photo ナラデワ
GAKU-MC
GAKU-MC Web SITE for Hokkaido[NARADEWA]

 GAKU-MCがお送りするステキングなコラム。毎週金曜日午後3時頃更新です。

『いてもたってもいられずに』(2005年2月11日更新)

 最近思うのですが東京に住んでる意味ってあるんですかね?!
 そりゃあね、なんてったって首都っていうくらいだから、何でもあって便利なことは頭では分かってます。 だけどさ、波乗りができる海へは遠いし、スノーボードが堪能できる山までだって結構あるじゃないですか。 ラジオで長年通った札幌や福岡は適度に都会で適当にネイチャー。 街の機能が充実し、ちょいと車を飛ばせば最高な自然が待っている。 インターネット時代ですよ、今は。 もう必要なことは全て光ファイバーにまかせるとして、本人はいたって健康的な居住空間に身をゆだねるべきである、と僕は思うわけっすよ。
 例えば沖縄からさらに船を乗り継いで渡る神秘的な小島の波打ち際にちょこっとたてた粋なログハウス(パソコン完備)で余生をおくるなんていうのはどうですか(今からリタイアした時の事を考えているオレってなんて健康的なんでしょう、ナイス)! がはは。いいじゃない!
 まあ一つ問題があるとすれば、
 「チケットが入りました。今から来ます?」
 なんつー連絡が急に入ったときに対応ができないこと。 こればっかりはある程度、競技場へ行ける範囲内にいないことには話しがすすみません。
 そうなんです、行ってきてしまいました。
 2006 FIFAワールドカップドイツアジア地区最終予選。 つまり埼玉スタジアム2002。 対戦相手は今一番話題の北朝鮮。
 がはは。
 本当に直前に、そしてたった一枚。 ああ、神様。 ありがとう。
 ここのところ毎日テレビでやってましたもんね。 北朝鮮特集。 単なる予選の一試合、というには大げさじゃねえか、というくらいに。 まあ、サッカーネタならいつでも歓迎なんですけれど。
 それにしても超満員。 そして超ハイテンション。 お巡りさんの数も半端じゃない。 スタジアムの周りは完全封鎖。 お陰でオレのマジェスティ(250ccのバイクだぜー!寒くて11月から4月まではのらないぜー!)をおくことが出来た場所は入場門から徒歩で約15分の距離。 おいおい。封鎖しすぎだっつーの。
 お陰で小笠原選手の一点目、見逃してしまったじゃねーか!
 まあ、いい。いろいろあるんですよね、今回。
 しかし本当にいい試合でした。 最初から最後までのどちんこ、ぷるぷるふるわせっぱなし。 もちろんTシャツはスポプラ、ドイツへの道バージョン(一昨年J-Waveで放送していた局唯一のスポーツ番組、その番組内の企画でビームスTと共に作った粋な応援用Tシャツ。もちろん色はジャパンブルー)。 気合い十分で観戦です。
 北朝鮮、わりといいサッカーしてましたね。 特に日本の失点シーン。 ゴールまでのパス交換はなかなか渋かった。 もっと大味なサッカーで勝負してくるかと思ってただけに、意外です。
 大黒選手最高。
 代表初シュートがあれですか! かっちょよすぎて涙が止まりませんでした。 今後の活躍にも期待しています。 いやはや、良かった。
 今年初めの天皇杯もそうですが、2005年、なんだか非常にいい試合が多いです。 ふっふっふ。とにかくいい試合が見たいね。 そのためには多くのゲームに足を運ばなくては。 家でだらだらしている場合じゃないですよ。 青いシャツを身にまといダッシュでゴー! 何も考えずにダッシュでゴー! いてもたってもいられずダッシュでゴー!
 これがあるから東京から離れられないんだよなあ。

 GAKUさん今週は何の話だ?と読み始めたら、何ですか、結局自慢ですか?(笑) 行ってたんですね、スタジアムに。 ナラデワ読者の方からも多数「行きました!」メールが届いていますよ。
 いつもなら「ふぅぅ〜ん、GAKUさんまたナマで見ちゃったんだぁ」とイヤミの一つもかますところですが、今日の私は違います、か〜はっは。詳細は後ほどってことで、まずはポップに即答!今週の質問メールはコチラ。
 『先週の「ポップに即答」の答え、こんなのはどうでしょう? 「セレッソ大阪の西澤選手がユニフォームの襟を立てるのと同じ感じ」って違うかな〜? あの襟に男のポリシーを感じるんですよ(相手にユニを引っ張られない為の対策って話も聞いた事あるけど、いや、あれは男のポリシーだ!と勝手に思ってます・笑)。
 最近、朝は涙で目が開かない日々です。晴天の日が憂鬱になってくる。 GAKUさんは花粉症ですか?
 ではではまたメールします』。
 というメールを☆みきさんから頂きました、いつもありがとう。即答from GAKU-MC。

