〜、当時携帯電話なんか普及してなかったもん)で呼ばれ長電話で議論…みたいな。 でもね、きっとね、いま勉強していることって後で役立ちますから。 その経験は無駄じゃないです。 頑張って!!

【GAKU-MCからプレゼント企画!】
 GAKU-MCからナラデワ読者の皆様へプレゼント! プレゼント内容は…
(1)デル・ピエロサイン入りマフラー 1名様
(2)偽デル・ピエロサイン入りマフラー 1名様
(3)CLマスコミ用バックステージパス 1名様
(4)スカパー! 特製カードフォルダー 1名様
(5)ガクてきとうミックスCD 5名様
 プレゼントをご希望の方はメールにて必要事項を明記の上、ご応募ください。
 応募宛先:naradewa@gaku-mc.net
 メールタイトルは「GAKUプレゼント希望」でお願いします。 必ず、お名前、ご住所、電話番号、年齢、希望のプレゼントを明記して下さい。 一緒にナラデワの感想なども送っていただけるとうれしいです。 応募締切は2004年12月31日、そう年内必着。 当選者の発表は2005年1月7日(金)のナラデワにて!

 なんといっても目玉はデル・ピエロ直筆サイン入りのマフラーでしょうね。 コラムの中にGAKU-MCがサインをもらっている写真がありますので、間違いなく本人直筆サイン入りです。 それにしても偽デル・ピエロサイン入りっどうなの…ほしい(苦笑)?
 バックステージパスは次週のコラムでふれるローマvsレアル・マドリーの試合のもの。 日本でスカパー観戦した方も多いでしょうが、観客のいないスタジアムの雰囲気は異様でしたね。
 さぁさぁあなたはドレがほしいですか? 悩んでご応募をっ(笑)!

   もちろんプレゼント応募以外のナラデワ宛の通常のメールもお待ちしております。 ナラデワへのご意見、ご感想、GAKU-MCへの質問、叱咤激励、イタリア旅行への嫉妬はもちろんのこと、2004年を振り返って思うこと、クリスマスの甘い過ごし方、2005年へ向けての抱負など、自由な発想のメールをお待ちしております。 皆様から頂いたメールはすべてGAKU-MC本人の元にお届けしています。
ナラデワ宛のメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)まで。 お待ちしております。
 東京に転勤になっても、心は北海道!Sweets大好きプロモーター・ワーナーミュージックの中村氏がお送りするコラムをどうぞ。
 ワーッツアーップ!中村なのだーっ!
 あっと、すいません、一度やってみたかったんです…さーて、GAKUさんはどこへ? PC立ち上げたらいきなり「お休み」でびっくりしましたよ。
 しかし、この前GAKUさんが書いていた、ダラダラ残業はイカン、時間は作るもの! 楽しい時のために仕事も効率よく!って、まったくその通り。 大体、会社の社長さんとか、忙しい人の方が、趣味も多彩だったりするんですよね? あれはやっぱり、好きなことをやるために、仕事も凝縮して中身の濃い時間を過してるんでしょう? 終電まである! なんて思うと、意外とダラダラやってしまうもの、時間は決めて、そこまでガンガン仕事しまくる、コレですよ! 明日から生まれ変わります?いやいや来年のテーマにしよかな、ちと早いですが。
 でもそろそろ巷では「今年の10大ニュース」なんて言ったりなんかしてるんでしょうね? まあー中村の1位は東京転勤だろうな〜なんと言ってもこれに尽きます。 あとは…あまり思い出せない…何ででしょう…色々あったんです。
 昨日TV出演もしてきました。 かなり空回りしました。 北海道1周もしたな〜きつかった。 いろんな街にも行きましたね〜。 甘いものもたくさん食べました。 今や社内でも“スウィーツ隊長”の名を欲しいままにしております。 そんな2004年でした?さて、皆さんはどんな1年でしたでしょうか?
 そんなアナタに今週のSWEETSは、前回に続き、コンビニで見つけたびっくりデザートでございます。 “湯布院生まれの朝霧杏仁”!湯布院産牛乳80%使用!と書いてあって、100%でないのが謎ですが、あのー中華料理店でミルクって感じの美味しい杏仁豆腐が出てくると、思わず笑顔になってしまいますよね? まさにそれでした。 コンビニ商品だったので、期待していなかったのですが、本格的で、遜色ないのですよ。 これはびっくり!製造元は九州乳業株式会社。 でも手に入れたのは東京のコンビニ?でかした九州乳業株式会社!でもいつまで商品が続くか、ちょい心配。 皆さん見つけたらお試しください、盛り上げてください。
 さて、中村2004年最後のナラデワなのか?それとも年内あるのだろうか?こうご期待!ごきげんよう。

