photo ナラデワ
GAKU-MC
GAKU-MC Web SITE for Hokkaido[NARADEWA]

 GAKU-MCがお送りするステキングなコラム。毎週金曜日午後3時頃更新です。

『うおおおおおおおおおお』(2007年7月20日更新)


 帰ってきました。

 静岡県つま恋。 知っている人も多いと思うけれど、今年のap、2日間の中止。 残念。 僕のブログのほうにも書いたけれど、本当に残念でした。
 そういう意味では3日目は初日にして最終日。 気合いが入らない訳、ないです。 ライブのほうはかつてないくらいに盛り上がりました。 詳しくはapのサイトで鹿野さんが書いてくれているのでチェックして。

 ではその中止になった2日間、嵐の中で一体僕らは何をしていたのでしょう?
 リハをして、ご飯を食べて、大浴場へ行って‥‥‥。 本を読んで、ギターを弾いて、ビデオをみて‥‥‥。 お酒を少し飲んでみて、サッカーの試合をテレビで見て、また風呂に入って‥‥‥。

 普段だったら楽しいこの一連の作業。もりあがらなかったなあ(笑)。 やっぱり音楽を鳴らすという基本が出来ない、ということは一番辛かった。

 天候って人の生活を彩りもするし、悲しくもさせる。

 改めてそう思った。
 悪い時を知っているから、いい時をより素晴らしく感じられる。  何もフェス当日に台風が来なくたっていいじゃん。  何度もそう思ったけれど、きっと長い目でみたら、それはそれで意味があるんじゃないかなあ。  太陽さんよ、次は頼むぜ!

 東京へ帰って来て、スイッチを入れて、次へ向かうことにしました。  今回感じた気持ちや、学んだことを存分に注入し、次の曲を作ろうと思います。

 そしてライブ。
 唄えなかった2日分の魂を注入し、夏の最後をびしっとしめてやろうと思います。 こちらのリハーサルも始まっています。 新しいココロミがいくつもあるし、とにかく後ろばっかり振り返ってる場合じゃないんでね!
 ご来場お待ちしております。  絶対いいライブにします。  うおおおおおおおおおお。  渋谷でまってるぜ。

 個人的なお話ですが先週はちょっと体調を崩して病院のベッドの上からナラデワの更新作業をしつつ、そのままフェスの2日間中止もベッドの上で知ったわけですが・・・ナラデワ宛てにも無念の思いや、1日だけの開催に参加した方からの感想などが届いており、いろいろと思うところがありました。
 と、暗く振り返っても仕方がないもので、GAKU−MCのように前向きに、何事も前に進むパワーに変えつつ、進んでいこうじゃないかと思ったり。  それにしても、GAKU−MCってヒトは回りにプラスのパワーを与えるヒトだなぁと(笑)。 すごいよ、GAKUさん。うん(笑)。

 リベンジの(?)渋谷ライブ情報は下のインフォメーションをご覧下さいね。

 コラムやGAKU−MCへのご意見・ご感想、叱咤激励、ポップに即答してほしい質問・疑問、思いのたけはドンドンぶつけていこうぜっ! などのメールお待ちしております。
 ナラデワ宛のメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)へどうぞ。


【夏休みの終りにライブ】
GAKU-MC presents "FOOT MARK"
《共演》SOFFet・日之内エミ・Ryohei・ナイス橋本・and more!

2007年8月31日(金) Shibuya DUO
開場18:00 開演19:00
前売り\3.000- 当日\3.500- ※共に1ドリンク別 チケット発売中

詳細はこちら http://www.duomusicexchange.com/
GAKU−MCより『スペシャルライブバンドを従えてGAKU-MC, 2007年の夏をばしっとしめます。 これまで愛した音楽とこれから作り出す音楽で未来へ向けて新しい足跡を!! ココロザシを共にする共演者はいづれも才能あふれる音楽家達。 一夜かぎりの特別なセッションとなるでしょう。 もちろん自分の曲もやりますよ。 ご来場ココロよりお待ちしております。』

【GAKU−MCが出演した舞台情報】
 コチラの公演に出演しておりました(過去形)。
 NEW! ↑その舞台がDVDに!
■発売日:2007年5月31日
■価格:6800円(税込)※送料別
■お問い合わせ サードステージ
 TEL:03-5772-7474(月曜〜金曜 12:00〜18:00)
※『僕たちの好きだった革命』東京公演(2007年3月7日収録)の映像
※特典 副音声として中村雅俊・片瀬那奈・塩谷瞬・鴻上尚史によるコメンタリーつき
詳細はコチラから。

 すっかりお馴染み、GAKU-MC北海道地区担当マネージャーとも言われる影の支配者(?)、その名は珍獣(女子)。 辛口トークは北海道の音楽業界では有名だとか…。

 ワーッツアーップ!珍獣なのだ。
 今週も先週に引き続きアーティスト来札週。 先日は唯一わしのペースを乱す(いい意味で)、奄美大島出身アーティスト中孝介くん。 今回1stフルアルバム「ユライ花」をリリース。 本当に素晴らしいアルバムですが、皆々様にもかなり高く評価して頂きオリコン初登場7位という快挙を成し遂げました。 男性ソロボーカリストの1stアルバムが、オリコンTOP10に入るのは、森山直太郎さん以来実に3年ぶりだそう。 しかも中くんは、その森山直太郎さんに書いて頂いた楽曲「花」が一つきっかけで、今回のアルバムの素晴らしい結果がという。 本人いわく「出会い・そしてめぐり合わせです」。
 わしはこのエピソードを聞いて、「いやー、しかし怨念だねー」と堂々と日本語間違えました(苦笑)。 マネージャーに「珍獣、それを言うなら因縁ですけど、それも違うような」がっくし。 32歳・女子・一応社会人。いかん・・・。
 でも今回本人が言った言葉。 「ここからです」  よー言った! 珍獣安心。感動。 柱がぶれない人は、まわりがいくら変化しようとも、状況がめまぐるしく変わろうとも関係ない。
 ほんと「何かー?」って感じ。 前へ前へと進んで、初めて現状を保てる。 守ろうと思った瞬間から、後退は始まる。 そんな決意を感じた、中くんの素晴らしい言葉でした。 がつんと珍獣の心に落ちた!響いた! GAKUさんもそうですが、表現者はやはり見ているもの、目指しているものが高いねー。 いつも勉強になります。 今回もありがとう。 本日以上。peace out。

 コラムのバックナンバー、オフィシャルサイトなどへのリンクはこちらからどうぞ。
2000年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2001年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2002年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2003年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2004年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2005年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2006年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2007年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 |


◎GAKU-MC オフィシャルサイト
 http://www.gaku-mc.net/

◎EAST END オフィシャルサイト
 http://www.eastend-web.net/

◎ユニバーサルミュージック内 EAST ENDオフィシャルサイト
 http://www.universal-music.co.jp/eastend/index.html

◎2000年5月30日 札幌ライブ(ペニーレーン24)
◎2000年8月25日 “MOVE THE CROWD”大作戦(CLUB MIRROR)
◎うかれまくりのオーストラリア旅行の写真
◎2002年2月24日 アミューズスクエア1日店長の巻
◎2002年9月29日 お疲れさまGAKU-MC 2002年9月29日の模様

mail


クラスメートであるIさんのご冥福をお祈りします。
Iさんの分も絶対に頑張ります。

このサイト担当・太田へのメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)へどうぞ

GAKU-MC『ナラデワ』 mail
メールお待ちしております!