photo ナラデワ
GAKU-MC
GAKU-MC Web SITE for Hokkaido[NARADEWA]

 GAKU-MCがお送りするステキングなコラム。毎週金曜日午後3時頃更新です。

『2006年に向けて』(2005年12月30日更新)

 自分としては、よい一年だった、と思う。 2005年という年、あくまでも自分としては、だ。

 「新しいことをとにかくやる、中途半端でも良いからなんかやる」

 こういう目標を立てました。仕事も遊びも。ということで始めたのはサーフィン。 こいつはまじで腕がきつい。 1時間もパドルをしたら腕がパンパンに張って運転なんかできやしない。 去年の11月あたりに始めました。そうです、冬っす。
 「リアルな奴らは冬にのる」
 そんなありがたいお言葉をその道のレジェンドの方から頂いたガクエム氏。 無理矢理空けたちょいとの時間をフル活用。 ちいとはその魅力について語れるくらいになりました。 そして一年。 経験を重ねてわかることってあるんです。 未だ初心者の域を出ない僕ですが、成長を体感するともう嬉しくてたまりません。
 「リアルな奴らは冬にのる」
 その言葉の意味も少し分かってきた気がします。

 音楽面での新境地。 一昨年始めたDJプレイ。 ついにイベントとして定例化。 ちょいとワルで粋な大人の為の宴。名付けて、
 「ダーティ30'S パーティmid knights」
 お世話になってます三宿Web。 いやはや楽しかった。 山崎君、ミスチル、奥田民生さん、氣志團、そしてレニークラビッツにLLCOOLJ。 ははは。 なんのつながりもありゃしない。 皆さんの笑顔に助けられましたね、感謝。
 今年はついに老舗のイベント、申し訳ナイトにも参戦。 スキル高きDJの皆さんに混じって四苦八苦。 でも楽しいね。

 六月には我が愛する日本代表が北朝鮮をやぶりワールドカップのチケットをゲット。 最初から出場を信じて疑わなかった僕ですが、この時ばっかりはやっぱりうれしかったっす。 ビールをグビグビ飲みました。 がんばれ日本代表。 絶対ドイツへ行ってやる
 そういえば。チャンピオンズリーグの決勝、凄かったなあ。3点をひっくりがえしたリバプール。 ありえねえ。

 BAY-FM、ライムトラベリング。 音楽を愛し、人を愛する我がスタッフ。 最高です。 感動しました。 来年ももっともっと盛り上げて、
 「こんな番組他にない、くうー」
 とリスナー達を奮わせていくとしようじゃありませんか?! がんばりましょう。 がんばります。

 フッティバル続いています。 雑誌の連載。 大好きなサッカーがらみのお仕事です。 選手、サポーター、チェアマン、監督。 サッカーに携わる様々な人々を僕なりの目線で切り取ってます。 人に話を聞く。 これって凄く楽しいんだぜ。
 「へーっ、なるほど。すごいっすね」
 何度こうやってうなずいてしまったことだろう。 人に歴史あり。役得ですよ、僕ってば。

 アルバム出ました。その名もThreee。 EASTEND単体では3枚目(まだ3枚かよ、笑)。 じっくりと三人で向き合った秀作(自分でいうのもなんですが)。 34の三銃士なんて言う曲を作っては見ましたがすでに僕は35。 ステージで唄えばその言葉は嘘になります。でもいいです。
 “永遠の34才”  そういうことにしておきます(微妙ですか?その数字)。

 フューチャリングも久しぶりに。 提供先はDJ TATSUTA。 アルバムはFGクルー総出演の豪華版。 現場たたき上げのスキルはやはりマチガイナイ。 DJ KOHNO にも声をかけてもらいました。 JOY RIDE は横浜ロゴスで続く老舗イベント。アルファWADA、ケツメイシRYO そしてナイス橋本と作った、“お客様が神様です”。 打ち合わせで行ったホストクラブ、おもしろかったね。 去年作詞したCHEMISTRY。 アルバムの方でラップも入れました。それにしても凄いアルバムでしたね。彼らの努力にまたまた脱帽。

