photo ナラデワ
GAKU-MC
GAKU-MC Web SITE for Hokkaido[NARADEWA]

 GAKU-MCがお送りするステキングなコラム。毎週金曜日午後3時頃更新です。

『富士山登頂』(2008年9月19日更新)

 そういえば、このナラデワで書いてませんでした。  富士山登頂のこと。

 今年の夏の始まり。 梅雨の終わりの七月一日。 僕は遂に富士山に登ったのです。

 もともとは興味があったんです。 富士山。 前住んでいた家の窓からは天気が良いと、必ず富士山が見えて、それが良くって契約したくらいだから。 天気によって、時間によって、その顔を変える富士山。 朝見る富士山。 夜見る富士山。 夏に見る富士山。 冬にみる富士山。 僕の住む街から見る富士山は本当にいろんな顔をみせてくれて、想像を掻き立ててくれている。

 登ったら一体どんな顔をみせてくれるんだろう。

 お世話になっているMusic on! TV!  良質の音楽を僕らに届けてくれるミュージックチャンネルです。 10周年を記念してミュージシャン達と共に富士山制覇はどうでしょう、そう声をかけて頂きました。

 昔から好きだった人に会う事ができる。

 急にそんな気持ちになりました。どうしよう? ダイエットしなきゃ! もう気分は恋する少女。 足が遠のき始めていたジムに予約をびしっと入れました。 富士山登山はもちろん体力勝負。太ももふくらはぎ腹筋背筋高背筋。 富士山登頂を決心したのは登頂予定日から数えて約三週間前。 とにかく出来る事はやっておこう。 そう考えて筋肉をいじめ抜きました。今考えるとこれ、やっておいて正解。

 何着ていこう。 これもやっぱり恋する少女。 アウトドアショップへ足繁く通いウエアーのチェック。 汗を通し、雨を防ぐ科学下着や、粋なバックパック。 ゴアテックス素材の最新式ブーツ等。 いろいろあるんですね、なるほど。 はー、へー、ほー。店員さんのアドバイスをいちいちメモとってみたりして、とにかくこの準備期間が僕は嫌いではないのです。

 はやくあの人に逢いたいなー。

 登頂前の最後の追い込みは仮想登山。 実際に履く予定のブーツに足を通し、ウオーキング。 渋谷のデパートの階段を上下往復。 適当な負荷をかけるため、当時生まれて三ヶ月になるウチの娘を抱きしめながら、ふうふう言って歩きました。 大汗かいてね。

 当日。残念ながら雨。というより暴風雨。ははは。いいじゃない、やってやりましょうよ。 科学下着にそでを通し、最新式のレインコートを着て、ブーツを履きました。 気合いを入れてトイレをすまして、登山口に立ちました。 ミュージシャンとスタッフとガイドさんの総勢約80名の楽しい登山パーティー。どんな出来事が起こるのかな?

 書いていていろいろ思い出してきました。あの日のビデオをもう 一度見ておこう。  ということで続きは来週。イエーイ。



先週はお休みをいただきました。 突然のことで驚かれました? ごめんなさい・・・。 ちょっと不測の事態も発生しまして・・・(汗)。

 しかし、しかーし、1週間休んでリフレッシュ。 またどうぞ末永くおつきあいくださいませ。

 さてさてGAKUさんったらとうとう富士山・・・すげぇ。 次週のコラムをどうぞおたのしみに!

 コラムやGAKU−MCへのご意見・ご感想、叱咤激励、ポップに即答してほしい質問・疑問、などのメールお待ちしております。
 ナラデワ宛のメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)へどうぞ。



【新ラジオ番組スタート!】

「ap bank radioTHE LAST WAVE」
毎週土曜日22:00〜22:55
TOKYO-FMをキーステーションに全国38局ネットネットでON AIR!
※北海道はAIR-G'にて。 全国のネット局はコチラでご確認ください。

 小林 武史率いる環境融資機関「ap bank」 が送る、環境問題への新たなアプローチ!
 LAST WAVEは”最後と最新”を意味する。 GAKU-MCと東野翠れんが地球最後に届けたい音楽とメッセージを全国に向けて発信!


【Bank Band DVD&CD同時発売!】
Bank Band with Great Artists 「ap bank fes ’07」
発売日:2008/1/16(Wed)
価格:¥6,800 (税込) TFBQ-18081
内容:DVD 3枚組+ブックレット写真集(平間至氏撮影)付き / デジパック仕様
収録予定時間:約360分
DVD詳細は→コチラ

Bank Band「沿志奏逢2」
発売日:2008/1/16(Wed)
価格:¥3,059 (税込) TFCC-86247 
Concepted&all Songs Selected by Kazutoshi Sakurai
Produced by Takeshi Kobayashi
All Songs Arranged by Bank Band
Performed by Bank Band
CD詳細は→コチラ


 すっかりお馴染み、GAKU-MC北海道地区担当マネージャーとも言われる影の支配者(?)、その名は珍獣(女子)。 辛口トークは北海道の音楽業界では有名だとか…。

珍獣コラムは一挙2週間分更新!