『あたりです。
 クラウンに乗るお父さんがシートのビニールをはずさないのも、西澤選手がエリをたてているのも、B-BOY達がベースボールキャップに着いたシールをはがさないのも基本的には一緒です。 いいところに気が付きましたね。 これこそ男の美学。 こだわり。 周りの人が見たら意味不明。 がしかし、それでいいんです。暖かく見守ってあげましょう。
 ちなみに僕は花粉症。 去年まで。 なんと海に通っていたら治りました。 まじで。 いや、多分。 毎度毎度、洗濯物のように波に巻かれて鼻水を垂らしながら波乗りをしているうちに気が付けば花粉の猛威に不感症。 いつのまにか自然に鼻洗浄を塩水でしていたからではないか?!と思います。 実際にそれで治った人もいるらしい。波乗りってなんて素敵なんでしょう。花粉症の皆さん、自然に帰って遊ぶべし。』


 花粉症ってツラいらしいですね…。私は幸いにも症状がありません。北海道だとスギ花粉よりシラカバ花粉にやられる人の話を聞きます。 海か…北海道の皆さんにはちょっと辛い治療法ですね。寒いもん。 海関係の皆さん(どんな皆さんじゃ)、あなたはどうですか〜?

今週のオオタは寛大です

 ワガママぶっこいて休暇を頂きました。ナラデワの更新スケジュールにも影響を及ぼしたのいうのに、皆様から温かいお言葉を頂き、感謝感激ですよ、ありがとう。 休暇をとって行ってきたのは、↓
 見えますか?スタジアムの『FC BARCELONA』の文字。 そう、リーガ・エスパニョーラのお国、スペインはバルセロナ。 地元チーム、バルセロナの試合をホーム、カンプ・ノウで生観戦して参りました。 そんなわけで、日本代表戦をまんまと観戦しちゃったGAKUさんにも寛大です。
 試合の結果は日本でも放送されたと思いますが、なんとバルサ負けてしまったんですね、これが。 よりによって私が行った試合で負けるのかと…。
 でもでもね。スタジアムの雰囲気は素晴らしかった。 試合時間は現地時間日曜の21時キックオフです。 日本では考えられない時間に開始です。 でも約10万人をのみ込む巨大スタジアムには人がギッシリです。 試合前は見えた『FC BARCELONA』の文字もほらこの通り。
 まったく見えません。 試合の2日前にバルセロナ入りした私たちが買えた席はバックスタンドの3階席でしたが、全く問題なし。 バルサの選手に送られる地鳴りのような声援。 対戦相手、アトレティコ・マドリーの選手に容赦なく浴びせられるブーイング。 4階席から降ってくる紙吹雪。 そしてなにより、生で目にする世界屈指の名プレーヤーたちの美技…うっとり。
 サッカーに疎い方でもロナウジーニョはご存じでしょう。 彼がボールを持つと、スタジアムが期待します。 そして彼は期待に応えます。 2人、3人と相手の選手に囲まれてもボールを取られません。 倒れる時はファールで倒された時だけです。 うっとり。
 そんな彼ですが、PK外しましたね(苦笑)。 でもね、外した直後にわき起こった「バルサ」コール。 感動ものでした。 あからさまに落ち込んだロナウジーニョもかわいいもんです。
 ってな感じで、スペイン旅行を楽しんでまいりました。 バルサのオフィシャルショップで買い込んできたきたグッズ。 皆さんにも少しですがお土産を。(1)マフラー(2)マウスパッド(3)ポストカード3枚セット(4)ボールペン2本をどうぞ。 ナラデワ宛のメールの中で、「バルサグッズ希望」と書いて、希望の商品を教えてください。 応募多数の場合は抽選とさせて頂きます。 締め切りは2月23日(水)。当選者の方のお名前は2月25日(金)のナラデワで発表致します。
 滞在5日間でサッカー、世界遺産、カテドラル、美術館、フラメンコ、食事に買い物と密度濃い時間を過ごしました。 今度はもっとゆっくりのんびりと訪れたい国です。特に今度は南部の方へ。 その為にはもっとスペイン語を勉強しなくちゃなぁと痛感しましたけど(苦笑)。 あ、サグラダ・ファミリアはあと100年たっても完成しないと思いました。