 そして今年一番の思い出。
 櫻井和寿氏。 Mr.Childrenのライブツアーを何度も見に行かさせて頂きました。 日本代表のバンド活動を生で見て思うところ多々あり。 そしてその櫻井氏の別ユニットBank Band。 限定ライブで披露したのは僕のソロ楽曲、“昨日のNo,明日のYes”
 誰かに曲を提供したことはあるけれど、誰かが僕をカバーする、そんな経験は皆無でした。 しかもそれが櫻井氏。 感無量。 このライブ後、僕がダッシュで帰宅して作詞を始めたのは言うまでもありません。
“素晴らしい経験は最高のモチベーションとなる”
 これ真理です。
 そのbank band が屋台骨となり、実現したイベントAP BAN FES 05。 静岡県のつま恋で行われたイベント。 その三日間はまさにシフク。 日本を代表するミュージシャン達が奏でる昨日のNo,明日のYes。 鍵盤は小林武史氏。 そしてデュエットしているお相手は櫻井氏。 これを感動と言わずして何をそう言うのでしょう。 会場に訪れた人たちの満足そうな笑顔を僕は忘れることができません。

 気付けばこのナラデワももうすぐ6周年。 珍獣サトーと冷静なコメントが人気のオーチャンこと太田さんに軽い感じでそそのかされ、いつのまにやら始まっていたこのページ。 僕は引き続き“金曜恐怖性”です (笑)。
 そう言えばトト、いつの間にかやらなくなっちゃいましたねえ。 結局大赤字。 まじめに働いて生活していこうとおもいます。 だから佐藤&オーチャンごめんね。 当たったらみんなで波乗り放題@ハワイなんて思っていたのに。オーシット。!!
 元ユニバーサル斉藤さん、元気ですか? スウィーツ中村氏。どうでしょう? お互い来年も突っ走るとしましょうよ。

 あっと言う間の1年が終わろうとしている。 今年の最後を締めくくるのは長寿イベント、FGナイトカウントダウン。 NUTSに引っ越した我々FGですが、最後の夜は久しぶりに渋谷FANILYに舞い戻り会場をロックするとしましょう。 もう飲むしかないね。 そしてそのまま三宿に流れてDJです。 名付けて紅白皿合戦。 こちらも間違いなく盛り上げます。Yes.

 2005年がもう終わる。 目を覆いたくなるような事件が今年も数多く発生し連日連夜ニュースをにぎわした。 これから先の未来は僕らにとって本当に優しいものになるのだろうか?
 それとも昔憧れたヒーローのような誰かが登場し、困惑する世代を閉ざされた闇の中から救ってくれるのだろうか? 何年かすぎたあと2005年という激動の一年を振り返った時に果たして僕らは笑うことができるのだろうか?  そんなことを考えながら寝静まった街のひっそりとした一室でパソコンに向かう僕がいる。

 今回のナラデワもまたまたサンプリング。 去年の“2005年に向けて”から加筆、変更でお送りしました。 ぜひそちらのバックナンバーとくらべてみてください。

 2005年最後のナラデワをお届けしました。 読み応えあったでしょ?

 わたくしごとですが、2005年は会社を去り、いろいろと考えらせられた1年となりました。 ナラデワの存続の危機(?)もありましたが、アドレスを変えて続けられたこと、皆さんが変わらずアクセスしてくださることに感謝します。 本当にどうもありがとう。 ここを見てくれるたくさんの方々、メールを送ってくださる方々、みなさん無しではこのナラデワは存在しません。

 GAKUさん、今年も1年間お疲れ様でした。 GAKUさんに「コラムなんて書いてみちゃったりしません?」と打診した日のことは、今でも覚えていますよ。 決してそそのかしたつもりはないんだけどなぁ(笑)。
 もうまる6年ですか...今やGAKUさんはじめ、珍獣も私も全員三十路!! 時の流れを感じます。 ここを見始めたのは高校生だったって人も、もしかしたらもう社会人でしょう? すごいなぁ。
 でも、まだまーだ続ける気満々ですから、どうぞよろしく。

 珍獣との付き合いはいよいよ10年を超えましたね。 出会った頃はお互い20歳代前半。 血気盛んで(笑)、泣いたり怒ったり笑ったりしながら、でもいつでも精一杯の力で仕事をしていた気がします。 これからもよろしくね。

 と、暮れ行く2005年。 今年は皆さんにとってどんな年でしたか? 来年はどんな年にしたい? ぜひ来年もナラデワにお付き合いください。 今年1年間、ありがとうございました。 来年もどうぞよろしくお願いします。

あ、2006年1発目の更新は1月1日! 恒例の年賀状をお届けいたしますので、どうぞお楽しみに。 コラムの新年号は1月6日(金)です。

 それでは、皆様、よいお年を...。

 年末年始も変わりなくメールは受け付けております。 ナラデワ宛のメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)へどうぞ。 頂いたメールはすべて、GAKU-MCのもとに届けております  