《9/12分》
 ワーッツアーップ!珍獣なのだ。 先日、目の中に入れても痛くない6才の姪が、家に泊まりに来ました。 隣で一緒に寝ました。 ほんで、「おやすみー」と電気を消した瞬間。 「あしたさー、何するー?カラオケでも行っちゃう?」 ・・・カラオケでも「行っちゃう?」ですよー。 珍獣の親友が言ってる訳じゃないですよー。 6才の女の子(姪)が33歳の女(一応叔母)に向かって言った言葉ですよー。 びっくりして、ひっくり返るかと思いました。 いやー、姪ながら今の6才って。

 でも当然か。 周りの大人が、珍獣だったり、妹1だったり、とどめが母親は妹2ですからね。 そら、「行っちゃう?」言うね。妹1の言葉だ。 子供の脳はまるでスポンジのよう。 覚えた言葉は、そらスポンジですもん、ぜーんぶ耳に入って忘れない。 ただ、解釈は適当なので。 2才と8ヶ月の甥(姪の弟)は、男の子ですけど、お姉ちゃんの言い回し、そのまま言いますからね。

 何かをやっていいかと聞くでしょ。
甥「これ食べていいー?」
わし「いいよー」
甥「よかったー」←これ、姪がだめって言われそうな事を聞いて、いいと言われたあと。 喜んで「ほんと!?よかったー!」って言った「よかったー」だけをインプットしたらしい。 必ずものを聞いた後に「よかったー」と言うので、まるでありがたみ無し(笑)。 「あそー」ってな感じ。

 あと「〜してよー」例>「絵をかいてよー」「これあけてよー」「これやってよー」 言い回しは完璧女の子です。「よー」が甘えんぼっぷり、満載の「よー」です。 珍獣もこの「よー」が言えてたら、たぶんモテの人生だと思うくらいの「よー」。 一生かかっても珍獣は言えない「よー」です。 甥っ子よ、君は男の子だぞ?(笑) ま、ゴーオンジャーごっこの時は、「えんじんがーきたーー!!!」(って言ってるんだけど、なんだろ) 太い男の子の声になるんですけどね。 子供っておもしろい。 観察してて、ほんと飽きない。 珍獣の最大の癒しです。 助かるわー。 お笑い見るより、おもろい。 だってだって、真剣なんだもん。 だいたいが、受けさせようなんて思ってやってないしね。当たり前か。

 週末、出張続きの疲れを癒してもらう予定。 本日以上。peace out。

《9月19日分》  ワーッツアーップ!珍獣なのだ。 先週は東京で今年最も、最大規模であり、体力的にも頭脳的にも(?)パワーを要したイベントがありました。 「新人コンベンションライブ//レーベル創立30周年記念パーティー」。 そうです。手前味噌ではありますが、珍獣が所属する会社(レーベル)が創立30周年を迎えました。 ちなみに珍獣もきのう誕生34周年を迎えました(笑)。 そう考えると、珍獣が4才の時には、我がレーベルは創立されてた訳で。 ほんで、今縁あってその会社に務めている訳で。 ・・・感慨深いなー。

 今回は、珍獣がアテンドする媒体の方の数としては、最大の16名を札幌からお連れしました! ここまでくると、ホテルの手配からエア便の手配からetc。 ツアーコンダクターの方って大変ですね(笑)。 全国各地からそして東京から最大の招待者です。 700名はいたのでは? スタッフ入れるともっと増えますけど。 ちょっとした人酔いです(笑)。

 内容は、新人コンベンションライブとレーベルの創立を祝うパーティーです。 これからレーベルを担っていくだろう新人アーティストのお披露目ライブ。 7アーティストが出演。 全国各地から音楽業界のキーマン達が見守る中でのライブ。 そら緊張する。もちろん。 でも、その中でどれだけの力を発揮できるか。 新人であろうと、もう既に真価が問われている訳です。 通常のコール&レスポンスの全くない、それこそ「凝視」に近い形でのライブ。 でもプロになるという事は、いかなる状況でのライブでも力を発揮できてこそ。

 パーティーは、とにかく媒体の元へお食事とお飲み物を運ぶ、運ぶ! ワインを100杯以上ついだ気がする・・・。でも何で?(笑) パーティーが終了し、媒体の皆様をお送りして、撤収して、楽屋で乾杯して。 更に打ち上げしました。 かんぱーい!ってところまでは、皆ほんと元気だったのに。 そのおいしいお酒を飲んだ瞬間。 全員黙ってました(笑)。 しゃべりたくないくらい疲れるって、ほんと久しぶり。 体も頭もほんと疲れたけど、その疲れはなんつーか心地良かった。 レーベルの名を汚す事なく、先輩達の功績を引き継いでいきたいと思う。 本日以上。peace out。

 コラムのバックナンバー、オフィシャルサイトなどへのリンクはこちらからどうぞ。
2000年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2001年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2002年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2003年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2004年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2005年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2006年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2007年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

2008年
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 |  6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 |


◎GAKU-MC オフィシャルサイト
 http://www.gaku-mc.net/

◎EAST END オフィシャルサイト
 http://www.eastend-web.net/

◎ユニバーサルミュージック内 EAST ENDオフィシャルサイト
 http://www.universal-music.co.jp/eastend/index.html

◎2000年5月30日 札幌ライブ(ペニーレーン24)
◎2000年8月25日 “MOVE THE CROWD”大作戦(CLUB MIRROR)
◎うかれまくりのオーストラリア旅行の写真
◎2002年2月24日 アミューズスクエア1日店長の巻
◎2002年9月29日 お疲れさまGAKU-MC 2002年9月29日の模様

mail

すっかり秋だね。

このサイト担当・太田へのメールはコチラ(naradewa@gaku-mc.net)へどうぞ

GAKU-MC『ナラデワ』 mail
メールお待ちしております!