 ナラデワへでは、ご意見、ご感想、GAKU-MCへの質問はもちろんのこと、僕・私の大好きなフットボールチームや選手の話、旅行の失敗談やお薦め話し、など、自由なメールをお待ちしております。 皆様から頂いたメールはすべてGAKU-MC本人の元にお届けしています。
 ナラデワ宛のメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)まで。 お待ちしております。

 すっかりお馴染み、GAKU-MC北海道地区担当マネージャーとも言われる影の支配者(?)、その名は珍獣(女子)。 辛口トークは北海道の音楽業界では有名だとか…。

 ワーッツアーップ!珍獣なのだ。
 始まりましたねー「さっぽろ雪まつり」。 どこもかしこも人だらけ。 お決まりの交通規制で車が通れない場所が多すぎ!と、例年のぼやきはここまで。 アーティストたちに「珍獣は雪まつりの話になるとリアクションが薄い」と言われること早何年。 もういいだろ。
 いやいや、皆さん。 当然のことながら応援しましたワールドカップアジア最終予選、日本VS北朝鮮。 専門的な事柄や見方は我らがGAKUさんにおまかせです。 珍獣は一小市民として感想を述べさせてもらうと…
 まずは日本勝利。 これ最高。 嬉しかったな。 しかもロスタイムでのあの劇的なゴール。 でも点こそ取らなかったけど、珍獣が愛して止まない高原選手の動きはこのゴールを生んだ一つの要因と思う。 そしてもちろん太田女子が愛して止まない中村選手もね。 明らかに彼が入ってチームに落ち着きが出たもの。 いい仕事しているわ。
 そして、もちろん勝利があって言えることかも知れませんが、北朝鮮の選手も皆素晴らしかった。 マスコミ、我らの思惑というか、ある意味政治的な過剰なあおりにも全く振り回されることもなく、ただ目の前の試合を全力で戦うのみという強い意志が伝わった。
 あと、会場に足を運んでいる互いのサポーターも素晴らしかったと思う。ある意味プロだね。 「ただ目の前の日本戦を全力で応援する、それだけのこと」って感じがした。 案外政治的なことや、何かあったらどうしよう、の「何か」を考え過ぎているのは、わしみたいなテレビの前で観戦するファンなのかもね。
 ただ、だからこそホントに悲しいと思ったことがひとつだけ。 まあ勝っていれば違ったかもしれませんが、「アウエー」でこんな素晴らしい試合を「国」を背負って、必死に戦った選手の姿を自国の国の放送で見せない、聞かせない、試合があることさえも報じないという北朝鮮を「悲しい」とだけ言わせてもらう。 珍獣は涙が出ました。マジで!
 全力で戦った両国の選手たちに最大の感謝と最大の尊敬を!本日以上、peace。

 コラムのバックナンバー、オフィシャルサイトなどへのリンクはこちらからどうぞ。
2000年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2001年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2002年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2003年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2004年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2005年
| 1月 | 2月 |


◎GAKU-MC オフィシャルサイト
 http://www.gaku-mc.net/

◎EAST END オフィシャルサイト
 http://www.eastend-web.net/

◎ユニバーサルミュージック内 EAST ENDオフィシャルサイト
 http://www.universal-music.co.jp/eastend/index.html

◎2000年5月30日 札幌ライブ(ペニーレーン24)
◎2000年8月25日 “MOVE THE CROWD”大作戦(CLUB MIRROR)
◎うかれまくりのオーストラリア旅行の写真
◎2002年2月24日 アミューズスクエア1日店長の巻
◎2002年9月29日 お疲れさまGAKU-MC 2002年9月29日の模様

mail
北朝鮮戦は私が新千歳空港に落ち立つ頃に終了。
勝利を知ったのは25kgもの重さのスーツケースを自室に引き上げた後。
あんな劇的な勝利だとは知りませんでした。
ところで、決勝点を決めた大黒選手はコンサドーレ札幌に在籍していたことがありますが
それはみなさんご存じでした?

このサイト担当・太田へのメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)へどうぞ

GAKU-MC『ナラデワ』 mail
メールお待ちしております!