 すっかりお馴染み、GAKU-MC北海道地区担当マネージャーとも言われる影の支配者(?)、その名は珍獣(女子)。 辛口トークは北海道の音楽業界では有名だとか…。
 ワーッツアーップ!珍獣なのだ。 GAKUさんイタリアって何だ!? マンマ、ボーノ、ボーノですか…すぐに思い浮かぶイタリア語がこれだけってどーなの!?おい珍獣よ、と自分で書いてて痛い。 まあもちろんGAKUさん。 ナラデワ読者に素晴らしいプレゼントを持ち帰ってくれた事でしょう!
 今週は(というか先週)アーティストも来札してたのだが、世にも珍しい「珍客」も来札。 というのは言いすぎですが、この「珍客」の正体とは珍獣の同僚from福岡。 そうです。珍獣はEPICレコードの北海道担当。 「珍客」とはEPICの福岡担当。 そしてキューン担当&SME担当(担当するレーベルは違いますが同じ会社ね)も一緒に来札。 仕事ではなく週末を利用した全くのプライベート。 2泊3日の3万円(安っ!)旅行パックで初来札した3人組(女2人&男一人)。
 結論からいうと満喫しすぎ。特に「食」(爆笑)。 通常アーティストが3回来札して始めて堪能できる「食」を3日で満喫していったよあいつら(笑)。 とにかく夜は魚介食いまくり。 もちろんラーメン、スープカレー、ラム、ハンバーグ(牛亭。最高!)etc。 おまけに小樽まで足を伸ばし寿司食い放題。 更には裕次郎記念館まで行ってる! 北一硝子でおみやげ買ってる。しかも仮面(って何?)。温泉も入ってる。
 …恐るべき行動力。フットワークの軽さ。 まあ職業柄、スケジュールを無駄なく立てんのプロですからね。 いかんなく発揮、でもしすぎ。(笑) 皆が止めなかったら支笏湖まで行くつもりだったそう。冬だよ。何もねーよ。
 珍獣は仕事の関係上、2日目の夜しかお供できなかったけど、そん時食わせた生ラムを「おいしかー」(九州っ子)と連発してました。 今回食った食の中で一番感動したそうです。 「いわゆる九州におけるモツ鍋のようなものですよね」という感想を残していきました。 寒さにあんなに反応して、雪や氷を見て大騒ぎするのを見ると「やっぱ南の人なのねー」と思いました。 いつもここで書いている事ですが、北海道を喜んでくれると珍獣はマジで嬉しい! またいつでもカモン!であります。
 本日以上。peace out。

 totoで大金ゲットして札幌ドームで草サッカーしようぜ!という企画。 しかし、一向に当たる気配なし。とほほぉ。
 今季もやりました。「トトリマクリ」。 結局結果は………未来ある青少年のために芝のサッカーグラウンドをっ!と声高に叫ぶ結果となりました。 寄付だね、寄付(苦笑)

 コラムのバックナンバー、オフィシャルサイトなどへのリンクはこちらからどうぞ。
【BACK NUMBER】
2000年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2001年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2002年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2003年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2004年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

【Link】
◎GAKU-MC オフィシャルサイト
 http://www.gaku-mc.net/

◎EAST END オフィシャルサイト
 http://www.eastend-web.net/

◎ユニバーサルミュージック内 EAST ENDオフィシャルサイト
 http://www.universal-music.co.jp/eastend/index.html

◎2000年5月30日 札幌ライブ(ペニーレーン24)
◎2000年8月25日 “MOVE THE CROWD”大作戦(CLUB MIRROR)
◎うかれまくりのオーストラリア旅行の写真
◎2002年2月24日 アミューズスクエア1日店長の巻
◎2002年9月29日 お疲れさまGAKU-MC 2002年9月29日の模様

mail
GAKUさんは今回もデル・ピエロ氏との2ショット写真を取り忘れたんですって。
そのくらいでいいですって、
これで2ショット写真なんか送ってきた日にゃ、
私のジェラシーが沸点に達しますからねっっっ!

このサイト担当・太田へのメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)へどうぞ

GAKU-MC『ナラデワ』 mail
メールお待ちしております!