word music TOUR 2000
 目出たくword music TOURも6月8日の東京ON AIR WESTをもって終了! というわけで、晴れて(?)5月30日の札幌ライブの模様をお伝えできるってものです。 珍獣&Kミナト撮影の写真はどうぞそのままお楽しみ下さい〜。 PL24
リハ
リハーサル風景
お花届きました
花 from
A☆MUSE SQUARE
物販その1
物販その1
限定盤アナログ
物販その2
物販その2
Tシャツ
開場直前
開場を待つみんなだ
 お天気にも恵まれた30日の札幌。
待ちに待ったGAKU-MCのワンマンライブに、そりゃぁ期待しまくって皆さん集まったのでしょうね〜。
 開場を前に物販の準備はOK。SME期待のニューカマー“Kミナト”が頑張って売っておりましたわ。 開演前はあんまり売れていなかったみたいだけどね…。
 そうそう、GAKU-MCを強烈にバックアップしてくれている札幌市内のレコード店、A☆MUSE SQUAREからお花が届いていました。
5/30 Penny Lane24
SET LIST

1.クロスワード
2.The Deep Inner Groove
3.Can I Kick It?
[- MC -]
4.インパクト
5.僕は僕でだれかじゃない
-Part of me- I am ME
6.なんとなくながら
[- MC -]
7.ここにいない君へ
8.Just A Little Bit
9.見えない雨
10.スピリチュアルバックパカーズ
[- MC -]
11.25℃に保たれた街(新曲)
12.悲劇のヒーロー
13.ハタラコウ
14.僕は僕でだれかじゃない
-Part for you-It's Gonna Be Alright
【EN】
EN1.Rush Hour
EN2.クロール
【皆さんからのメールをご紹介】
一部抜粋してます、GAKUには全文届けていますからね〜。

★ライブ行って来たよーーーーーーーーっ!! 踊って歌って、笑って、ちょっと泣いて、 飛んで跳ねて叫んで。そしてまた歌って。 楽しかった。全身で音を感じて、ステージから発せられるパワーを これでもかーーーーと言うくらい浴びて来ました。 他に言う言葉が思いつかないくらい、楽しかったよーーー。 ステージ上、GAKUさんもバンドのメンバーもとても楽しそうでした。 そういう姿が見れる事が嬉しかったりします。 だからライブって良い。 だからライブってやめられない。(でかゆみさん)

★ライブよかった!良かったなんてもんじゃなくヨカッタ!! コーラス、しっかりしてきたつもりだけど、どうだったかしら? 私の友人は、GAKUさんのお説教(?)が大好きで、「GAKUに怒られた〜い!」とよく言っています。キレのいいお説教もまたヨロシクお願いします。 (Minekoさん)

★楽しかった。サイコウに!! このライヴに「参加」できて、ほんとにほんとに良かった!!! ヤバイよ、GAKUさん。 やみつきになっちゃったじゃない。 また、早くGAKUさんのライヴに行きたくなっちゃってるもん。 (まみ姉さん)
★今日は5/31☆昨日は首を長〜くして待っていたGAKUのライブ☆★ すんごかったですね!!!いや、ホントに!! 感動と興奮、その両方を1つのライブの中でこんなにも完璧に私たちに与えてくれるのはもうGAKUさん、あなたしかいないっすね!! 「やりたいことやれ」って言ってくれて、なんだか自分の道歩んでいける気がしてきました。 ってかGAKUにあんなこと言われたらもうやるっきゃないですね!! 本当にありがとう。あたし本当にGAKUに出会えてよかった。 もし、あたしがこの先壁にぶち当ってしまう時が来たら、星を見ながらGAKUを思い出すよ。(purin-tさん)

★すっごく楽しかったです。GAKUにメロメロでございます。 ライブでやりたいことはナニ?って聞かれたら言わなくっちゃもったいないっていってましたよね。すごくその時自分がやりたいコトが無い事に恥ずかしくなりました。だからやりたいことを考えてみました。今度からは流れ星に『GAKUとバンドやりたい♪』ってお願いすることにしました♪ よろしくおねがいします!?(YUKIさん)

★マジでライブ最高でした。 MCとかで感動することも納得できることもあって曲だけじゃなくて人としても、今ま で以上にファンになりました。 付き合いできていた友達も終わった途端に「マジ,かっこいーね。」「GAKUアイテム そろえる」って言ってました。 (帰りの車の中では二人で熱唱して、その後はもちろんビール飲んでた。) これからもいっぱいライブやってほしいです。イベントとかでもいいから、すぐにで もまた近くで聞きたいです。 あと、新しい曲もすっごいよかったです。(マキさん)