 年内には手に入れよう! EASTEND 最新アルバム『Threee』発売中!
6月22日に発売されたアルバム。まーだまーだ絶賛発売中〜!まだ聞いてないって人がいたら年内に手に入れようねー。 アルバム詳細はジェネオンエンタテインメントのサイト(http://www.geneon-ent.co.jp/にて。


 すっかりお馴染み、GAKU-MC北海道地区担当マネージャーとも言われる影の支配者(?)、その名は珍獣(女子)。 辛口トークは北海道の音楽業界では有名だとか…。

   ワーッツアーップ!珍獣なのだ。 今年も今週で終わりです。 先週の続き。八戸〜青森〜函館紀行であります(爆笑)。

 アンジェラ・アキの函館金森ホールでのライブの為、青森から函館へ移動、そして到着(なぜ青森からからは先週参照)。 雪景色の為やや不安。外でのツリー点灯式もある為、雪だけが心配。 アンジェラ一行函館駅よりホテルへチェックイン、すぐさま金森ホールへ。 函館の倉庫街の一角にある金森ホール。 情緒ある佇まいと内装に感動。 アンジェラ、到着するなりピアノを弾き出す。 しかもフルコンのグランドピアノ。 幻想的な雰囲気の中、アンジェラの「練習」という名の素晴らしいピアノの音色に皆聞き入る(笑)。

 途中青森からの移動車中ごはんを食べられなかったのを思い出し(笑)、函館といえばという事で「ハセガワストア」へ。 名物の「焼き鳥弁当」を買いに走る。 更にはお隣のこれまた函館と言えばの「ラッキーピエロ」のハンバーガー購入の為お店へGO。 しかしさすが人気店。 時間が結構かかるとの為、早々とあきらめる。 アンジェラは焼き鳥弁当「おいしい!」とご満悦。
 食事後、本格的なリハに突入。 本人の演奏はもちろんの事(リハとはいえ)照明の幻想的な雰囲気に感動! 何とその間に別のスタッフが「ラッキーピエロ」のハンバーガー買いに走っていました(笑)。 しかもリハ中食ってた(爆笑)。 食いしん坊のアンジェラチーム。

 開場直前の猛吹雪に一同びびる。 しかしその吹雪に関わらず、たくさんのお客さんが並んで下さった事に感謝! ライブ前のツリー点灯式には、何千人のお客さんが集結。 あの強風の中、何と花火が上がった!感動。 そしてアンジェラクリスマススペシャルライブin金森ホール。 満員のお客様の中、満点以上のライブ。 何度も聴いているはずの曲達にやや涙。 アンジェラから突然のアカペラでのクリスマスソング。最高のサプライズでした。 猛吹雪でしたが、素晴らしい函館のライブとなりました。 翌週のCX「めざましテレビ」の中で、この函館ライブの模様がオンエアされました。 チェックして下さった方いるかしら?

 ホテルも温泉付き!夜、朝と堪能させて頂きました。 何度もここで書いていますが、函館ってやっぱり絵になる町ですよね。 楽しかった! 翌日は札幌に移動し、アンジェラのライブだった訳ですが・・・。 ここからはまたもや長くなるのでここで終了。

 今年も皆様、珍獣のただの与太話にお付き合い頂きありがとうございました! GAKUさん、来年もよろしくたのんます。 太田女史、来年も優しくして下さい。 皆さん、来年も良いお年を! 珍獣は年末に大事な案件を抱え、辛いでごんす。 が、悩んでも仕方がない。 前進あるのみ。 来年もがんばりましょう。 本日以上。peace out。

 コラムのバックナンバー、オフィシャルサイトなどへのリンクはこちらからどうぞ。
2000年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2001年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2002年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2003年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2004年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2005年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |


◎GAKU-MC オフィシャルサイト
 http://www.gaku-mc.net/

◎EAST END オフィシャルサイト
 http://www.eastend-web.net/

◎ユニバーサルミュージック内 EAST ENDオフィシャルサイト
 http://www.universal-music.co.jp/eastend/index.html

◎2000年5月30日 札幌ライブ(ペニーレーン24)
◎2000年8月25日 “MOVE THE CROWD”大作戦(CLUB MIRROR)
◎うかれまくりのオーストラリア旅行の写真
◎2002年2月24日 アミューズスクエア1日店長の巻
◎2002年9月29日 お疲れさまGAKU-MC 2002年9月29日の模様

mail

年末年始の仕事がないって何年ぶりだろう...。
のんびりさせてもらいます。

このサイト担当・太田へのメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)へどうぞ

GAKU-MC『ナラデワ』 mail
メールお待ちしております!