★いやー盛り上がった、盛り上がった。 僕たちは、やや後ろめで、うむうむと言いながら(?)、見てました。 前に行ってもみくちゃになって手ー振ればよかったなー。まさに一体となっていた感じです。 ほろりあり(ポロリじゃないよ)、彼女の一番好きな曲”ラッシュアワーに〜”もあり、楽しかったよー。 GAKUさん、もっと踊るってのはどう? バリバリと踊るところも見たいなぁ。(TAKAさん)

 札幌ライブだけではなく全国各地でライブを楽しんだ皆さんからのメールが届いています。 ここでは全部を紹介できなくてゴメンナサイ。 本当にたくさんのメールありがとうございます。これからもドシドシ送ってね!

↓ライブを終えて…
ライブ終了後のみんな1 ライブ終了後のみんな2 ライブ終了後のみんな3 ライブ終了後のみんな4 ライブ終了後のみんな5
見て下さいよ、みなさんの表情を! ライブを堪能した!って感じでしょ。
この後ビール飲んだらうまそうだ。

そうだ、Kミナトが頑張っていた物販!
Tシャツが売り切れたらしい。素晴らしい!さすがKミナト(違うか…)。

GAKUと珍獣 ←ライブ直後の楽屋で、関係者の皆さんを軽く乾杯。 あいさつをするGAKU-MCアーンド珍獣だ。
ここだけの話しだけど、珍獣泣いてたなァ、ふふ。 普段は威勢のいいヤツなのですが、感激屋さんで涙もろい一面もある、おちゃめなやつ。 GAKU-MCがステージ上で言った「今、札幌での僕があるのはひとりのプロモーター・珍獣のおかげだ」って言葉にグッときた模様。 っ〜か号泣。 ということで(どういうこと?)で2ショット写真。
アンケートチェック
打ち上げの場にて本日のアンケートチェック→。
かなり真剣にチェック。 みなさんが書いてくれた一言一言は、こうやってアーティスト本人に伝わって、今後の活動に影響を与えるわけですよ。 アンケート書きましょうね。
それにしてもGAKU-MC、食事もお酒のそっちのけで、本当に真剣にアンケートに目を通しておりました。

そして夜はふけてゆく…、打上げはマダマダ続く…。
 
電話中  馴染みのお店に場所を移し、打上げ2次会に突入。

←文明の利器に踊らされていないですか?御大、ただいま電話中。なぜアフロかは気にしないのが懸命です。

 ライブにも来てくれたプロボーダーのかんすけ君→
ボードをもらってにやけるGAKU-MC。 かんすけ氏、サンクスです。

まだまだまだまだ
夜は続くのだ


素敵スマイルなのは、みなさんご存じ潮音姉さんとプチボス。

いつまでこの宴は続くのか。 この頃になると、もう珍獣は絶好調、誰も止められない。 しかし御大GAKU-MCはちょっと目の焦点が定まらなくなってきている。
しかし、まだ終わらないのだ…。
かんすけ氏と
潮音&プチボス 打上続行中
なんと申しましょうか。 GAKU-MC曰く「3.150円の参加費を払ってここにいる」皆様コーラス隊の楽しみっぷり。 み〜んな楽しそうに気持ちよさそうでしたね〜。
 見渡せば年齢、性別もまちまち(って性別は2種類か…)、格好もマチマチ。 GAKUのTシャツ着てる女の子もいれば、スーツ姿の男性も。 グッとビールをあおってるお姉さん(堂々としていたわ)もいれば、両手で紙コップをかかえてストローでジュースを飲む男の子(ちょっとタイプ)も。 GAKU-MCの発するモノって、ほんと幅広い人に届いているのねって、いつも送られてくるメールなんかで思っていたけど、この日改めて思いました。
 な〜んて、観察していたのはほんのつかの間。 私もライブを楽しまなくてはね。 ついつい個人的感情入ってしまって、「ここにいない君へ」ではウルッときちゃったりして。 でも「悲劇のヒーロー」では全員で左右にふるたくさんのつきだされた腕がなんとなくコミカルで笑っちゃたりして。
 GAKU-MCが問う。
 『ヤリタイコトハナンデスカ?』
 『ヤリタイコトヤッテマスカ?』
 ヤリタイコト? そりゃちょっとここでは書けないね。 でもちゃんと私、ヤリタイコトやってるよ。ふふふ。 GAKU-MC、あなたもヤリタイコトやって下さい。 みんなも、まわりに踊らされず、自分のペースで前に進もうね。
 GAKUとみんなからポジティブパワーをもらった5/30でした。 道新スポーツ/太田
メールを送る 戻る